関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

なんと、大阪府内に硫黄臭ぷんぷんの源泉かけ流しの秘湯が、
能勢の山奥にあることを知った。
阪神間には極上の温泉の湧く銭湯はたくさんあるが、
さすがに硫黄臭ぷんぷんには、お目にかかったことない。
家から車で1時間ほどなので、ちょっと遠征してみることにした。
「山空海温泉」である。

国道から府道に入り、しばらく北上すると小さい看板がありました!!
しかし駐車場へ向かう脇道は曲がりにくい・・・
俺の愛車ステップワゴンでは脱輪させてしまわないか、かなり怖かったです。
で、駐車場に止めて、建物の方に向かうと・・・
今度は3匹の犬がワンワン吠えながら、こっちに突進してきます!!
うわっ噛まれたらどないしよって思ったが、
近寄ってくると大人しくなりました、ふぅ、またまた怖かった(^^;)

ようやく辿り着きました。
山空海温泉

すごいとこに来たな~って印象・・・
まさにプレハブが並んでいる感じです。
券売機で入浴料700円と駐車料金100円を買って、
おっちゃんに渡します。

男湯入り口・・・
山空海温泉

中の脱衣場は非常に狭い、3人も着替えればいっぱいである。
んで、コインロッカーがあり、コイン返却口もあったので、
戻ってくる形式かと思って、荷物はそこに入れたのですが、
100円戻ってこなかった・・・

で、ここにはこういう憲法があります。
山空海温泉

まあ、マナー悪い客が多いんでしょうな。
ここに書かれていることは守って入湯しましょう。

入るとこんな感じです。
山空海温泉

左に高温(40~43度)、右に低温(34~36度くらいか)風呂があります。
あと逆の壁際に源泉のステンレスのちっさい水風呂もあります。
ですので、高温、低温のは加温されていますね。
しかし、スーパー銭湯に慣れている人間からすると、
とんでもないところに来たって思うでしょうな。

浴室内はすっごく硫黄の匂いが充満してて、この温泉風情が、
俺には心地いい空間である。
まずは高温風呂より浸かってみる。
匂いに反して、その泉質を体で感じた感触はすっごくあっさり・・・
体には絡んでこない泉質である。
阪神間の濃い~泉質に慣れている俺にはちょっと物足りない。

窓からはこんな景色が見えます。
山空海温泉

ホント山の中に来たなあ~って印象。

高温風呂も熱く感じられてきたので、低温に移りましょう。
山空海温泉

浸かった感じはこんなのです。
こっちの低温はこのぬるさ、高温の後で俺には心地いいですね~
高温と低温の交互浴をしましたが、すっごくよかったです。

入浴料700円+駐車料金100円+コインロッカー100円、合計900円・・・
この額に見合うほど、素晴らしい温泉には感じられませんでした。
普段380円で源泉かけ流しに浸かることのできる環境にいますからね。
しかしこれだけの硫黄臭を感じることのできる泉質は、
なかなか大阪・神戸市街地圏内から車で行けるとこないですから、
貴重な源泉かけ流しであるとは思います。

住所:大阪府豊能郡能勢町下田尻801
電話:090-7887-0995
営業時間:10:00~19:00(11~3月は18:00)
定休日:月曜日(祝日は営業)
入浴料金:700円
駐車場:20台程度(100円)
※コインロッカーは別途100円必要


★いい温泉宿を探すなら口コミの上位から!★
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://superlife.blog49.fc2.com/tb.php/102-1efd969a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック