関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

日本一の炭酸泉とのフレコミの温泉が、三木市の吉川町にあるとのこと。
泡がシュワシュワまとまわりついてくる温泉は大好きな俺。
そんな源泉かけ流しに一度は浸かってみようと立ち寄ってみました。
中国自動車道吉川ICから東へ1kmのところにあります、
「吉川温泉よかたん」です。

吉川温泉よかたん

さすがに休日の夕方だけあって、多くの人でごった返している。
内湯も露天もそんなには広くないが、スーパー銭湯チックだ。
まずは源泉、源泉と探してみたが、内湯、露天ともに満杯状態・・・
仕方なしに加温の露天に浸かってみる。

吉川温泉よかたん

内湯、露天ともに加温循環のお湯があるが、こちらは透明色。
ちょっとぬるっと感があり、薄いながらも温泉を感じ取ることができます。

で内湯、露天とも源泉浴槽がいつ空くかを待っていたが空く気配なし。
ここの常連客はかなりマナー悪い?って思います。
あちこちネットの口コミ見ててもどうやらそうらしいですね。
譲り合いの精神がないようである。

で、なんとか露天のさきっちょに足だけ入れて待つこと5分。
ようやく浸かることができました。
ちょうどボコボコと源泉が湧き出る隣の位置を確保。
湯温は結構ぬるめで30分でも楽にずっと浸かれる温度。
この温度が長居の原因でもある。
その色合いは茶褐色を帯びており、鉄の匂いも感じます。

ただ、その湯気を吸い込むと・・・
「うっ!」ものすごい酸欠状態になりました。
その炭酸ガスの含有量がすごいのか、
炭酸ジュースをがぶ飲みしたあとくらいの息苦しさである。

しかし、期待していた泡つきは全くないのだ。
炭酸泉とはこういうものかと、この点では期待外れ。
ただ、それを補うくらいに、このお湯は特有の良さがあります。
湯温は低いながらも、それがいかにも濃さを感じ、
体全体にじわじわとくる温もりのよさはかなりのもん。

また休憩処も畳敷きの箇所があるんもええですね。
吉川温泉よかたん

お土産物売り場もあります。
吉川温泉よかたん

そして、隣には日本酒を売っていたり、
地元でとれる野菜や卵などを買える建物もあります。
なのでここでインターを降りて、お土産物を買いにがてら、
ここの温泉を堪能してもええでしょう。
それだけ価値ある源泉かけ流しやと思います。

ただ、源泉独占のマナー悪い客の対策は練るべきです。
休日の混雑時は、10分おきにでもアラーム鳴らせて、
時間制限を設ける必要があるでしょう。

住所:兵庫県三木市吉川町吉安224
電話:0794-72-2601
営業時間:10:00~22:00(受付~21:00)
定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合は営業。但し翌火曜日が休館)
入浴料:中学生以上600円、小学生300円、家族風呂4,000円(1時間)
駐車場:160台(無料)


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/133-7ce7df94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック