関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

岡山、中部から北部にかけての山地は、
アルカリ泉質のええ温泉が連なっています。
津山へ用事で行ったときに、ついでにこの泉質を楽しもうと検索。
津山の市街地から、20分ちょっと山奥に入った所に一つ見つけました。
もえぎの里「あば温泉薬寿の湯」です。

もえぎの里 あば温泉薬寿の湯(岡山津山)

宿泊施設と食事施設も併設されています。

また、温泉の自動販売機もありました。
もえぎの里 あば温泉薬寿の湯(岡山津山)

山奥ということもあり、休日にも関わらず、客はあんまりいません。

さーて、中に入り・・・
もえぎの里 あば温泉薬寿の湯(岡山津山)

こちらが内湯です。
この大きさの施設並みで、こじんまりとしております。
入ってみると、湯温は熱め。
下から熱いお湯が沸き出してきていたので、循環でしょう。
アルカリ特有のヌルツルは少し感じられる程度です。

泉質表。
もえぎの里 あば温泉薬寿の湯(岡山津山)

こちらではアルカリ単純泉である以外は分かりません。

露天風呂。
もえぎの里 あば温泉薬寿の湯(岡山津山)

こちらは二つの浴槽に分かれています。
大きめの方は循環でしょう。
温度は内湯より若干ぬるめに感じますが、泉質的には一緒。
そして小さい浴槽は、結構冷たい・・・30度程度でしょう。
内湯に小さなサウナがあったので、ここで体を温めてから入湯。
このお湯は非常にいいですね~体にまとわりつくアルカリ泉とはまさにこれ。
ここだけ、源泉かけ流しなんだと思います。

あがってからもちょっとした休憩施設はあります。
もえぎの里 あば温泉薬寿の湯(岡山津山)

のんびりした温泉施設ですね~
市街地からは結構離れているので、休日でも利用者は少ないみたいです。
小さい方の冷たい露天浴槽は、泉質のよさを感じられましたが、
加温されている方はイマイチかな。
このあたりは結構、奥津、湯郷、湯原とええ泉質をもつ施設ありますので、
遠方からわざわざ訪問するならばこういう施設のほうがええと思います。
(私的評価が高い岡山の温泉)
真賀温泉館(岡山湯原温泉郷)
湯郷鷺温泉館 療養湯(岡山美作湯郷温泉)


住所:岡山県津山市阿波1200
電話:0868-46-7111
営業時間:11:00~21:00
定休日:水曜日
入浴料:大人500円小学生200円70才以上300円/2食付き宿泊11,300円


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/243-498dd1ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック