関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

温泉博士での無料入浴手形・・・
この号の分は結構大阪からは行きやすいところばかりでした。
ちょうど名古屋方面から帰るのに、寄りやすいですね。
ちゅうことで、青山リゾート 香楽の湯に立ち寄りました。

青山リゾート 香楽の湯(三重伊賀)

この道中、結構狭くて道が悪いです。
対向車でも来ようもんならヒヤヒヤ。
車の運転に自信のない方なら、行くのやめておいた方がええでしょう。
さーて、温泉博士見せて、中に入りましょう。
って思ったら、入湯税は払えと受付で言われる。
まあ、元々1200円もかかる施設やから仕方ないか。
(後日、また温泉博士に掲載されましたが、クレームあったんでしょう、
入湯税150円別途かかる旨記載ありました)

こちらが内湯。
青山リゾート 香楽の湯(三重伊賀)

まあさすがのリゾート施設。
脱衣場も非常にゆったりしてて綺麗し、この内湯もゆったり。
ただ、アルカリ単純泉の加温、循環、塩素ありなので、
内湯は相当な塩素臭が漂っておりました。

こちらが露天。
青山リゾート 香楽の湯(三重伊賀)

囲いはあるけれど、山の中の開放感はあります。
しかし、泉質は内湯同様にダメですね。

上がってからは・・・
青山リゾート 香楽の湯(三重伊賀)

施設の情景を眺めながらゆったりと。

もし、ここの施設を1200円そのままの値段で利用したら?
まあ、もっとお値打ち的な評価は下がるでしょう。
大阪市内ですと、同じ値段出したとするならば、
岩盤浴無制限でもっとええスーパー銭湯ごろごろあります。
まあ、メナードのええ洗顔やシャンプーが使えるのが救いかな。

住所:三重県伊賀市霧生2356
電話:0595-54-1326
営業時間:10:00~16:00
定休日:無休
入浴料:大人1200円、小人700円


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/263-e629b1a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック