関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

今回の旅1日目は島根の山奥の方をぶらりと。
目指すは、船通山です。
この近辺も温泉が豊富にありますね。
その中からチョイスしたのは船通山斐乃上荘「ヴィラ船通山」です。

船通山斐乃上荘 ヴィラ船通山(島根奥出雲)

もっと山の中かなと思ったんですけど、車がすれ違えるだけの広さの道路もあり、
すんなり到着できました。
見た目はひっそり佇む、ちょっと鄙びた感じの宿です。

受付前のおみやげ物品の陳列も質素な感じ。
船通山斐乃上荘 ヴィラ船通山(島根奥出雲)

3連休初日なのに、客もまばらでひっそりしてます。

受付で日帰り入浴の手続きを済ませ、大浴場へ。
船通山斐乃上荘 ヴィラ船通山(島根奥出雲)

露天もなく、お風呂はこの1つだけです。
シンプルすぎるかな。
もしここの宿に宿泊したとすれば、
このお風呂だけでは私は満足できないでしょう。

しかし泉質がよければね。
船通山斐乃上荘 ヴィラ船通山(島根奥出雲)

へえ~日本三大美肌の湯なんですって。
嬉野温泉も喜連川温泉も相当有名な温泉地ですよ。
そこと肩を並べるのってすごい。
しかし、ここの名前だけは私は知らなかったですけど(^^;)

もう一つ。
船通山斐乃上荘 ヴィラ船通山(島根奥出雲)

アルカリ性単純温泉で、源泉温度は26.3度と低め。
しかし特筆すべきはPH9.9の相当アルカリ寄りの泉質です。
ただ、加温あり・循環ろ過あり・塩素消毒ありの加工されております。

浸かってみても、その加工感は顕著。
船通山斐乃上荘 ヴィラ船通山(島根奥出雲)

わずかにアルカリのヌルヌル感は感じられるけど、
循環により非常に薄まった感じ。
泉質的には、別のここまで山の中に来なくても、都心でもあるよな。

ただ、窓が大きく、景色はええですね。
船通山斐乃上荘 ヴィラ船通山(島根奥出雲)

露天に入っているような気分にさせてくれます。

うーん。。。山の中の温泉ってことで期待し過ぎたか。
泉質的にも、施設的にも満足感は得られず。
ここに宿泊に来る人はどういう目的で来るのかなって疑問です。

住所:島根県仁多郡奥出雲町竹崎1843-2
電話:0854-52-0234
営業時間:10:00~19:30
定休日:無休
入浴料:大人400円・小人200円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

大阪のスーパー銭湯では、私の評価は最高レベルのこちらのお店。
何がいいってのは、まず、岩盤浴がゆったり無制限で利用できること。
そして、その後落ち着いて休めるリクライニングルームがあること。
さらに、ぬるめの源泉浴槽があること。
なので、ゆったり1日利用するには、ここが一番ええな~って評価です。
羽曳野にあります、天然温泉「延羽の湯」にやって来ました。

天然温泉 延羽の湯(大阪羽曳野)スーパー銭湯

パチンコ屋の経営なので、パチンコ屋が併設されており、
駐車場も巨大です。

まずは岩盤浴より。
ここの岩盤浴は色んな部屋があるってわけでもありませんが、
非常にゆったりくつろげる空間を作っています。
あ、もちろん時間無制限で利用できますし、
置いている漫画、雑誌をその岩盤浴に持ち込むことも可。

そして何よりもすごいのが、こちらの部屋。
天然温泉 延羽の湯(大阪羽曳野)スーパー銭湯

「離楽房」って名前の部屋です。
見てくださいな、このフカフカのゆったりしたリクライニングシート!
ここの入り口にも雑誌を置いていたりしてくれています。
そして、サウナ着も、もう一着着替えにもらえますので、
汗でびっちょりのサウナ着でなくとも、ここでくつろげますよ。

さーて、温泉はどうでしょう?
天然温泉 延羽の湯(大阪羽曳野)スーパー銭湯

こちらが泉質表ですが、源泉温度28.9度、PH7.99のアルカリ単純泉です。

その浴槽の構成は?
天然温泉 延羽の湯(大阪羽曳野)スーパー銭湯

もう一つ。
天然温泉 延羽の湯(大阪羽曳野)スーパー銭湯

露天に一つ、こちらの源泉かけ流し浴槽があります。
もとの源泉が温度低いので冬場は加温されていますが、基本はそのまま。
この時は35度くらいに感じましたので、加温はされていましたね。
あと、露天に加温、循環の浴槽を揃えています。

内湯は申し訳ない程度のしかありません。
天然温泉 延羽の湯(大阪羽曳野)スーパー銭湯

白湯ですし、ここは完全にスルー。

露天の大浴槽。
天然温泉 延羽の湯(大阪羽曳野)スーパー銭湯

この露天の配置は素晴らしいですね。
特に源泉浴槽の泉質が素晴らしく、街中のスーパー銭湯では高レベルです。

岩盤浴も合わせて、合計5時間近く滞在。
フカフカのリクライニングが大のお気に入り。
大阪のスーパー銭湯では、一番の高い得点をつけることができる施設です。

住所:大阪府羽曳野市広瀬186-3
電話:072-950-1126
営業時間:10:00~翌1:00(最終受付は0時、「薬石汗蒸房」は23時)
定休日:年中無休
入浴料金(フェイスタオル付):大人(中学生以上)800円
小人(小学生以下)400円 3歳以下無料
薬石汗蒸房(館内着、バスタオル付):大人800円 小人500円 3歳以下無料


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

全国源泉かけ流しの共同浴場の旅。
はい、こういう地元民に愛されている公衆浴場を巡るのが大好きな私。
旅館の立ち寄り湯で、ゆったり源泉かけ流しを楽しむのもええですが、
鄙びた雰囲気の湯船で、ご常連さんの会話をBGMにするのも楽しい。
今回の旅ではこちらのお風呂がターゲットでした。
三瓶温泉を含むこの太田市の奥の方の温泉は、すこしぬるめの泉質なんですよ。
私はぬるめにまったりと浸かるのが好きですからね。
共同浴場「亀の湯」にお邪魔しました。

共同浴場 亀の湯(島根県太田市三瓶温泉)

場所は、三瓶温泉街からは離れており、住宅街の一角にあります。
なので、鶴の湯とは違い、地元民にしか知られていないような施設。
源泉かけ流しの湯って文字が、私を魅了してくれますね。

無人の施設です。
共同浴場 亀の湯(島根県太田市三瓶温泉)

入るとまず、料金箱がありますので、こちらに200円を投入。
そして脱衣所へ進みます。
あ、ロッカー(脱衣かごのみ)なんてもんはありませんので、
貴重品の管理には気をつけておいてください。

こちらが温泉成分表。
共同浴場 亀の湯(島根県太田市三瓶温泉)
共同浴場 亀の湯(島根県太田市三瓶温泉)

ナトリウム-塩化物泉(含塩化土類食塩泉)で源泉温度37.5度
使用位置は33度とかなりのぬるめ。
夏の暑い時期やったんで、この温度は私には適温です。
加温はされるようですが、それは夕方16時くらいからとのこと。
朝一番に行ったので、純粋な源泉かけ流しを味わえます。

って、浴場にウキウキしながら飛び込むと、あれ?湯がない??
共同浴場 亀の湯(島根県太田市三瓶温泉)

私が初めての入浴客やったようで、全然お湯が溜まっていません。
鄙びた楕円形の浴槽にはドバドバ源泉が投入されているんですけど、
全く、溜まりそうな気配がない。
で浴槽の底の横あたりを見るとそこに穴が空いています。
この穴を塞ぐため用か、黒い煉瓦みたいなのがあったのでそこを塞ぎました。

投入量も多いので、ようやくお湯が溜まり始めました。
共同浴場 亀の湯(島根県太田市三瓶温泉)

しかし当面は、打たせ湯のようにお湯の感覚を楽しみます。
投入口の温度は、37度くらいと思ってたよりも温度は高い。
ただ、これは夏の暑い時期やったのもあるかもしれません。

溜まったお湯は撮るの忘れました・・・
ようやく座って腰が浸かる程度になりますと、
投入口では透明なお湯だったのが、空気に触れることで酸化が始まり、
茶褐色にみるみるうちに色が変化していきます。
そして、金気臭を非常に感じますので、鉄分が多いのが分かります。
ホント土の中から湧いて出たフレッシュなお湯だな~
これほどまでに新鮮なお湯に巡り会えることもなかなかないだけに、
瞑想しつつ、肩まで湯が溜まるのを待ちました。

200円で堪能できるお湯としては極上過ぎます。
施設としては古くて、清掃も行き届いていないので、
スーパー銭湯に慣れている方にはオススメはできません。
しかし、私のように、ぬるくて、とにかく濃い~源泉かけ流しに浸かりたい!
って方には、ばっちり合う公衆浴場ですよ。

住所:島根県大田市三瓶町志学ロ357-1
電話:0854-83-2537
営業時間:9:30~21:30
定休日:無休
入浴料:200円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

自然に湧き出している温泉って日本各地にありますよね。
お風呂がなによりも好きなので、
温泉天国の日本に生まれてきてよかったな~って思うわたくし。
全国津々浦々、そういった自然の野湯で車ですぐ行けそうなところには、
近くを通る機会があれば、必ず寄ります。
今回の島根旅でも、車でお手軽にいける自然露天風呂を発見。
出雲湯村温泉にあります「川原の湯」です。

出雲湯村温泉 川原の湯(島根雲南)混浴自然露天風呂

はい、見ての通り、川沿いにあります。
ちっちゃな温泉街の出雲湯村温泉ですが、
湯村温泉にある共同湯から、少し上流に位置しております。

その共同湯の元湯はこんな建物です。
出雲湯村温泉 川原の湯(島根雲南)混浴自然露天風呂

そっから車で50mほど上流に行くとこんな感じ。

ちょうど左手に駐車場があるので、そちらに停めて木の階段で川へ降ります。
出雲湯村温泉 川原の湯(島根雲南)混浴自然露天風呂

するとご覧のような風景が。
出雲湯村温泉 川原の湯(島根雲南)混浴自然露天風呂

朝早くに来たので、他には誰もおられません。
ここに入るのかな?と温度を確認すると、40度程度のなかなかの適温。

誰も周りにいないし、独り占め~
出雲湯村温泉 川原の湯(島根雲南)混浴自然露天風呂

浸かると、うん、夏場やと熱くもなく冷たくもなくで、気持ちいい~
しかし、虫がさすがに多いな。蚊の襲来も結構ありました。
逆に冬場ですと、虫がいない分、ちょっと寒いかなって思います。

こんな感じで、底からプクプク湧き出しています。
出雲湯村温泉 川原の湯(島根雲南)混浴自然露天風呂

泉質的にはよく分かりません。
元の温度が高く、川の水で加水されているって感じでしょうか。

川とほぼ直結しているので、少しでも増水したらダメでしょう。
出雲湯村温泉 川原の湯(島根雲南)混浴自然露天風呂

浸かってみた感じも、川の水、独特の匂いもしておりました。

しかし、景色はええですね。
出雲湯村温泉 川原の湯(島根雲南)混浴自然露天風呂

いかにも田舎の山の中って感じ。
あと、底に苔がある箇所があり、滑りやすいので注意しておいたほうがええです、

まあ、自然の露天風呂ってことで勿論、混浴ですが、
私のように誰もいないような早朝を狙わないと、女性の入浴は敷居高いでしょうね。
着替える場所なんて岩の上でやし、周りからも丸見えです。
湯加減はちょうどええ感じですけど、泉質は川の水が入り込んでいる分、
期待度を高く持っていったら裏切られることになりますのでご注意を。

住所:島根県雲南市木次町湯村1336番地あたり
電話:なし
営業時間:24時間
定休日:なし
入浴料:無料


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

関西圏の泉質がいいと評判の日帰り温泉は、ほぼ私は行き尽くした感。
ただ、唯一ここだけ残っていたんですね。
ちょっとぬるめの泉質が大好きな私なだけに、絶対行きたい温泉でした。
夏の暑い時期にようやく時間が合い訪問できました。
入之波温泉湯元「山鳩湯」です。

入之波温泉湯元 山鳩湯(奈良川上村)

実際もっと山奥かと思っていたけど、それほどではないですね。
大阪からは、十津川とか行くよりも遙かに近いです。

建物自体は古め。
入之波温泉湯元 山鳩湯(奈良川上村)

山奥の秘湯っぽいイメージが漂っています。

日帰り入浴料700円を支払い中へ。
入之波温泉湯元 山鳩湯(奈良川上村)

宿泊もできるみたいですけど、
私はこういう山の中の鄙びた温泉旅館に泊まるのは、
あまり好きではありません。
こういうとこは日帰りで来るのがええな。
さらに階段を下ると脱衣場がありますが、ロッカー式ではなく、
脱衣ケースがあるのみです。
貴重品は、脱衣場手前にある貴重品ロッカーに入れておく必要があります。
(ちなみにお金は戻ってきません)

この建物から見た、周りの景色。
入之波温泉湯元 山鳩湯(奈良川上村)

非常にのどかです。

さあ、内湯に入りましょう。
入之波温泉湯元 山鳩湯(奈良川上村)

見ての通り、茶褐色のいかにも濃そうな色合いでしょ(^^)

その泉質表。
入之波温泉湯元 山鳩湯(奈良川上村)
入之波温泉湯元 山鳩湯(奈良川上村)

ナトリウム炭酸水素塩・塩化物泉(中性、低張性、温泉)で、
源泉温度39.6度で、この温度のまま、どばどば投入されてかけ流されています。

その投入口。
入之波温泉湯元 山鳩湯(奈良川上村)

ここから飲泉可能となっているように、自然そのままの温泉です。
まず、この内湯に投入されて、その温泉はそのまま、露天に続いてました。

露天も同じような浴槽ですがこじんまり。
入之波温泉湯元 山鳩湯(奈良川上村)

5人も入ればいっぱいかな。
湯が濁っているので、いっぱいになると、
誰かの体に当たらないか、気を遣いますね。
それに、内湯よりさらにぬるめですから、
休日ほぼずっと空くことはありませんでした。
ざらに皆さん、30分くらい浸かっておられます。

露天からの風景。
入之波温泉湯元 山鳩湯(奈良川上村)

あまり見渡せるということはないです。

さすがに泉質は最高レベルの評価でしょう。
ぬるめ好きの私には全く文句のない泉質です。
ただ、入浴料700円+コインロッカー代100円は、
内湯と露天、各1つずつしかないこの設備では割高。
500円ですと、もっと大絶賛しているでしょうが、
その点、十津川あたりの力強さも感じられず、
マイナスポイントですね。

住所:奈良県吉野郡川上村入之波391
電話:07465-4-0262
営業時間:10:00~17:00
定休日:11月~3月末まで 火・水曜日 (祭日・正月・連休・お盆は営業)
4月~10月末まで 水曜日(祭日・連休・お盆は営業)
日帰り入浴料:大人700円 小学生以下400円/宿泊:1泊2食付11550円~
100円コインロッカーはリターンなし


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

難波で朝帰りのその日・・・
は、は、は、まーた朝まで飲んでしまった(^^)
飲み始めの時間が21時とかですと、自然と朝までになるな~
ま、次の日はなんも仕事ないからできるんですけどね。
ってことで以前からやろうと思っていたことを実行。

スパ&カプセルホテル スパディオ(大阪難波桜川)施設温泉編

こんなことをやってる、カプセル&スパがあるですよ。
朝食バイキングと朝風呂のセットで1200円。
これで、朝5時~昼12時まで滞在できます。
朝飯食って、風呂入って、リクライニングで仮眠・・・
なーんて至福な時間を送るために来訪、スパ&カプセルホテル「スパディオ」です。

スパ&カプセルホテル スパディオ(大阪難波桜川)施設温泉編

難波からはちょっと西に歩きますね。
駅では桜川駅のすぐ近くです。

フロントの様子。
スパ&カプセルホテル スパディオ(大阪難波桜川)施設温泉編

奥には無料のインターネットPCも置いてあり、
ちょっとした調べ物もできます。

大浴場はビルの中ですから、少し狭め。
スパ&カプセルホテル スパディオ(大阪難波桜川)施設温泉編

まあカプセルホテルの併設ですからこんなもんでしょう。

しかし半露天もあります。
スパ&カプセルホテル スパディオ(大阪難波桜川)施設温泉編

眺めはこんなの。
スパ&カプセルホテル スパディオ(大阪難波桜川)施設温泉編

まあ、街中のビルですから、期待はしてませんでしたけどね。

サウナももちろんあります。
スパ&カプセルホテル スパディオ(大阪難波桜川)施設温泉編

あと、塩サウナに、ラドン湯なんてのもありました。

で、泉質ですね。
スパ&カプセルホテル スパディオ(大阪難波桜川)施設温泉編

低張性弱アルカリ性の単純泉、源泉温度は38.7度でPH7.9
源泉自体があまり特徴ありませんが、
これをさらに加温、循環、塩素消毒させてますから白湯と変わらない。

けど・・・
スパ&カプセルホテル スパディオ(大阪難波桜川)施設温泉編

この表記見てなんじゃ?って思いましたよ。
「加温・減温」・・・「減温」って何????
この38.7度って源泉温度から、おそらく加水のことでしょうが、
こんな書き方してる温泉施設初めて見た。

さーてお風呂から上がって、一眠りしましょうか。
スパ&カプセルホテル スパディオ(大阪難波桜川)施設温泉編

まず、こちらの漫画が置いているコーナーでも仮眠してる人間多いですね。
ちょっとここでは寝られないなと上のリクライニングコーナーへ。
しかし、ここのリクライニングって席に液晶テレビがついているタイプじゃない。
テレビぼーっと眺めながら仮眠しようかと思ってた私としては、
これやったら、家に帰ってテレビ見ながら寝た方がええやんと結論。

大浴場も何度も入りたいと思わせてくれるような泉質、
そして設備でもなかったので、時間いっぱい満喫せずに帰路につきました。
施設としては何度も利用したいとは全く思いませんでしたね。

さーて、朝食バイキングはどうでしょうか?
スパ&カプセル スパディオ レストラン 朝食バイキング編はこちら!

住所:大阪市浪速区桜川2-1-1
電話:06-6563-4126
営業時間:24時間
定休日:無休


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★