関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

リニューアルされた、むし湯の近くにあるのが渋の湯である。
ここも建物自体は非常にしっかりした造りのようである。

鉄輪温泉 渋の湯

男女のお湯の間にはお地蔵さんがあった。
鉄輪温泉 渋の湯

ここは組合員でないと入れない施設なのだが、
この中のコインロッカーへ100円入れて使うことで、
外部の人間にも解放している。

俺が入ったときには中には誰もいなかった。
さあ、コインロッカーに荷物全部いれて、いざ入浴!
ここも脱衣所と浴場部分が繋がっている共同湯だ。

ちょっと年季の入った浴槽に足を入れてみる。
浴室は長方形の湯船。そして、湯船の奥に竹ぼうきの先みたいな湯を冷ます簡易装置があります。

鉄輪温泉 渋の湯

あちー!!!熱すぎる!!
これは絶対50度以上はあっただろう、
もう10秒足を入れてただけで真っ赤か。
こんなのどうやって入るんじゃい!と見渡すと、水道の蛇口が。
これで少し埋めさせてもらおうと、じゃーっと入れる。

けど、ちょっとやそっとで埋まる温度ではない。
その水の周りに少し浸かったが熱いのなんの。
泉質的にもそういう状態では濃いか薄いかを、
感じることができなかったのでここは退散である。

鉄輪温泉 渋の湯

で、俺が出て脱衣場で服を着ていたら、組合員さんが入ってきた。
入ってくるなり何をするかといえば、水道水全開オープン!
どっしゃーって湯の中に水を入れていて、その間に体洗ってる。
なるほど常連さんでもそこまでしないと入れない温度やったんや。
熱いの嫌いな俺やから入れないんやと思いました。

しかしここの男湯・・・
おもいっきり窓開けているので、人通りの多い通りから丸見え。
途中で気がついて、さすがに下も見えそうなところは、
俺がいてる間は閉めさせていただきましたが。
水道を調節してるときに、結構な人間に、俺のお尻は見られていただろう(^^;)

住所:大分県別府市鉄輪風呂本1
電話:別府市観光課 (0977-21-1111)
営業時間:6:30~21:00
定休日:無休
入浴料:100円


★楽天トラベルでカプセルホテルが安くとれたので長旅です★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/122-932461ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック