関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

岡山湯郷温泉・・・
「湯原温泉」「奥津温泉」と共に、岡山の3大銘泉ですね。
近畿圏から一番気軽に行けるのが、ここ湯郷温泉。
その立ち寄り湯として利用できる、「湯郷鷺温泉館」に立ち寄りました。

湯郷鷺温泉館 療養湯

ここの建物は結構立派!
湯郷鷺温泉館 療養湯

観光バスも停まっていて、相当な人数で賑わっています。
ここの館内に入ってもいかにも綺麗なスーパー銭湯チックで、
綺麗の一言。。。

しかし・・・今回の立ち寄り目的はこっちやないんですね。
湯郷鷺温泉館 療養湯

この本館のお湯は循環で温泉風情やないと聞いていたので、
この建物からはずれにある、源泉かけ流しの「村湯・療養湯」に立ち寄りました。
こっちも共同湯的な雰囲気ではあるけれど、小奇麗な建物である。

入ってすぐに受付、この前の券売機で600円の券を買って、
受付の方に券を渡す。
ここでこの療養湯の注意事項を言われました。
「石鹸・シャンプーは使えません」「時間は1時間までお願いします」とのこと。
で、こちらは本館と違いひっそりとしています。

これが療養湯の案内。
湯郷鷺温泉館 療養湯

この建物に入るなり、硫黄臭がもうプンプン!
ここが源泉かけ流しに拘っているのがよく分かります。

さーて脱衣場から、その浴槽を。
湯郷鷺温泉館 療養湯

ご覧の2層構成になっております。
右側から源泉は湧いてくる仕組みになっており、
左側はぬるくなったお湯が入り込むようになっているので、
冬だとひんやりぬるい。
また湧いてくる方も、源泉温度は40度ちょっとなので、
ずっと30分でも浸かっていられるくらいぬるめだ。

その泉質だが、肌触りはまさに滑らかの一言!!!
これだけ優しい泉質にはあまり巡り合ったことがないです。
湯船に浸かって、そのいい泉質のお湯が全てかけ流されている趣きはさすが!
硫黄臭も伴い、かなりええです。

湯からあがっても、かなりぬるめやったんで、冬場はつらいかなと思ったが、
さすがの浴後感、体全体のポカポカ感がずっと続きました。

「療養湯」というだけに、アトピーなんかに効くのか、
皮膚に疾患がある方が、浸かりに来られていました。
これは女湯でも一緒だったとのこと。
なので、静かにゆったりと味わいたいお湯ですね。
600円って値段はちょっと高いとは思いますが、
1時間フルに浸かっていたいと思わせてくれる泉質でした。

住所:岡山県美作市湯郷595-1
電話:0868-72-0279
営業時間:8:00~22:00(療養湯は20:00まで)
定休日:第2水曜日
入泉料:大人600円、小人400円、家族湯露天風呂付4000円
駐車場:150台(無料)
泉質:混合泉(湯郷鷺温泉第3泉源、平成源泉)ナトリウム・カルシウムー塩化物泉
泉温:40.5度 pH8.5 ラドン1.2 湧出量370L


★楽天トラベルで安く宿泊できたので長旅です★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/132-4745e7d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
平安時代に開湯した、約1200年の歴史を誇る古湯です。延暦寺の円仁法師が、傷を癒す白鷺を見て温泉を発見したという伝説から別名「鷺の湯」とも呼ばれています。温泉街は吉野川の西側にあり、20軒近くの宿泊施設や共同浴場が建ち並んでいます。中規模な温泉地として団体旅...
2009/11/19(木) 17:28:16 | 温泉生活