関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

今回の旅は奈良、和歌山の山の中、国道168号線を縦断して、勝浦に抜ける旅。
2泊3日の予定である。
国道24号線から168号線へ入るとそこは山道・・・
国道と言うにはお粗末な、途中所々で対面で一車線になるという、
すごい国道である。
ホント対向車には気を使いました。

そんな中、お昼タイムの休憩ポイントとして選んだのが、
「道の駅十津川峡」である。
mitinoekitotukawa0.jpg

本来は、この近くの温泉にも浸かろうと思っていたのだが、
時間がなくて、あきらめざる得なかった。

そしたら、ここには足湯施設があるではないか。
mitinoekitotukawa1.jpg

湯泉地(とうせんじ)温泉の源泉掛け流しの足湯だそうな。
硫黄の香りが結構する単純硫黄泉である。

まあ、ここも温泉やんねと、まあ飯食って、ここに足を伸ばすことにする。
しかし、ここの食堂施設の手打ち蕎麦屋さんにはどうも食手が動かない。
では、適当にお寿司でも買おうかと、「サンマ寿司」(525円)と、
「めはり寿司」(1個100円)と「おからコロッケ」(100円)を
昼ごはんにと、これを食べながらの足湯タイム♪
昼ご飯を食べながら、温泉と時間短縮もできるしね。

さんま寿司(525円)・・・・
mitinoekitotukawa2.jpg

さんまって焼くのが一番美味しいけど、生のサンマも結構好きです。
秋が始まってすぐに出回ってるのなんておいしいですよね。
このさんま寿司の場合は、あまり脂ののっていないサンマを使って、
酢でしめているので、すごくさっぱりしてて食べやすい押し寿司です。

逆に俺はめはり寿司はあんまし好きではないです。
mitinoekitotukawa3.jpg

いなり寿司もあんまり好きじゃないからな~
コロッケは衣がへなへなで中身も美味しくないしで、
これはもう買いたくないわって出来でした・・・

山道カーブと対向車回避の為、アクセルとブレーキを多用した足には
丁度いい休憩になりました。
さあ今日の宿泊地まで、頑張って走るぞい♪

路線:国道168号沿い
住所:奈良県吉野郡十津川村小原225-1
電話:07466-3-0003
営業時間:9:00~17:00
休館日:年2回(2日程度)
※ トイレ・駐車場・公衆電話は24時間利用できます。
駐車台数:26台 [大型車3台/普通車23台]

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/22-8f44099a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック