関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

温泉宿予約

三朝温泉は鳥取一の温泉観光地ですよね。
私はこういう人気温泉地の賑わいが好きで、
そういう町並みをぶらぶら歩くのが、旅に行くと楽しみの一つです。
今回も、ぶらっと三朝の町を散策した後に訪れたのがここ、
ブランナールみささです。

ブランナールみささ(鳥取三朝温泉)源泉かけ流し露天風呂

町営の国民宿舎なんですけど、結構、建物は立派。
さーて、日帰り入浴しますかっと玄関に向かうと立て札が・・・
連休中日で、日帰り入浴を制限しているようで、
その日は15時半までしか受付やっていないとのこと。

別の日帰り探そうかと思ったんですけど・・・
ブランナールみささ(鳥取三朝温泉)源泉かけ流し露天風呂

その反対側、目の前に露天風呂があるではないか。
それも源泉かけ流しで、入浴料は100円!!
こりゃ、ここでええわって料金箱に100円を投入して中へ。

注意書き。
ブランナールみささ(鳥取三朝温泉)源泉かけ流し露天風呂

泉質表らしきもんはなかったので、内湯の情報を拝借。
三朝町有配湯用混合泉 含弱放射能-ナトリウム-塩化物泉で、
源泉温度38.3度でPh7.6の泉質です。
三朝温泉らしい、ラドン泉質をそのまま味わえるなんてね♪

こちらが浴槽。
ブランナールみささ(鳥取三朝温泉)源泉かけ流し露天風呂

この正方形の浴槽が一つだけです。
さっと足を入れてみると、んんっ、なんじゃこれ!!
めっちゃくちゃ熱いんですよ。
おもわず、すぐに上がりましたが、足がまっ赤。
45度ならなんとか私も入れる温度ですから、それ以上。

投入口に近いところに入ったからかもと一番遠い所で慎重に・・・
ブランナールみささ(鳥取三朝温泉)源泉かけ流し露天風呂

じわじわ体を沈めていくと、なんとか我慢できます。
しかし、全く長湯はできません、3分が限度。
ラドン泉質もどうかなんて、この温度じゃ全く分かりはしない。
まあ、元々、この泉質ってさらっとしてますしね。

周りの景色は立つと、見えるって程度。
ブランナールみささ(鳥取三朝温泉)源泉かけ流し露天風呂

しかし、こんな街中で丸見えは困るしね(^^;)

まあ、100円の施設っていえば、まあそんなもんかってとこ。
この温度ではものの10分も持たずに退散ですし、
景色を眺めるってわけでもないですしね。
ならば、この日も休日で大盛況でしたから、
河原風呂にでもいきましょう。
一人でここ入るのは勇気入りますが、誰か入っていれば、
観光客にじろじろ見られますが、男ならなんてことないでしょう。
鳥取三朝温泉、河原風呂の記事はこちら!

住所:鳥取県東伯郡三朝町三朝388-1
電話:0858-43-2211
日帰り入浴時間:10:30~21:00
定休日:無休
日帰り入浴料:大人500円 小人250円
(外の露天風呂は100円)


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
スポンサーサイト
記事編集

温泉宿予約

山陰の旅、蒜山高原をぶらっとドライブ中。
この高原の景色を眺めながら入る露天風呂ってないかな~と検索しました。
すると、露天風呂ではないが、建物の最上階に展望風呂がある宿を発見。
こちらで休憩しましょう、休暇村「蒜山高原」です。

休暇村 蒜山高原(岡山真庭)

公共の施設ですから、ちょっとくたびれた感じをイメージしてたんですが、
こちらの施設は新しくて非常に立派。
なので宿泊、休憩客でめちゃめちゃごった返していましたね。

温泉の泉質。
休暇村 蒜山高原(岡山真庭)

もうひとつ。
休暇村 蒜山高原(岡山真庭)

単純弱放射能泉(ラドン泉)で、泉温25.1度、PH8.2。
加水はされておりませんが、この温度ですから加温はありますし、
循環ろ過、塩素消毒ありですので、泉質的にはあまり期待はできません。

こちらの施設の最上階にお風呂はあります。
休暇村 蒜山高原(岡山真庭)

この内風呂が1つのみ、あとサウナもついておりました。

お湯はちょっと黄色味がかった色をしておりますね。
休暇村 蒜山高原(岡山真庭)

ラドン泉質らしい香りとさらっとした泉質。
少々熱く加温し過ぎかなとも思いますが、
ポカポカ体の芯まで温まるタイプの温泉です。

こちらの注ぎ口付近が、一番フレッシュさを感じました。
休暇村 蒜山高原(岡山真庭)

私はあまりラドン泉質の温泉は浴感を感じられないので、
好みの泉質ではないんですけど、こちらの浸かってみた感じは、
なかなか自分に合っております。

それに窓からの景色がやっぱりいい!
休暇村 蒜山高原(岡山真庭)

この蒜山の緑が心を癒してくれますね。

そしてアメニティ類が高級旅館・ホテルにある馬油が置いています。
休暇村 蒜山高原(岡山真庭)

私、このシリーズ大好きなんですよ。
髪の毛でもしっとりと仕上がります。

泉質表では期待できないかなと思ったんですけど、自分には合っていたし、
景色も申し分なく、またアメニティも充実。
宿泊して何度も入りに来ようとは思いませんが、
500円の立ち寄り湯としては、充分過ぎる総合評価です。
蒜山散策での休憩には、絶好やと思いますよ。

住所:岡山県真庭市蒜山上福田1205-281
電話:0867-66-2501
日帰り入浴時間:11:00~18:00(毎週火曜日は15:00~18:00)
定休日:無休
日帰り入浴料:大人500円・小人(4歳以上)300円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

岡山湯原温泉が全国に有名なのは、この混浴があるからであろう。
岡山、湯原温泉「砂湯」の記事はこちら!

私も2度ほど利用したことがあるが、その開放感と、立地の行きやすさから、
無料混浴露天としては、関西では川湯温泉の千人風呂と共に、
評価の高い温泉である。

女性の混浴への敷居も、女性専用の脱衣の囲いもしっかりしてるし、
バスタオル巻きでの入浴もOK(但し水着は不可)であるから、
入りやすいとは思うんですけどね。

どうしても混浴は・・・って方には、こちらにも露天風呂があります。
下湯原温泉の「ひまわり館」にやって来ました。

下湯原温泉ひまわり館(岡山湯原温泉)

レストラン、おみやげ物コーナーも併設されているので、
道の駅みたいな施設です。

泉質表はこんな感じ。
下湯原温泉ひまわり館(岡山湯原温泉)

もう一つ。
下湯原温泉ひまわり館(岡山湯原温泉)

アルカリ性単純温泉で、源泉は38.8度、PH値9.5の泉質。
ただ残念は、加温されており、循環、塩素消毒ありと加工されています。
泉質表を見る限りは、湯原らしいアルカリ泉質なんだけどな~

その浴槽は一つだけ。
下湯原温泉ひまわり館(岡山湯原温泉)

この露天浴槽のみです。

さーて、浸かってみる。
下湯原温泉ひまわり館(岡山湯原温泉)

え?意外とツルツルしており、アルカリらしさがたっぷり。
さすがにもとの泉質がええんでしょうね。
加工されているとはいえ、これは立派です。
特に投入口付近のお湯にフレッシュさを感じました。

ただ、周りの景色は囲いがあるんで、残念。
下湯原温泉ひまわり館(岡山湯原温泉)

まあ、オープンな混浴露天やないから仕方ないか。

露天のみのシンプル構成ですが、その銭湯価格と、
湯原温泉らしさを感じる湯という点では、
合格点の日帰り施設やと思います。
まあ、しかし、私は砂湯をオススメしますね(^^)
敷居は低いですよ。

住所:岡山県真庭市下湯原24-1
電話:0867-62-7080
営業時間:10:00~22:00(冬期:~21:00)
定休日:無休
入浴料:大人420円 小人210円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。