関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

長野温泉旅・・・ええ温泉に入ろうと思えば、
山の中の方まで入らなきゃって思っていませんか。
しかし、長野市内から結構近いところに評判の良い温泉あるんですね。
そんな「加賀井温泉一陽館」を訪問です。

加賀井温泉一陽館(長野松代温泉)

昔は旅館だったらしいですが、今は日帰りのみの施設です。
ご主人に300円支払うと、「初めて?」って聞かれたので、「はい^^」。

この前で、これぞ噂に聞いていた、レクチャーが始まりました。
加賀井温泉一陽館(長野松代温泉)

しかし、この湧き出し方、すごいですね~
どれだけ豊富な湯量なんだろって思います。
ご主人の説明にも納得ものでした。

まずは内湯にて・・・
加賀井温泉一陽館(長野松代温泉)

この内湯は脱衣所も一体になったタイプです。
こういう共同湯タイプの風情のある建物は私は好きですが、
駄目な人にはダメかも・・・

まず、この濁り湯を見て、この湯のすごさがわかります。
加賀井温泉一陽館(長野松代温泉)

泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物温泉(高張性中性温泉)。
こっちに浸かってみると、その鉄の香りインパクトがええね~
泉温もぬるめで私好みであります。
ただ、ここの醍醐味は奥の混浴露天と聞いていたので、
内湯はそこそこに、露天へ向かおうと思いますが、
内湯へ一旦入ってきた扉を出ないといけません。
ちょうどレクチャーを受けているご婦人方を横目に見つつ、
裸のまま、タオルで前を隠して露天へ。
(ちょっと場所違えば、こんなんストリーキングやん・・・)

加賀井温泉一陽館(長野松代温泉)

奥の露天は完全に茶褐色の濁り湯。
こりゃ内湯以上にインパクトが強い。
鉄、塩、苦みとえぐみ要素たっぷりなので、これも駄目な人はダメでしょう。
バスタオル巻きで入れるので、女性も結構おられましたね。
それにこの泉質ならば浸かって、バスタオルとっても全然わかりません。
40度前後程度の体感温度なので、30分くらいこの質の高い泉質を堪能できました。

相当、好き嫌い分かれる施設でしょう。
ヌルメ好き、鉄の茶褐色系、質の高い泉質にこだわる方なら、激しくオススメします。
私は300円で楽しめる温泉として、非常に高い評価ですね。
今回、信州で入った温泉の中で最高でした。

住所:長野県長野市松代町東条55
電話:026-278-2016
営業時間:日帰り入浴8:00~20:00、日帰り休憩=8:00~16:00
定休日:無休
日帰り入浴:大人300円 小学生100円/日帰り休憩:750円


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/299-ebefc8f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック