関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

草津の共同湯の中でも、
ここは本当に完全に観光地からはかけ離れていますね。
ぶらぶら歩いていくと、どこなんやろ?って不安になるくらいに、
住宅地の中へどんどん入り込んでいきます。
で、ようやく見つけました「長栄の湯」です。

長栄の湯[旧町営の湯](群馬草津温泉共同湯)

旧名その名の通り、町営団地の真ん中にあるので、
ぱっと見た目は集会場のように見えます。
ただ、地図上はこのあたりのはずなので、
ホント、ここなんやろか?って疑いつつ奥へ・・・

長栄の湯[旧町営の湯](群馬草津温泉共同湯)

あ、入り口ありました。安心、安心(^^)
しかし、これほどまでに観光客を寄せ付けない雰囲気を持つ共同湯は、
草津一ではないでしょうか。

さらに奥に入りましょう。
長栄の湯[旧町営の湯](群馬草津温泉共同湯)

白いコンクリート造りの長方形浴槽。
草津の共同湯、どこにでもあるタイプですね。
ここの泉質は万代鉱、湯畑よりも私は好みの泉質です。
硫酸塩泉のぐっとくる重厚さがよく分かるお湯です。

まあ、いくつか共同湯めぐりをする中には、
徒歩で廻るにはちょっと離れたところにありますし、スルーかな。
周辺の地元の方用に造られたようなタイプですので、
もし訪問するならば、外様の精神で大切に使うべきですね。

住所:群馬県吾妻郡草津町東殿塚区
電話:草津町観光課(0279-88-0001)
営業時間:24時間
定休日:無休
入浴料:無料


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/296-7d2f7f78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック