関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集
勝浦に来て、今回是非とも利用したかった温泉がここなんですね。
その泉質も素晴らしいが、眺めも素晴らしい。
ただ船に乗っていくので、渡船料含め1500円という値段はバカ高い。
しかし、今回所有している「越の湯」に宿泊していたので、
渡船料のみの1000円ですみました。
「らくだの湯」へ向かいます。

混浴露天 らくだの湯(和歌山南紀勝浦温泉)

こういう漁船のような船で渡ります。
混浴露天 らくだの湯(和歌山南紀勝浦温泉)

時間的には5分ちょっとくらいでしょうか。
混浴露天 らくだの湯(和歌山南紀勝浦温泉)

天気もよくって最高に気持ちいい。

近づいてきました。
混浴露天 らくだの湯(和歌山南紀勝浦温泉)

こういう切り立った崖に脱衣小屋があります。
混浴露天 らくだの湯(和歌山南紀勝浦温泉)

ここは混浴ですが、水着の着用が義務づけられています。
持参していなくても、渡船業者が湯浴み着を無料レンタルしてくれますよ。

海の色が綺麗です。
混浴露天 らくだの湯(和歌山南紀勝浦温泉)

ご覧の開放感!
混浴露天 らくだの湯(和歌山南紀勝浦温泉)

天気がよくってホントよかったです。

浴槽は2つに別れており、うちの一つ。
混浴露天 らくだの湯(和歌山南紀勝浦温泉)

温度は、海に近い方がぬるめでした。

こんな感じでお湯が投入されていきます。
混浴露天 らくだの湯(和歌山南紀勝浦温泉)

その温泉分析表。
混浴露天 らくだの湯(和歌山南紀勝浦温泉)

単純硫黄泉ですので、その匂いはいかにも温泉を感じます。
完全な源泉かけ流しですから、素晴らしい泉質の一言につきますね。

しかし、景色のよさがこの露天の醍醐味。
混浴露天 らくだの湯(和歌山南紀勝浦温泉)

らくだ岩も目の前ですからね。
混浴露天 らくだの湯(和歌山南紀勝浦温泉)

最初に泉温の高い浴槽にいたので、少しのぼせ気味になりました。
1時間はちょっと長いなって印象。
あと1500円という値段は船で渡してもらえると言っても、高いかな。
ただ1回は堪能してみるだけの価値は充分にあると思います。

宿泊先、南紀勝浦「越の湯」の記事はこちら!

住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町湯川932(清丸渡船)
電話:0735-52-5574
入浴時間:8:30~16:00
定休日:無休
入浴料金:1500円(越の湯宿泊の場合は渡船料1000円のみ)
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/210-1ecdc1e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック