関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

温泉宝庫の別府・・・
これだけ街のあちこちから、温泉の湯気がでているのは圧巻です。
また山奥に行くと非常にいい露天風呂があるとの噂を聞きつけました。
「鍋山の湯」というんだそうな。
野湯でもちろん脱衣所なんてもんはない。
今回は電車の旅やったので、そんな山奥まで行けないんじゃと思ったが、
地図で見ると、一番近い明礬のバス停から歩いても1時間以内だなと判断。
ちゅうわけで山道歩きましたよ~

ご覧の山の風景です。
鍋山の湯 黒湯

途中砂利道になり、沢道になるがどんどん進んでいきます。
冬の寒い中やのに、これだけ山を登っていくと汗だくだくです。

で、ようやく鍋山の湯の麓まで辿り着きました。
鍋山の湯 黒湯

まだ、こっからも沢づたいに登っていって10分くらいかな。
ようやくこんな祠がありました。
鍋山の湯 黒湯

ここにはこんな情景が!
鍋山の湯 黒湯

もう別府の街を見下ろすその情景が素敵!

そこを右手に向くと、
鍋山の湯 黒湯

ありましたね~ここが黒湯です。
バス停から歩いて40分くらいの距離はあったか。
ええ運動になりました。

すると朝早いのに先客がいっぱい
下のぬるいと言われているほうには入る余裕のスペースがありません。
しかたなく源泉がどばどば入れられている上の方に浸かるがめっちゃ熱い!!!
おそらく45度以上あったでしょう。
しかし寒さの中、裸ではよー外にいられません。
ここまで熱い温度のお湯には浸かったことなかったですが、
10分くらい体を浮かせたり沈めたりしてたがもう限界!
下の方に入っておられる方が話し込まれて出そうになかったので、
こちらは退散しました。

でその浴槽も入っておられたので、写真は撮っていませんが、
湧き出ているのは、ご覧のとおりのお湯です。
鍋山の湯 黒湯

黒いですね~硫黄成分のきつい、結構な濃さを感じられたので、
長居できずに残念でした。
ただ、周りは草に覆われていて、景色はよくなかったですね。

住所:大分県別府市鍋山
電話:別府市観光課 (0977-21-1111)
交通:JR日豊本線別府駅から亀の井バスAPU大学行きで25分、明礬下車、
タクシーで10分 徒歩やと40分
営業時間:24時間
定休日:対象外
入浴料:無料


★楽天トラベルでカプセルホテルが安くとれたので長旅です★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/118-63454232
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック