関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

あこがれの草津に到着♪
まずは大滝乃湯駐車場に停めて、ひとつだけ堪能し休憩しましょう。
その大滝乃湯から一番近い場所にありますね。
「煮川の湯」です。

煮川の湯(群馬)草津温泉共同湯

ここは半地下に降りるように階段がまずあります。
その扉を開けると・・・
まず、ここへ来てその混雑ぶりにびっくり!
GW初日の夕方4時くらいやったんですけど、脱衣場も、浴槽も人で溢れかえっています。
こりゃ、ゆっくり浸かれないなと思いつつ、まずは一湯目を体験と、
片隅で服を脱ぎ、中へ。

煮川の湯(群馬)草津温泉共同湯

内部も非常にコンパクト。
四角い湯船には4人も入ればいっぱいでしょう。

酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉(硫化水素型)(酸性低張性高温泉)です。
源泉温度49.9度で、この泉質が加水されることなく、源泉かけ流しで投入です。
浸かってみた感じは無色透明の硫黄泉。
私自身は熱いなと思ったがなんとか浸かれる温度だったので、43~44度程度でしょう。
ただ普段は45度前後の時が多いみたいです。
常連さんらしき方が、「今日の煮川はぬるいね~」って言っておられました。

こりゃパンチはあるなと思いつつも、私にはちょっとすっきりし過ぎかな。
それから、この狭さでこの混雑ぶりはうんざりですね。
まあ立地的に観光客が訪問しやすい位置なので仕方ないか。
次回、訪問するならば、夜中2時3時に訪問でその激熱ぶりを体験したいですね。

住所:群馬県吾妻郡草津町滝下区
電話:草津町観光課(0279-88-0001)
営業時間:24時間
定休日:無休
入浴料:無料


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/282-75f75a1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック