関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

大阪、羽曳野市に結構ええ泉質のスーパー銭湯があるとのこと。
ちょうど、阪和道を通って、大阪へ帰ってくるところだったので、
寄ってみることにしました。華の湯です。

華の湯(大阪羽曳野)

施設自体は非常にこじんまりとしていて、
最近よく出来てきている、ゴージャス系スーパー銭湯ではないです。
岩盤浴とかの付帯施設もないしね。

玄関入ってすぐの待合所もこんな感じ。
華の湯(大阪羽曳野)

すっごくこじんまりしています。

券売機で600円で券を買って中へ。
男女日替わりで石風呂と檜風呂が交互になるようです。
今回、男湯は石風呂にあたりました。
うん、露天と内湯が大体半々ぐらいの構成です。
サウナは2種類、普通のと岩塩サウナとありますが、上で繋がってるようです。

露天は大きな石風呂と、小さな石風呂、そして、
一人用の石を刳り貫いたような一人風呂があります。

まずは、大きな石風呂より・・・
華の湯(大阪羽曳野)

その泉質は少し黄色味がかっており、いかにも温泉って感じ。
鉄の匂いが若干感じられます。
似てると思ったのは、尼崎の銭湯「戎湯」のような感じかな。

「戎湯」の記事はこちら!

ただ、「戎湯」ほどの源泉かけ流し感はありませんね。
露天のお湯の温度は冬の寒さのせいなのか、若干内湯よりぬるめでした。

さーて、その泉質表ではどう標記してるんでしょうか。
華の湯(大阪羽曳野)

ナトリウム・カルシウム・塩化物泉。
ちょっときちんと撮れず見にくいですけど、
加温、循環ろ過の温泉のようです。
で、大阪府内は条例により、塩素投入はされておりますから、
薄さを感じたのはそのせいかな。
源泉温度は45度程度と若干熱め程度ですから、冬場は加温はされていないのかも。
なので、そんなに加温・循環ろ過の薄い温泉って感じはしませんでした。

全体的になんの特徴もないスーパー銭湯って印象。
泉質的にもそこそこ、設備的も小奇麗ではあるがそこそこ。
まあ、車で1時間以上かけてまで、行こうとは次回思わないかな。
土日祝でも600円って手頃な値段で入浴できるんで、近所にあればって感じですね。

天然温泉 華の湯
住所:大阪府羽曳野市野453
電話:072-946-8726
営業時間:10:00~24:00(最終受付23:30)
定休日:年中無休
日帰り入浴:大人(中学生以上)600円 小人(4才~小学生) 300円
風呂の特色:男女別浴場(大風呂、露天風呂、岩風呂、ドライサウナ、リラックスバス、など)


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/143-59721a31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック