関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

憧れの野沢温泉に到着。
予定通り、共同浴場が開く朝5時前に着きました。
で、ここで一番最初に体験したかったのがここ!
野沢温泉のシンボルですよね、「大湯」です。

野沢温泉共同浴場 大湯(長野)

今回、ここでは宿泊しないで共同湯を満喫いたしますので、
この大湯で協力金を多めにまとめて入れておきました。

建物はやはり重厚感もあります。
野沢温泉共同浴場 大湯(長野)

さーて、中に入ってみる。
野沢温泉共同浴場 大湯(長野)

共同湯らしく、脱衣場と浴槽の一体型。
すべて木で作られており、綺麗な施設です。
朝5時一番に行きましたが、先客一人いました。
「おはようございます」と挨拶を済ませると、
かきまぜ棒で一生懸命、かき混ぜて水を埋めています。
めちゃめちゃ熱くて、入れないんだそうな。
私も手だけつけてみましたがダメ。
奥があつ湯、手前がぬる湯になっているのだが、ぬる湯でこれである。
ここで時間をかけるのもあれなので、「他廻って来ますね」と一時退散。

泉質表。
野沢温泉共同浴場 大湯(長野)

源泉温度が66度ですから、これこのまま投入では、
水で埋めないと入れないでしょう。

出直しで、朝10時くらいに再び訪問。
しかし、7,8人が湯船の周りで、手を出せない状態である。
おもいっきり水入れても、源泉がどばどば投入されているので、
冷めないんですよ。
今度は、かけ湯はできるぐらいには下がっていましたがそこまで。

湯には浸かっていないので、きちんとした判断はできませんが、
もし浸かっていても熱いの苦手な私には、ちょっと・・・でしょうか。
さすがに45度を超えるとダメですね。
硫黄の香りもフレッシュで期待していただけに、残念でした。
野沢でも代表的な共同湯ですが、熱いのダメな方は他を廻ることオススメします。

住所:長野県下高井郡野沢温泉村豊郷8734
電話:野沢温泉村役場商工観光課(0269-85-3114)
営業時間:5:00~23:00(11~3月は6:00~)
定休日:無休
入浴料金:無料+寸志


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/266-ff737e36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック