関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

和歌山は温泉の宝庫。
海沿いでも、山の中でも、あちこちから温泉が沸き立っています。
鳥羽から白浜へぐるりと廻って行く道すがら、
さすがにこの源泉かけ流し豊富なお湯場を素通りする手はありません。
ただし、時間的に1つだけに絞られました。
そのチョイスした温泉がここ勝浦の少し南にあります、
湯川温泉卿、「ゆりの山温泉」です。

ゆりの山温泉

なぜ、ここを選んだか?
源泉かけ流しのそのお湯の評価がめっちゃ高かったんですよ。
それに300円で立ち寄れるのも先を急ぐ俺にはちょこっと寄れる魅力がありました。

ご覧のとおりの温泉です。
ゆりの山温泉

源泉温度が38.5度であるから、湯温が高くないのも、俺好み。
早速中へ入ってみましょう。

ゆりの山温泉

建物は古い感があるが、非常に綺麗です。
浴槽もこんな感じでかなり清潔でええ感じ。

さあ、そのお湯ですが・・・
ゆりの山温泉

写真右上の湯の口からボコッ、ボコッと湧いてきます。
それが全部、湯船からさーっとかけ流されていく風情は圧巻。
この浴槽一つですが、ここは絶対こういう感じがいい。
これをスーパー銭湯風情なんかにしてしまうと、
このお湯が腐ってくるだろう。

浴室内もすっごく硫黄の香りが漂っており、
無色透明なそのお湯のどこにそんな力があるのかと思うくらい、
力強いお湯です。
湯温は38度ちょっとですから、ぬるめですが、その泉温よりも少し高めに感じられました。
ぬるっと、つるっと感の溢れているお湯です。

あがってからの待合所も綺麗。
ゆりの山温泉

共同湯らしいですが、その施設は立派です。

このお湯に浸かっていると時間を忘れてしまってました。
30分ちょっと浸かっていたかな~
ぬるいお湯なのに、あがってからもポカポカ体がしています。
いや~素晴らしい源泉だ。

住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町二河8
電話:0735-52-5106
営業時間:9:00~22:00
定休日:金曜日(祝日は営業)
料金:大人300円
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/128-0430ccfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック