関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

乗鞍高原近辺の温泉を1つ堪能。
しかし、そちらは日帰り専用施設で、ゴールデンウィーク期間中でもあり、
とんでもない人でごった返していました。
ぼーっと、ゆっくり山々の景色を眺めながらの温浴をしたかったので、
こちらの宿の日帰り入浴を利用します。
「坂巻温泉旅館」です。

坂巻温泉旅館(長野松本上高地)

場所は、高山⇔松本の国道沿いにある宿なんですけど、
ちょうど高山方面から来ると、トンネルの入り口、
松本方面から来ると、トンネルの出口すぐってな立地で、
非常に分かりにくい所にありますね。
交通量は多いのに辺鄙な雰囲気を持つ一軒宿です。

こちらが、館内の廊下。
坂巻温泉旅館(長野松本上高地)

この鄙びた感が、山間の温泉宿風情がたっぷり。

まずは内湯より。
坂巻温泉旅館(長野松本上高地)

実はこちらの宿、内湯と露天とが全く別の場所にあります。
両方入るとなると、いちいち着替えなければならず、少し面倒ですね。
またご覧の通りのシンプルな浴槽です。

ただし、その湯は力強い。
坂巻温泉旅館(長野松本上高地)

その泉質を見てみましょう。
坂巻温泉旅館(長野松本上高地)

もう一つ。
坂巻温泉旅館(長野松本上高地)

さらにもう1枚。
坂巻温泉旅館(長野松本上高地)

ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉。
源泉温度は67.5度、PH値6.6の低張性中性高温泉です。
温度が高いので加水はされておりますが、かけ流しのお湯です。

まずはその内湯に浸かります。
坂巻温泉旅館(長野松本上高地)

加水されているといえど、ぬるめ好きな私には結構熱い。
しかし、見事なくらいに湯の華が舞っていますね。
中性のお湯なので、浴感はさっぱりと特徴はないんですが、
ほのかな硫黄の香りといい、さすがの泉質を感じます。

簡単に着替え直して、露天に向かいましょう。
坂巻温泉旅館(長野松本上高地)

露天には館内から外に出て、階段を降りていくのですが、
男湯はまあ丸見えですね(^^;)
その分、景色はええでしょうが。

なかなか立派な露天風呂です。
坂巻温泉旅館(長野松本上高地)

山々の景色も見渡せますし、日帰りの入浴客も他に1人だけでした。
こうして過ごしたいなと思ってたイメージとぴったりで嬉しい。

こっちのお湯も内湯と変わらないのかな。
坂巻温泉旅館(長野松本上高地)

いくぶん薄めに感じました。
また投入口付近は相当熱く、私には近寄れなかったですけど、
かけ流しの出口付近はまったりできる温度。
そちらに陣取ってぼーっとした時間。
生きていて、一番至福の時間ですね。
酒飲むよりなにより、露天風呂でええ泉質に浸かってるときが私は一番幸せ。

うん、泉質的には上々やし、露天の雰囲気もいい。
ただレベルの高い、奥飛騨・上高地・乗鞍近辺の温泉ですから、
立ち寄り湯としては、もう少し他の何かが欲しいところ。
しかし、鄙びた温泉雰囲気に浸りたい方には格好な温泉宿ですよ。

住所:長野県松本市安曇上高地4460
電話:0263-95-2453
営業時間:露天風呂9:00~16:00 内湯11:00~16:00
定休日:不定休
日帰り入浴料:大人500円 小人(小学生以下)300円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

乗鞍高原に到着。
この近辺の硫黄泉は、非常に私は好き。
白骨温泉なんぞはモロタイプですね。
そんな中、以前から行ってみようと思ってた施設。
乗鞍高原温泉「湯けむり館」にやって来ました。

乗鞍高原温泉 湯けむり館(長野松本)

オープンの9:30少し前に到着しましたが、
駐車場には結構な車が・・・
このこじんまりとした施設の割には、
相当人気の日帰り温泉施設ですね。

温浴にレストラン、休憩所といった構成。
乗鞍高原温泉 湯けむり館(長野松本)

綺麗な施設なので、スーパー銭湯慣れした方にも大丈夫です。

さあ!混まないうちに、一目散に浴場に入ります。
乗鞍高原温泉 湯けむり館(長野松本)

こちらが内湯。

そして露天です。
乗鞍高原温泉 湯けむり館(長野松本)

浴場はこれだけ、他にサウナやジェットバスってもんはなく、
想像以上に狭いなって印象。
ただ、白濁したお湯とプンプンの硫黄の香りが、
私を惹き付けてくれますね。

その泉質表。
乗鞍高原温泉 湯けむり館(長野松本)

もう一つ。
乗鞍高原温泉 湯けむり館(長野松本)

単純硫黄泉[硫化水素型](低張性弱酸性高温泉)で、
源泉温度:46.4度で、PH値が3.12。
加温は時期によってしているとのことですが、完全源泉かけ流しです。
各温度計は、内湯が40度、露天が42度を指していました。

その露天からの風景。
乗鞍高原温泉 湯けむり館(長野松本)

乗鞍岳が綺麗に見えます。
しかし、この客の入りに対し、この露天は非常に狭い。
ほぼ常に満杯状態でした。

それに対して、内湯の景色。
乗鞍高原温泉 湯けむり館(長野松本)

こちらからも乗鞍岳他、山々の風景を眺めることができます。
こちらの浴槽の方がぬるく、そしてゆったりと広めなので、
私はもっぱらこちらで。
しかし、この泉質は酸性でさっぱりしているんですが、
硫黄成分がじわじわ浸透していくのが分かります。
気持ちええよな~

泉質は、全く申し分なし!!
しかし700円の入浴料をとる施設としてはどうでしょう?
この狭め露天と内湯のみですからね。
近くの白骨温泉まで行けば、800円でこちらの施設が利用できます。
白骨温泉「泡の湯旅館」の記事はこちら!

そしてなんといっても、全く同じ泉質をこちらでは無料なんですよ!
乗鞍高原温泉「せせらぎの湯」の記事はこちら!

そう考えると、朝一番の混まない時間帯に「せせらぎの湯」を堪能し、
その後、白骨温泉へ向い「泡の湯旅館」で日帰り入浴が、
一番この近辺の温泉を楽しむベスト方法ではないでしょうか。

住所:長野県松本市安曇鈴蘭4306-6
電話:0263-93-2589
営業時間:9:30~21:00(受付は20:00まで)
定休日:無休
入浴料:大人700円(中学生以上) 小人300円(3歳以上)


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

今回GW、奥飛騨方面への旅、最初の立ち寄り湯。
道中は下呂温泉を通るので、下呂の温泉街にしようかなと思ったのですが、
まあゴールデンウィークは人でいっぱいやろなと思ったのと、
下呂温泉の泉質は、さほどええとは思わないんですね。
ですので、かなりはずれたところにあるこちらにお邪魔。
岐阜下島温泉「巌立峡ひめしゃがの湯」です。

岐阜 下島温泉 巌立峡ひめしゃがの湯(岐阜下呂)

下呂の温泉街からは車で20分くらい離れているかな。
こんなはずれやからあまり人来ないやろうと思ったら駐車場は満杯状態。
相当人気のある施設です。

駐車場にはこんな列車の展示が。
岐阜 下島温泉 巌立峡ひめしゃがの湯(岐阜下呂)

昔、木材を運ぶのに、レール敷いて走らせていたんですね。

施設はかなりでかい。
岐阜 下島温泉 巌立峡ひめしゃがの湯(岐阜下呂)

お土産物売り場、レストランなど附帯施設が結構なスペースあります。

さあ、いざ!浴場へ。
こちらがその泉質表です。
岐阜 下島温泉 巌立峡ひめしゃがの湯(岐阜下呂)

ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉(低張性中性高温泉)。
ん?こちらの泉質は24度と冷たいと事前調査ではあったんですけど、
この泉質表見ると、加温後のなんですね。
46.0度でPH値6.67です。
その色合いは茶褐色で温泉らしい色合い。
ただ、内湯は、加温循環の湯では魅力は半減・・・

しかし!
岐阜 下島温泉 巌立峡ひめしゃがの湯(岐阜下呂)

源泉かけ流し浴槽があるんですよ。
内湯には2,3人入ればいっぱいの小さい浴槽。
そして露天にはご覧のような感じの大きな浴槽があります。
その源泉温度は24.6度と表記がありました。

その露天に浸かってみる。
岐阜 下島温泉 巌立峡ひめしゃがの湯(岐阜下呂)

うっ!冷たい・・・
さすがにこの温度は入りたてはちょっと勇気いりますね。
しかし、いざ浸かってみると、さすがの温泉力量。
金気臭もたっぷりで、鉄分の温泉やな~

それにこの露天はボコボコと湧きだしているんですが、
その付近は炭酸のシュワシュワ感もすごいんですよ。
いや~この泉質はすごい!

そっからの景色はこんな感じ。
岐阜 下島温泉 巌立峡ひめしゃがの湯(岐阜下呂)

山々の景色が岐阜の山間にやって来たな~って感。

施設を出ると・・・
岐阜 下島温泉 巌立峡ひめしゃがの湯(岐阜下呂)

こんな飲泉所がありました。

こちらがその温泉成分書。
岐阜 下島温泉 巌立峡ひめしゃがの湯(岐阜下呂)

源泉かけ流し浴槽のと一緒ですね。

そして説明書き。
岐阜 下島温泉 巌立峡ひめしゃがの湯(岐阜下呂)

一杯飲んでみましたが、うん、
炭酸のシュワシュワ感が口の中に拡がります。
もっとえぐみがあるかなと思いましたがさほどではなく、
塩っ気のある炭酸飲料って感じ(決して美味しくはない)。

私はぬるめ、冷たい(って言っても20度以上)温泉が大好き。
なので、この源泉かけ流しはめっちゃお気に入りですね。
ただ、冬にこの源泉かけ流し露天に入る勇気はないな。
このGWの日中でも、足だけ入れて退散の方が4分の3以上いてました。
夏に是非とも再訪して涼みたい温泉です。

住所:岐阜県下呂市小坂町落合1656
電話:0576-62-3434
営業時間:10:00~21:00(受付は20:30まで)
定休日:水曜日(祝日の場合は営業)
日帰り入浴:大人600円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★