関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

温泉宿予約

本日の車中泊地は、岐阜県美濃加茂市にある道の駅「日本昭和村」。
昭和時代のなつかしい雰囲気漂うテーマパークも併設されている、
3000台もの巨大な駐車場がある道の駅です。
この日の行程では、道中に「温泉博士」「まっとうな温泉」ともに使える施設はなく、
無料入浴できませんでした。
それに加えて、この愛知県北部~岐阜県南部って、
あまりええ泉質の湧き立つ温泉地もないんですよね。
こういう時は、車中泊地に一番近いとこでその日の仕上げ湯をするのが理想ですが、
ちょうどここ「日本昭和村」に、日帰り入浴施設が併設されているんですよ。
昭和銭湯「里山の湯」を利用いたします。

道の駅併設の巨大スーパー銭湯 昭和銭湯 里山の湯(岐阜美濃加茂)

非常に綺麗なスーパー銭湯なんですけど、
この日はGWのまっただ中・・・相当な混雑は予想してましたけどすごい人・・・

入ってすぐの休憩処も、ご覧の大混雑です。
道の駅併設の巨大スーパー銭湯 昭和銭湯 里山の湯(岐阜美濃加茂)

みっしり人で埋まってる浴槽ってめちゃ嫌いの私なので、
非常にイヤなんですけど、今日はもう仕方ない・・・

営業時間。
道の駅併設の巨大スーパー銭湯 昭和銭湯 里山の湯(岐阜美濃加茂)

あと入浴料は、こういうスーパー銭湯にしては案外安く、大人620円でした。
ただそれがなぜなのかは、浸かってみて判明します。

こちらが内湯。
道の駅併設の巨大スーパー銭湯 昭和銭湯 里山の湯(岐阜美濃加茂)

この浴場に入ると、脱衣場での混雑さは全くなくって、広々してる。
そう、すっごくスペースが広いんですよ。
ただ、この内湯は白湯と書かれていましたので、私はあまり興味ない。

さあ、温泉を目指して外へ出ます。
道の駅併設の巨大スーパー銭湯 昭和銭湯 里山の湯(岐阜美濃加茂)

露天の一部。
ここ露天風呂スペースも、内湯と同じように広々しており、
ちょうど、裏山を眺めながらの入浴できるようになっています。
そう、山が塀代わりになっているので、閉塞感がないんよな。
しかし、ここが温泉みたいなんやけど、
内湯と変わらない無色透明の何の変哲もないお湯なんよね。

では、なぜか泉質表で分析してみましょう。
道の駅併設の巨大スーパー銭湯 昭和銭湯 里山の湯(岐阜美濃加茂)

ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉で無臭のアルカリ泉と書かれていますが、
温泉の素を溶かしただけなんですよ・・・天然温泉ではありません。
そりゃ、家の浴槽に温泉の素を入れたようなお湯やもんね。
アルカリ系のヌルヌル感も全くなく、泉質を感じないはずやわ。

こっちの露天の壺湯は、緑色をしています。
道の駅併設の巨大スーパー銭湯 昭和銭湯 里山の湯(岐阜美濃加茂)

こういうバスクリンみたいなのが好きな施設みたいですね(^^;)

最後、併設レストランの食事メニュー。
道の駅併設の巨大スーパー銭湯 昭和銭湯 里山の湯(岐阜美濃加茂)

ここのご当地らしさは全くなく、平凡です。

なるほどね~こういう地のスーパー銭湯にしては入浴料お安めなのは、
温泉を管理せずに済んでるからやねんな。
ただここで車中泊にすると、風呂上りにレストランで呑めますね(^^)
私は既に食材購入してるから、車ん中で晩酌で~す♪

住所:岐阜県美濃加茂市山之上町2292-1
電話:0574-23-0226
営業時間:10:00~21:30(閉館22:00)
定休日:無休(但しメンテナンス休業あり)
駐車場:あり 3000台(無料)
入浴料:大人620円、小人(4歳~小学生)300円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
スポンサーサイト
記事編集
昨日、こちらのホテルでお部屋でいただいた夕食をご紹介いたしました。
登別カルルス温泉「ホテル岩井」夕食編はこちら!

今回は、ホテル施設温泉編をこちらのブログでお届けいたします。
ホテル岩井(北海道登別カルルス温泉)北海道1泊目は源泉かけ流しの宿・・・施設温泉編

最初このホテルの外観を実際に見た時は、
写真の印象よりも老巧化が結構来てるなと思いました。

こちらがホテルのロビー。
ホテル岩井(北海道登別カルルス温泉)北海道1泊目は源泉かけ流しの宿・・・施設温泉編

カラオケスナックもあります。
ホテル岩井(北海道登別カルルス温泉)北海道1泊目は源泉かけ流しの宿・・・施設温泉編

この様子からも、結構年季が入ってるのが分かるでしょう。
廊下とかもそうでしたね。

但し、部屋はしっかり綺麗にリフォームされています。
ホテル岩井(北海道登別カルルス温泉)北海道1泊目は源泉かけ流しの宿・・・施設温泉編

和室6畳間ですが、居心地は非常によかったです。

こちらがテーブルの上に置かれてました。
ホテル岩井(北海道登別カルルス温泉)北海道1泊目は源泉かけ流しの宿・・・施設温泉編

その部屋からの眺め。
ホテル岩井(北海道登別カルルス温泉)北海道1泊目は源泉かけ流しの宿・・・施設温泉編

ホント山ん中なので、森林のマイナスイオンを感じますね。

では、温泉大浴場に参りましょう。
ホテル岩井(北海道登別カルルス温泉)北海道1泊目は源泉かけ流しの宿・・・施設温泉編

こちらが内湯。
この見た目でも、古い宿だなってのは分かりますでしょう。
高温の浴槽、低温の浴槽、2つあります。

お湯は無色透明。
ホテル岩井(北海道登別カルルス温泉)北海道1泊目は源泉かけ流しの宿・・・施設温泉編

登別温泉は白濁の硫黄泉ですけど、全く違いますね。
だいぶ距離も離れているから、登別の名前はついてますが違う泉質です。
まず高温浴槽から浸かると、相当熱い。
43度くらいに感じます、そしてさっぱりめ。
低温は40度くらいでしたので、ぬるめ好きな私はずっとそちらに浸かってた。

泉質表で分析しますね。
ホテル岩井(北海道登別カルルス温泉)北海道1泊目は源泉かけ流しの宿・・・施設温泉編

源泉温度47.1度、PH値7.2の単純温泉(低張性中性高温泉)。
成分総計も697mg/kgですから、ホント泉質としては特徴ないです。
硫酸イオンの比率も高いんですけど、硫化水素臭の匂いも全然しない。
そして若干温度が高いので、加水は少ししておりますが、かけ流しのお湯です。

こちらが露天。
ホテル岩井(北海道登別カルルス温泉)北海道1泊目は源泉かけ流しの宿・・・施設温泉編

浴槽。
ホテル岩井(北海道登別カルルス温泉)北海道1泊目は源泉かけ流しの宿・・・施設温泉編

夜通し入れるようになってますので、
夜中、誰もいない中での入浴を楽しみます。
この時間が、私は宿泊してて一番好きな時間。
オールナイトで浴場開放している宿は、自身ポイント高いです。

あと、登別カルルス温泉は、各旅館で提携してるんですよね。
ホテル岩井(北海道登別カルルス温泉)北海道1泊目は源泉かけ流しの宿・・・施設温泉編

合計4つの旅館があるんですけど、17時までははしご湯が可能です。
私も1人宿泊なら利用してましたけど、この日は到着16時過ぎてたし、
利用できませんでした。

私は、ドロドロ、ヌルヌルの泉質大好き人間なので、
ここのお湯では満足感はなかったです。
あと、登別の硫黄泉と登別カルルスとは全く別物ですんで、
宿泊予約をしようと思った方はご注意を。
ただ、ドバドバ投入される湯量、それが全部かけ流しされてますし、
さらっとした浴感で、フレッシュさはしっかり感じ取れる泉質ですから、
そういう泉質好みの方は是非どうぞ。

住所:北海道登別市カルルス町27
電話:0143-84-2281
営業時間:チェックイン14:00  チェックアウト10:00
※食事は朝夕両方とも部屋食
定休日:無休


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

この日は長野県木曽周辺を徘徊しております。
このルートを選んだのも、ここの温泉に立ち寄りたかったからと言っても、
過言ではないです。
二本木温泉「二本木の湯」です。

すっごい泡付きの鉄分たっぷり源泉かけ流し 二本木温泉 二本木の湯(長野木曽)

GW5月初めであったが、桜も綺麗です。
それだけ、結構な高地にある温泉施設ですね。

こちらの入口より中へ入ります。
すっごい泡付きの鉄分たっぷり源泉かけ流し 二本木温泉 二本木の湯(長野木曽)

日帰り専門の入浴施設。

フロント兼、レストラン受付。
すっごい泡付きの鉄分たっぷり源泉かけ流し 二本木温泉 二本木の湯(長野木曽)

蕎麦が美味しい地域でもあるので、どのくらいの値段か見てみると、
かけそばで650円と極々普通の値段設定。
その後、別の店で十割そばをいただく予定でしたので、ここでは温泉のみ。

料金表。
すっごい泡付きの鉄分たっぷり源泉かけ流し 二本木温泉 二本木の湯(長野木曽)

大人620円です。
私は以下の温泉本を持参しておりますから、無料入浴です。


この温泉本に掲載してるところを見逃し、進むことはない。
それほど、源泉かけ流し好きには信頼できる本です。

こちらが湯上りの休憩処。
すっごい泡付きの鉄分たっぷり源泉かけ流し 二本木温泉 二本木の湯(長野木曽)

GW休日やったのもあり、多くの方が寝転んでおられました。

眺めもご覧のような風景です。
すっごい泡付きの鉄分たっぷり源泉かけ流し 二本木温泉 二本木の湯(長野木曽)

山々の間から、まだ雪の残った御岳山が見えるのわかりますでしょうか。

では浴場へ。
すっごい泡付きの鉄分たっぷり源泉かけ流し 二本木温泉 二本木の湯(長野木曽)

この内湯1つだけと至ってシンプル。
ただ、日がちゃんと差し込むような造りになっており明るい。
眺めも、1つ上の休憩処からの風景と同じ眺めが拝めます。

お湯の色は赤黒い色合いをしております。
すっごい泡付きの鉄分たっぷり源泉かけ流し 二本木温泉 二本木の湯(長野木曽)

日光の差し込みで緑っぽく写ってますけどね。
何よりびっくりしたのは、その泡付きシュワシュワ感なのだ。
鉄の匂いもプンプンで、この色合いからして酸性だなって分かるのだが、
この泡々感は非常に不思議な泉質である。

ではそのよく分からない泉質を分析表で見てみましょう。
すっごい泡付きの鉄分たっぷり源泉かけ流し 二本木温泉 二本木の湯(長野木曽)

もう1枚。
すっごい泡付きの鉄分たっぷり源泉かけ流し 二本木温泉 二本木の湯(長野木曽)

しかしこれ見て、さらに不思議感は高ぶりましたよ。
源泉温度12.9度、PH値5.9度の、
含二酸化炭素-カルシウム-炭酸水素塩冷鉱泉(低張性弱酸性冷鉱泉)。
この温度ですから、もちろん加温はされているんですが、
さらに循環ろ過、塩素消毒ありなんです。
加温循環ろ過で、この泡付きは絶対に信じられない。
ただ、含有成分見てもらえばわかりますけど、
炭酸水素イオンが1175㎎と非常に高い数値を表してます。
この成分の影響ではあるけどね。

さらに、浴槽に浸かって、分析してみる。
すっごい泡付きの鉄分たっぷり源泉かけ流し 二本木温泉 二本木の湯(長野木曽)

すると気づきました。
ご覧の湯口から投入されている温泉は、めっちゃ冷たい。
つまり循環ろ過で温めてはいるのだが、投入されているのは源泉なんです。
その量もドバドバと結構な湯量なんです。
なるほどね~なので、フレッシュな炭酸泡付きが残ってるわけやわ。

加温循環ろ過やからと言って、舐めてはいけません。
世の中、源泉かけ流し100%が温泉の醍醐味だと思い込んでる方も多いと思います。
私もその傾向はあるんですけど、その元々の成分をいかに上手く有効利用できるよう、
浴槽で処理をするかが鍵ですよね。
ですので、源泉オタクの方にこそ、こちらの施設は利用してほしいです。

住所:長野県木曽郡木曽町新開6013-1
電話:0264-27-6150
営業時間:10:00~19:00
定休日:木曜
入浴料:大人620円 小人410円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

東の隠れた温泉大国「山梨県」を離れ、「長野県」に入ります。
ここ長野県も、温泉はええ泉質が湧き立つ地なんですよね。
なので宿泊ホテルでの朝風呂も含めて、この日5つ目の温泉はしごとなりますけど、
行程上、頑張ってもう1つ入浴いたしましょう。
「リゾートホテル蓼科」に立ち寄りました。

芸術センス抜群のかけ流し日帰り入浴!リゾートホテル蓼科 蓼科温泉(長野県茅野市)

相当大きなホテルです。
で、なぜこちらに立ち寄ったのかはこちらですね。


私の温泉バイブル本「まっとうな温泉」が使えたため。
日帰り入浴料800円が無料となります。

館内に入ると、あちこちに彫刻品があります。
芸術センス抜群のかけ流し日帰り入浴!リゾートホテル蓼科 蓼科温泉(長野県茅野市)

この説明書き。
芸術センス抜群のかけ流し日帰り入浴!リゾートホテル蓼科 蓼科温泉(長野県茅野市)

またこちらのホテル外を出ると・・・
芸術センス抜群のかけ流し日帰り入浴!リゾートホテル蓼科 蓼科温泉(長野県茅野市)

彫刻公園になっております。
芸術センス抜群のかけ流し日帰り入浴!リゾートホテル蓼科 蓼科温泉(長野県茅野市)

そしてプールも。
芸術センス抜群のかけ流し日帰り入浴!リゾートホテル蓼科 蓼科温泉(長野県茅野市)

宿泊して楽しめるように色々と工夫されてますね。
ただ、私は温泉目的なので、そそくさと浴場に向かいます。

こちらが内湯。
芸術センス抜群のかけ流し日帰り入浴!リゾートホテル蓼科 蓼科温泉(長野県茅野市)

こちらの浴槽と、トルマリン風呂という、2つの浴槽がありました。
まず、この写真の浴槽に浸かってみると、結構熱めのさっぱりしたお湯です。

泉質表で分析してみましょう。
芸術センス抜群のかけ流し日帰り入浴!リゾートホテル蓼科 蓼科温泉(長野県茅野市)

もう1枚。
芸術センス抜群のかけ流し日帰り入浴!リゾートホテル蓼科 蓼科温泉(長野県茅野市)

酸性-含硫黄-ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉(酸性低張性高温泉)[硫化水素型] 。
源泉温度58.6度で、加水されております、PH値は書いてなかったですね。
ただ酸性の少しピリッと感は感じられました。

こちらが露天。
芸術センス抜群のかけ流し日帰り入浴!リゾートホテル蓼科 蓼科温泉(長野県茅野市)

檜の樽風呂になっています。
こちらも熱めの無色透明湯。
私は、ぬるめのドロドロもしくはヌルヌルタイプが好きなので、
あまりこちらの泉質は合いませんでした。
あと、周りの景色も見渡せる造りにはなってなかったですね。

全体的に、お上品なホテルで、宿泊するにはええなと思いますけど、
お風呂自体は、加水もされているし、あまり魅力はないかなと思います。
この温泉本に掲載されてるだけに、ハードルを上げ過ぎたかもしれませんが・・・

住所:長野県茅野市北山4035
電話:0266-67-2626
日帰り入浴時間:15:00~22:00
定休日:無休
日帰り入浴料:大人800円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。