関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

勝浦、湯めぐり入浴手形シリーズ第二弾。
ホテル浦島と並んで、ここは勝浦のホテルの代表ですね。
ここのお湯の良さも、評判高かったので是非とも堪能したかった。
「ホテル中の島」を訪問です。

ホテル中の島 紀州潮聞之湯(和歌山南紀勝浦温泉)

島にあるホテルのため、連絡船で渡ります。
ホテル中の島 紀州潮聞之湯(和歌山南紀勝浦温泉)

わずか5分弱くらいの船旅ですが、気持ちいいですね(^^)
ホテル中の島 紀州潮聞之湯(和歌山南紀勝浦温泉)

到着、豪華なホテルです。
ホテル中の島 紀州潮聞之湯(和歌山南紀勝浦温泉)

ロビーもゴージャス系。
ホテル中の島 紀州潮聞之湯(和歌山南紀勝浦温泉)

さあ、まずは内湯へ。
ホテル中の島 紀州潮聞之湯(和歌山南紀勝浦温泉)

あ、ここは露天と内湯は別々になっております。
(後ほど聴いたのですが、通じる通路もあるようですが分かりませんでした)

もう一枚。
ホテル中の島 紀州潮聞之湯(和歌山南紀勝浦温泉)

さすがに海の眺めは素晴らしいです。
ただ、この内湯全体に、プンプンに塩素の匂いが・・・
それに温泉も透明な全く白湯といっていいくらいに薄い・・・
すぐさま露天に移動しました。

露天に来ると・・・
ホテル中の島 紀州潮聞之湯(和歌山南紀勝浦温泉)

これぞ、中の島の温泉って醍醐味!!
眺めも素晴らしいし、白濁したお湯も硫黄の香りプンプン!

泉質はこんな感じ。
ホテル中の島 紀州潮聞之湯(和歌山南紀勝浦温泉)

どうやら1階のお湯はボコボコ沸き立つ源泉みたいですね。
女湯も1階のお湯は素晴らしかったそうです。

こんな感じで硫黄臭たっぷりに、ボコボコ沸き立ちます。
ホテル中の島 紀州潮聞之湯(和歌山南紀勝浦温泉)

この近くは非常に熱いのだが、その濃さを満喫するにはここが一番!!

その露天のさきっちょの方は少しぬるめ。
ホテル中の島 紀州潮聞之湯(和歌山南紀勝浦温泉)

そして眺望抜群です。
しかし、観光船や近くの釣り客からも丸見え状態です。

奥は洞窟っぽい造り。
ホテル中の島 紀州潮聞之湯(和歌山南紀勝浦温泉)

この付近は熱く、そして濃いです。

休憩待合い所もあります。
ホテル中の島 紀州潮聞之湯(和歌山南紀勝浦温泉)

ホテル内バーは昭和の雰囲気ですね(^^;)
ホテル中の島 紀州潮聞之湯(和歌山南紀勝浦温泉)

露天の良さは抜群です。
熱いのがある程度我慢できれば、これほどいいお湯もなかなかないでしょう。
それに海の眺望も抜群!
男湯は、内湯には行かずに、露天のみの堪能がええですね。

住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町1179
電話:0735-52-1111
日帰り入浴時間:14:00~20:00
定休日:無休
日帰り入浴料金:500円
泉質:含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉 51.0℃


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/206-d649da0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック