関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

平湯温泉は非常にええ泉質を持つ温泉が目白押しで、
前回行ったときにも、非常に納得して帰りました。
中でも500円で利用できる「ひらゆの森」は混雑さえ我慢すれば、
素晴らしい温泉施設ですね。
岐阜、平湯温泉「ひらゆの森」の記事はこちら!

ただ、その近くに寸志だけで入れる露天風呂があるのだ。
今回の無料を含めた共同湯めぐりにはこういう所は外せません。
平湯民俗館に立ち寄りました。

すぐに足湯施設がありました。
平湯の湯 平湯民俗館(岐阜奥飛騨温泉郷)

ここは無料で利用できるようですね。

そして入り口は完全に無人。
平湯の湯 平湯民俗館(岐阜奥飛騨温泉郷)

「志納」という箱にささやかながら使わせていただくお礼を込めて、
コインを投入させていただきます。

その温泉へ向かう道の途中には、こんな合掌造りが。

さすがに民族館と謳うだけあります。
あとお蕎麦屋さんも営業しているようだ。

こちらが露天温泉小屋。
平湯の湯 平湯民俗館(岐阜奥飛騨温泉郷)

男女別の小屋になっております。
中に入りましょう。

脱衣場を抜けると・・・
平湯の湯 平湯民俗館(岐阜奥飛騨温泉郷)

おーっ緑茶色に濁ったお湯が迎えてくれました。
この露天が一つだけです。
炭酸水素塩泉・ナトリウム-炭酸水素塩泉、塩化物泉(緩和性低張高温泉)。
源泉温度は75.2度。
なので、加水はされているのかな~とは思いますがすごい力強いお湯。
浸かってみても、ぎゅっと引き締まる熱いお湯ながら鉄分も感じられて、
以前に利用した他の平湯温泉の泉質とはまた違った感じで、面白い。

いや~寸志で開放している露天風呂としては立派の一言。
イマイチ、周りの景観はよろしくないところがあるけれども、
それを補う泉質の力を感じます。
奥飛騨温泉郷・・・素晴らしすぎます。

住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯温泉
電話:0578-9-3578
営業時間:9:00~17:00(季節により変動あり)
定休日:水曜日


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/309-86b42b31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック