関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

こちらも湯畑から近く、結構観光客が来やすい共同湯です。
なので、ちょうど夜中に訪問できるようにルート設定しました。
24時間やっているので、この点、混雑さけることができてありがたい。
「巽の湯」です。

巽の湯(群馬草津温泉)共同湯

こちらは国道に面しており、結構目立つ共同湯です。
見た目は比較的新しいですね。
また扉を開けて入ると、チャイムが鳴る仕組みになっていました。
その国道沿いという立地から、置き引きとか多かったのでしょうか。

泉質は湯畑からの引き湯で、酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・
塩化物温泉 硫化水素型(酸性低張性高温泉)で、源泉温度53.9度です。
このあたりは全て同じ泉質なので、ちょっと飽きがきてました。

湯船は木造りで10人程度はいけるでしょう。
巽の湯(群馬草津温泉)共同湯

結構、広々とした浴槽ですが、夜中1時にも関わらず客はひっきりなしでした。
さすがにGW真っ最中はこの時間でも人の出入りはあるようです。

このあたり湯畑から引き湯の共同湯がいくつかあります。
私は全て廻りましたが、どれも似た雰囲気を持っており、
全部は廻る必要はないでしょう、満足感がありません。
瑠璃の湯、千歳の湯、喜美の湯、白嶺の湯、
そして、ここ「巽の湯」から2湯くらいチョイスがええんじゃないでしょうか。

住所:群馬県吾妻郡草津町馬場区
電話:草津町観光課(0279-88-0001)
営業時間:24時間
定休日:無休
入浴料:無料


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/292-92cd43bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック