関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

奈良生駒に、スケールのでっかい露天温泉があるんだとか。
その日は、うだーっと、冷たい風を浴びながら、
開放感のある露天に浸かりたい気分であったので、
奈良へ車を走らせました、「音の花温泉」です。

音の花温泉(奈良県生駒)

営業時間と泉質。
音の花温泉(奈良県生駒)

ナトリウム-炭酸水素塩泉(45.3℃、溶存物質1031mg/kg)とのこと。
脱衣所にも泉質表ありましたが、加水なし、加温あり、循環、塩素消毒あり
のお湯なんだそうな。

入ると、まずは内湯が拡がります。
ごちゃごちゃと近年のスーパー銭湯のように、寝湯とかに分けられておらず、
大きなホテルの様な内湯とジャグジーのみ。
外の光りも存分に入る作りなので、明るい印象を受けます。
で反対側には、洗い場スペースがずらりと並ぶのだが、
ボディーソープ、シャンプーの類は一切置いていません。

外に出ると、噂の大露天温泉。
音の花温泉(奈良県生駒)

さすがの大きさですがこれ一つだけです。
景色はあまり望めませんが、開放感はありますね~
さて、泉質ですが、露天も内湯もほぼ変わりません。
紀伊半島によくありがちな、ぬるつるのお湯ですが、循環のため、
あまり力強さを感じないです。
あと、露天はさすがの大きさですから、熱いところ(循環の吹き出し口)、
ぬるいところと、温度差が結構ありました。

ここがええのはこちら。
音の花温泉(奈良県生駒)

レストランです。

メニュー。
音の花温泉(奈良県生駒)

そう、ここは海鮮居酒屋なのか?って思うくらい、
海鮮系のメニューが豊富なんですよ。

なので、魚も水槽に泳いでいます。
音の花温泉(奈良県生駒)

今回、車だったので、利用はしませんでしたが、
風呂入った後に、こういうのアテにして、ビール飲むの最高だろうな。
おっちゃん4人組がそういう使い方してました。

また隣には地場野菜、果物の直売もあります。
音の花温泉(奈良県生駒)

椎茸が美味しそうだったので、買って帰りました。

トータルの印象として、温泉としてのパワーは役不足か。
700円っていう値段と、泉質、附帯備品を考えると、
わざわざ車でここを目的に行くだけの価値はないと思います。
ただ、レストランが非常に魅力的であったので、
お風呂上がりに、1杯飲める、近所の方にはええ入浴施設やと思いますよ。

住所:奈良県生駒市小平尾町1008-12
電話:0743-76-3530
営業時間:9:00~23:00(最終受付22:00)
入浴料:大人700円
備考:ボディソープ・シャンプー(有料)、


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/240-eca9900c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック