関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

紀伊半島ぐるり3泊4日一周旅行の最後・・・
以前から行きたかった、温泉が和歌山の山奥にあるんですよね~
「日本三大美人の湯」の一つ・・・
そう「龍神温泉」である。
白浜からずーっと下道、山道をてくてくと車で登って行き、2時間ちょっと。
ようやく辿り着きました。

龍神温泉元湯

思っていたよりも見た目が綺麗。
近くに廃墟のように佇む施設があったので、昔はそちらで営業してたんでしょうね。
ちっとあまりにも幽霊廃墟っぽくって、近寄りたくない雰囲気ありましたけど。
どうして取り壊さないんでしょうかね?

さあ、玄関です。
龍神温泉元湯

やっぱり綺麗ですね。

温泉分析表はこんなのです。
龍神温泉元湯

泉温がちょっと高め・・・冷ましての投入かな?
早速入ってみましょう。

こんな内湯が出迎えてくれました。
龍神温泉元湯

さあ、美人湯特有のアルカリ泉、どんなのかな~?
・・・・うーん、ぬるっと感は感じられますが、思ったほどじゃない。
これならば、今回和歌山の温泉にあちこち入りましたが、
そのほうがええくらいである。
これが美人の湯かあ~
俺ならば3大美人湯でしたら、このアルカリ泉質ならばここを挙げますね。

真賀温泉館
榊原温泉
シルク温泉

ですな。

龍神温泉元湯

湯温は熱からず、ぬるからず、ちょうどいい感じ。
温泉分析表では分からなかったですが、色々他でも調べてたら、
どうもここは循環湯のようですね。
そりゃ、とろみがあまり感じられないのももっともです。

こちらが露天風呂。
龍神温泉元湯

温泉の質も、ほぼ内湯とは変わらない感じです。

龍神温泉元湯

囲いがあるので、湯に漬かると眺めはよくないです。
これならば内風呂は、外から見えないような車のスモークガラスのようなので、
こちらのほうが眺めはいいですね~

1階上からの休憩所の眺めですがこんな感じの眺望です。
龍神温泉元湯

源泉かけ流しが豊富な湯処が多い和歌山の中でも、有名な「龍神温泉」ですから、
期待が大きすぎたのかもしてません。
なんだ、この程度の泉質かと拍子抜けです。
えっちらおっちら、山道を登って行くだけの価値はないなあ~
ただ、従業員さんの対応は低姿勢で素晴らしく好感が持てました。
温泉好きな方ならば、1回は体験してみてほしいですね。

住所:和歌山県田辺市龍神村龍神37
電話:0739-79-0726
営業時間:7:00~21:00(6月~9月)6:00~21:00
定休日:無休(冬期休業あり)
料金:大人(中学生以上)600円、小学生300円、幼児無料
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/130-68da8fb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック