関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

岐阜の平湯温泉と言えば、硫黄ぷんぷんのかなりの泉質を持つお湯が、
あちこちから溢れだしているのだとか・・・
岐阜方面の旅行に行くとすれば、絶対に行きたい温泉地であった。
その中でも、山奥の秘湯っぽい露天温泉があるのだとか。
早朝から営業されているので、まずはここから入ってみましょう。
「神の湯」です。

露天風呂 神の湯(岐阜県平湯温泉)

平湯温泉街から、さらに山を1kmぐらい登ったところにあります。
こーんな感じで現れてきました。

営業時間と注意事項。
露天風呂 神の湯(岐阜県平湯温泉)

7時過ぎに到着でけたので、ちょうどよかった。
まだ、他に客はいなさそうである。

受付で500円を支払い、さらに上へ山道を登っていきます。
露天風呂 神の湯(岐阜県平湯温泉)

その脇には川が流れており、周りの自然はマイナスイオンの宝庫。
朝からすがすがしい気分に浸れます。

さあ、小屋が見えてきました。
露天風呂 神の湯(岐阜県平湯温泉)

一番下が、男湯、そして家族風呂の内湯、で一番高いとこに女湯という構成。
で、結構、男湯は道からも丸見えな状態・・・
あとから来たご夫婦の女性の方が脱衣場の前まで来て、
入浴直前の素っ裸の私に「どこで脱ぐんですか?」って物怖じせず、
聞いてきました(^^;)

その入浴直前の露天です。
露天風呂 神の湯(岐阜県平湯温泉)

見事ですね~
いかにも山奥の温泉に入りに来たって風情があります。
ただ、この露天一つだけなので、混雑すると、嫌かなって印象。
今回幸い、30分ほどいましたが、後からは2人来ただけでした。

浸かってみると・・・
露天風呂 神の湯(岐阜県平湯温泉)

ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)です。
ちょい熱めかな、それでも源泉温度は76.8度らしく、加水されているんだそうな。
しかし、ちょっと白濁した硫黄の匂いが香るその泉質は抜群にいい。
早朝の空気が少し寒かったので、この熱さも心地良いです。

泉質的には大満足!!
ただこの露天一つで500円の入浴料はちょっと高いかな?
それはなぜかは、同じ500円でこちらの温泉に入れるからですね。
岐阜、平湯温泉「ひらゆの森」の記事はこちら!

住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯温泉神の湯
電話:0578-89-3448
営業時間:4月中旬~11月中旬 7:00~19:00(土日、夏休み期時間は21:00まで)
定休日:無休
入浴料:500円


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/190-cef72db0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック