関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

青春18切符旅本編はこちらで連載中♪

今回の東京18切符旅では、同じところばかりを利用せず、
なおかつ3000円以下で泊まれるところをできるだけって条件を
自分に課していた。
最初の東京宿泊地、「グリーンプラザ新宿」がかなりよかって、
半額券ももらい、思わず連泊したのだが、今日は池袋に移動です。
サウナ&薬湯「和楽の郷」です。

warakunosato0.jpg

ここは宿泊プラン(12時間滞在)で、入浴料+深夜料金で2940円という値段。
今回の俺の旅の条件と合致しています。

チェックイン時、ちょっとぶらぶら外出しようかと思って、
外出可かどうか聞いてみたが、不可とのこと。
まあ、風呂入って、大人しく寝ることにしよう。

ここは結構お風呂もよさげなのでチェックしていました。
まずは、「紅塩使用サウナ」・・・
このサウナの壁には三億八千万年前にエベレストが隆起した際に、
海が地下に閉じ込められ、海水の中の塩分が固まって岩のようになった
紅塩が使用されている。
遠赤外線・磁力線を発し、発汗作用が非常に高いのがが特徴だそうだ。

そして俺が気に入ったのはこっち。
「励明薬湯」(れいめいやくとう)である。
8種類の漢方薬がブレンドして入っているのだが、この漢方が非常に
濃い~のなんの!!
その匂いもすごく漢方に浸ってる感があるが、
肉体的にも染み渡るのが分かるくらいに濃い。
でそこからあがった後に、非常にあそこが痛くなり、
ん?俺、あそこに変な病気でも持っているのか?と心配したのだが、
壁の注意書きにこう書かれていました。
(大切なところが痛くなりますので、手で押さえて入浴してください)
なるほどね、一安心(^^)

さて、風呂からあがって、明日の予定をシミュレーションしながら
眠りにつこうと仮眠室にあがる。

なんかちょっとあがったとたんに嫌な予感はしたのだが・・・
warakunosato1.jpg

まあ何人か寝てるし、部屋の隅っこにでも陣取って寝ましょうと横になる。
・・・・・・・かゆい。
・・やっぱかゆい!
腕を見ると、蚊にかまれたような痕があちこちに。
うわーここ蚊だらけなんちゃうん?と思って電気つけて見ると・・・
布団にダニが!!!!!5,6匹動き回ってるのが見えるのだ。
そう、ダニの巣窟やったんですよ。
全身、20箇所ぐらい、わずか30分くらいでやられました。

場所が悪いのかと、かなり遠くの別の場所に移動しても一緒。
そこでも5箇所くらいやられた。

こんなところで寝れる訳ない。
出て行く為、フロントへ行って、兄ちゃんに文句言ったが、
中国人であまり言葉をわかってもらえず断念・・・
近所のネットカフェに緊急避難しました。

で、これがその噛まれた痕、帰ってきて一週間後もこんな状態です。
warakunosato2.jpg

これは一部で、こんな状態が全身5箇所くらいありました。
1ヶ月以上、痕もかゆみもとれなかったです。

ダニ恐るべし!そしてその巣窟「和楽の郷」恐るべしです!

入浴料金
大人(6:00~23:00) ¥2,100
小人(6:00~23:00) ¥1,050
深夜料金(23:00~6:00) ¥840(追加分)

宿泊プラン(12時間滞在)
入浴料+深夜料金 ¥2,940

住所:東京都豊島区西池袋1-2-10
電話:03-3982-4526
営業時間:24時間営業
休日:年中無休


カプセルホテルは楽天での申し込み割引がお得です!
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/32-62566343
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック