関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集
国道175号線沿い、第二神明玉津インターよりすこし南にあります、
「湯あそびひろば 多満津の里」です。

まず、ここは特筆すべきは、スーパー銭湯としては珍しく、オールナイト営業を
しているところ。ただ飲食コーナーはあっても、リクライニングルームのような、
くつろげる場所はないので、仮眠とかはできないです。
ただ、夜明けの露天はとても気持ちよいので、その時間帯に、人も少ないので
のんびりするのにはベストではないでしょうか。

その露天ですが、サイトには「壮大な明石海峡大橋をバックに・・・」とありますが、
実際には、明石海峡大橋は遥か彼方にぽつんと見える程度です。
明石海峡大橋の夜景を楽しむなら、やはり「龍の湯」でしょう。

料金はスーパー銭湯としては「340円」で安いと思うかもしれませんが、
「サウナ」は別料金なのです。
(プラス340円を加算)
ただ、露天は基本料金で入れます。
ですので「サウナ」も楽しみたいという方には不向きですね、割高です。

湯の数も少ないですし、どんどん新しくできるスーパー銭湯の中でぽつんと取り残されて
いるような感じで、今後存続していけるのか、心配ですね。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/13-5f099bb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック