関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

勝浦、湯めぐり入浴手形シリーズ。
この湯めぐり入浴手形では公衆浴場なんかも含め15の施設から選択できるが、
やはり高級旅館の温泉を楽しむほうが絶対に得ですよね。
1300円で3つの施設ですから、1つ430円程度で入浴できるはいい。
最後に訪問したのはこちら「かつうら御苑」です。

かつうら御苑 滝見の湯(和歌山南紀勝浦温泉)

入ってみて感じたのは、ゴージャス。
かつうら御苑 滝見の湯(和歌山南紀勝浦温泉)

玄関先での送り迎えもありましたし、
単なる日帰り入浴でそこまでしていただかなくても。。。
っちゅうくらいの丁寧さでした。

さあ、そのお湯に入りましょう。
かつうら御苑 滝見の湯(和歌山南紀勝浦温泉)

ここの施設は、滝見の湯というくらいですから、
遥か彼方に那智の滝が拝めるそうです。

こちらが内湯。
かつうら御苑 滝見の湯(和歌山南紀勝浦温泉)

広々としていて、いかにもホテルらしい大浴場ですね。

そして、露天風呂。
かつうら御苑 滝見の湯(和歌山南紀勝浦温泉)

ただ、あいにくこの日はボイラーの故障ってことで、
こちらには湯が入っていませんでした。

その眺め。
かつうら御苑 滝見の湯(和歌山南紀勝浦温泉)

確かにこの風景は絶景ですね。
しかし那智の滝はどこにあるのか結局分かりませんでした。

泉質表。
かつうら御苑 滝見の湯(和歌山南紀勝浦温泉)

この硫黄泉ともう一つの泉質の混合泉のようです。
泉温が低いことからも加温はされております。

あ、あと露天にはもう一つ小さいお風呂がありました。
かつうら御苑 滝見の湯(和歌山南紀勝浦温泉)

まず、こちらから浸かってみることにします。
・・・っと思ったが、めっちゃくちゃ熱い!!!
多分45度くらいはあったでしょう。
なので、内湯でじっくり浸かって、泉質を確認。
うーん、これがホントに勝浦の温泉か?って思えるくらいに薄い・・・

景観は非常にいいが、せっかく勝浦に来て温泉を堪能するには、
泉質はイマイチどころか、かなり物足りない。
今回、湯めぐり手形で3つのホテルを堪能したが、
この手形で巡る一番のお得なお勧めは、
ホテル浦島
ホテル中の島
休暇村 南紀勝浦
この3つであろう。

住所:和歌山県東牟婁群那智勝浦町北浜海岸
電話:0735-52-0333
日帰り入浴時間:16:00~21:00
定休日:無休
日帰り入浴料金:大人1000円
泉質:(滝の湯)単純温泉30.7℃ (はまゆう)単純硫黄泉32.7℃


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/207-329a4aad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック