関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

てくてく歩いての夜遅く、草津共同湯めぐり・・・
ここの場所は非常にわかりにくかったです(^^;)
うろうろ探していて、迷ってしまい、路頭で呆然としていたのですが、
明らかにお風呂の用意を持った地元民らしき方がおられ、
お聞きしたら今から行くとのこと(^^)
ご一緒させていただきました。
「喜美の湯」です。

喜美の湯(群馬草津温泉)共同湯

道路沿いには、文京区区民館という建物があり、その裏手なんですよ。
道沿いやとばっかり思ってましたから、こりゃわからんです。

入ってみると非常に情緒のある浴場です。
喜美の湯(群馬草津温泉)共同湯

周りは静かですし、この縁が木造、そして暗めの照明が共同湯風情しますよね。

源泉投入口。
喜美の湯(群馬草津温泉)共同湯

酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉 硫化水素型(酸性低張性高温泉)。
こちらも千歳の湯と一緒で、湯畑から引かれています。
源泉温度は54度。

浸かってみると風情がやっぱりいい。
喜美の湯(群馬草津温泉)共同湯

泉質的には他の共同湯とさほど変わらないので、まあこんなもんかって感じですが、
ここの雰囲気は私の思っている共同湯風情と一致したので、なかなか満足。

ご一緒させていただいた、地元民さんとお話させていただきましたが、
草津の中でも、ここはあまり観光客は来ないので穴場なんだとか。
なので、ちょっと静かにゆっくり浸かりたいなあ~って方向きですね。

住所:群馬県吾妻郡草津町文京区
電話:草津町観光課(0279-88-0001)
営業時間:24時間
定休日:無休
入浴料:無料


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/287-57024636
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック