関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

長崎を代表する温泉地・・・というより九州と言ってもええでしょう。
活火山近くの温泉はやはりええとこ多いですからね。
その雲仙温泉の中でも日帰りで手軽に利用できる施設があります。
「小地獄温泉館」を訪れました。

小地獄温泉館(長崎雲仙温泉)

結構、建物は趣があり、立派ですね。
木造で八(六?)角形の形をしており、浴場の天井もかなり高く開放的でした。
そして、ここは共同湯程度の料金が嬉しい。
400円でその温泉を楽しむことが出来ます。

さーて中へ・・・
小地獄温泉館(長崎雲仙温泉)

白濁したお湯が出迎えてくれました。
かけ湯をして、その中へ。。。
うっ・・・結構熱い!!しかしその硫黄たっぷりの濃さを感じられます。
この泉質は抜群です。

またちょっと仕切りがあって、打たせ湯もあるんですが、
こっちに浸かると、かなり加水されているのか温度はぬるめ。
やはり熱いのと比べると薄いかなって印象だが、
ゆったり長く浸かっていられるので、こっちの方が好みでした。

あがってからの休憩処も狭いながらも備わっています。
小地獄温泉館(長崎雲仙温泉)

結構、体の芯まで温まるお湯ですので、ちょっとここで湯冷まししました。

硫黄の臭いぷんぷんの温泉好きならば、
ここの温泉に浸かって、満足しない人間はいないでしょう。
泉質にこだわる方なら、絶対利用するべきですね。
関西、大阪近辺には、白濁のこの硫黄プンプンのお湯はないので、
ホント近くに欲しい温泉でした。

住所:長崎県雲仙市小浜町雲仙500-1
電話:0957-73-3273
営業時間:9:00~21:00
定休日:無休
入浴料:400円


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/184-094ada14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック