関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

大阪のスーパー銭湯は、なかなか源泉かけ流しにこだわっている施設は少ないです。
なので、散髪とセットでないと、最近は足が向かなくなりました。
泉質にこだわるならば、1ヶ月に1回ぐらい遠征する方がええもんね。
ただ、こちらの堺の施設は源泉かけ流しとのこと。
ちょっと値段は高いかなと思いつつ、行ってみることに。
サウナ&温泉プール コパーナ(COPANA)です。

サウナ&温泉プール コパーナ[COPANA](大阪堺)

料金は1200円とお高めですけど、24時間営業でリクライニングの部屋もあるってことで、
PC持ち込んで、温泉三昧と仕事と両立できればとやって来ました。

お風呂は内湯のみ。
サウナ&温泉プール コパーナ[COPANA](大阪堺)

この規模の施設で、露天がないのもちょっと寂しいです。
この写真は上がり湯で温泉ではない、少しにぬるめの湯。

さーて、目的の源泉かけ流しへ!
サウナ&温泉プール コパーナ[COPANA](大阪堺)

まずは泉質表をチェックします。
単純アルカリ温泉で、源泉温度45.6度、PH8.0のお湯です。
加水加温はありませんが、塩素消毒はありのかけ流しです。

その源泉浴槽。
サウナ&温泉プール コパーナ[COPANA](大阪堺)

一番奥に位置しており、透明黄褐色の湯。
これが両脇からどばどばとかけ流されていきます。
塩素臭は全く感じないくらいの天然温泉の香りたっぷりで、
さすがに評判通りでありますね。
ただ、ぬるめ好きの私には少し熱いな~もとが45度以上ありますから、
42~43度くらいに感じます。

サウナは3種類ありました。
サウナ&温泉プール コパーナ[COPANA](大阪堺)

私はサウナと露天の寝ころび場の交互って使い方が好きなので、
露天がなかったのは大きなマイナスポイントだな。

で、温水プール。
サウナ&温泉プール コパーナ[COPANA](大阪堺)

こちらは利用しておりません、写真のみ。

そして地下の仮眠ルーム。
サウナ&温泉プール コパーナ[COPANA](大阪堺)

いったらえらい静かやな~と思ったらテレビついてない・・・
あまり人もいなかったが、本当にくつろぐってタイプの部屋ではなくて、
その名の通り、寝るための部屋ですね。
ここでくつろごうとした私が間違いでした。

うーん・・・いかにも昭和の名残を感じるタイプの健康ランドかな。
地下のリクライングの部屋にテレビもないんがな~
泉質的にはうん、大阪のスーパー銭湯の中では高いレベルを保持しておりますが、
この値段の健康ランドとしての設備としては、物足りなさ過ぎる。
ならば、羽曳野の「延羽の湯」でリクライニング付きにする方がお得感ありますね。
大阪羽曳野「延羽の湯」の記事はこちら!

住所:大阪府堺市堺区中之町東3-1-25
電話:072-221-4555
営業時間:24時間
定休日:年中無休
入浴料:大人(男女12歳~)1200円 小人(男女0歳~)800円
◆深夜料金 24:00以降のご入館(男性のみ)1000円加算
※~24:00までのご入館=27:00(深夜3:00)まで追加料金は不要です。
※女性は深夜の時間、滞在不可


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

2ヶ月に1回の散髪時期・・・
私はスーパー銭湯併設のカットサロンでカット後、
露天でうだーっとやるのが好きなので、必ずそういう所に行きます。
今回も新たな施設でそれをやろうかなと。
大阪市内で検索するとここがそうですね。
JR平野駅からすぐの、やまとの湯「平野店」です。

やまとの湯 平野店(大阪)スーパー銭湯

私はあまりこういうチェーン系のスーパー銭湯は好きではないのだが、
ここは独自源泉で、全てのお湯が温泉浴槽なんだとか。
ってことで少し泉質にも期待してやって来ました。

施設は清潔で非常に綺麗。
やまとの湯 平野店(大阪)スーパー銭湯

私なんかきちゃない公衆浴場巡りでも平気な人間ですので、
こういう所はあまり気にしませんが、
浴場施設は綺麗でないとって思っている方には最適やと思います。

浴場入っての内湯。
やまとの湯 平野店(大阪)スーパー銭湯

なるほど、ちょっと緑がかった色をしておりますね。
ジェットバス系も壁際にありますが、そちらも同じ湯みたいです。

その泉質。
やまとの湯 平野店(大阪)スーパー銭湯

もう一つ。
やまとの湯 平野店(大阪)スーパー銭湯

低張性弱アルカリ性中温泉で、温度は38.2度。
加水はされておらず、加温のみの循環塩素消毒ありです。
浸かってみてもその泉質は顕著に分かりますね。
ツルツル感はあるけれど、わずかにだけ。
この温度ならば、ぬるい源泉浴槽もできそうなのに残念。

露天の主浴槽。
やまとの湯 平野店(大阪)スーパー銭湯

テレビはついておらず、オーソドックス。
私はこう景色も泉質も楽しめない露天ならば、
テレビついているほうがええんですけどね。

露天のつぼ湯。
やまとの湯 平野店(大阪)スーパー銭湯

なので、もっぱらこっちに浸かっていたな~

湯上りにええもん発見。
やまとの湯 平野店(大阪)スーパー銭湯

レストランではドリンクバーが280円です。
私は、サウナと休憩の交互浴をよくやって水分失うので、
これはありがたい、がぶがぶと水分補給させてもらいました。

無難にどこにでもあるスーパー銭湯。
今回、平日の朝早くに行ったのですいていましたが、
全体的に手狭なイメージがあるので、土日祝は値段もあがるし、
あまり積極的に利用はしたくないかな。
ま、都心のスーパー銭湯ってこんなもんでしょう。

住所:大阪市平野区平野北2丁目1-70
電話:06-6794-4126
営業時間:10:00~翌1:00(入館は24:00まで)
定休日:年中無休
入浴料:1回券、大人、平日750円、土日祝800円。
温泉三昧券、大人、平日980円、土日祝1050円
※温泉三昧券のみ当日に限り何度でもご入浴いただけます。
(おとなのみ貸しウェア付き)また、いこいの間もご利用できます。


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

三重からの日帰りの帰宅時にここを通ることになっておりました。
それに合わせて、温泉博士を購入しておりましたので、ここの利用は無料。
その日の最後の仕上げ湯として利用しましょう、大宇陀温泉「あきののゆ」です。

大宇陀温泉 あきののゆ(奈良宇陀市)

周りは色々と公営の施設もあり、広々としています。

こちらが泉質表。
大宇陀温泉 あきののゆ(奈良宇陀市)

源泉温度34.11度のアルカリ性単純温泉。
加水はされておりませんが、加温循環塩素消毒ありです。
まあ、泉質はあまり期待していません。

まず、露天より。
大宇陀温泉 あきののゆ(奈良宇陀市)

広々とはしていますが、なーんか寂しげ・・・もの悲しい。
周りの景色も見えないので全然だな~
あ、和洋の2種類のタイプになっていて、男女日替わりなんだそうな。
今回は洋でした。
あと泉質もたいしたことありません。

内湯のあつ湯。
大宇陀温泉 あきののゆ(奈良宇陀市)

こちらも泉質的には同様。
熱いの苦手な私やし、これもいらないな。
あ、あと内湯にはサウナがありましたよ。

しかしこういう浴槽もありました。
大宇陀温泉 あきののゆ(奈良宇陀市)

ぬる湯~♪
30度台のぬるい温度大好きな私には絶好。
浸かってみると38,9度ぐらいに感じられ、長湯できます。
またここの浴槽が一番、アルカリのヌルツル感を感じました。

今回、洋のタイプにあたりましたが、ここは和の方がええみたいですね。
洋の露天は味気ない感じがしますが、和は岩風呂とのこと。
まあ、泉質はぬる湯が一番よかったので、ここに集中して長湯したらええでしょう。
サウナとぬる湯の交互浴は、結構楽しめると思いますよ。
まあ、遠くから遠征まで行く施設ではありませんが、
近くを通りがかったついで程度にはええと思います。

住所:奈良県宇陀市大宇陀拾生250-2
電話:0745-83-4126
営業時間:10:00~21:00(受付は20:30まで)
定休日:第2水曜日・木曜日(4・8月は無休)
施設利用料:大人(中学生以上)700円 小人(3歳~小学生)350円
※バーデゾーン利用料込み


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

車で遠征していると、必ず休憩ポイントにするのは道の駅。
あ、高速にのっているとサービスエリアも該当しますけどね。
トイレ行って、売店をぶらぶらしてると、その土地のご当地もんが色々眺められます。
食べ物大好きな私は、こういうんを眺めているだけで楽しいです。
今回、休憩に利用したのは、温泉が併設されている道の駅。
その施設が今回「温泉博士」の無料利用となっていたので、ここで休憩にしました。
飯高駅「いいたかの湯」香肌峡温泉です。

飯高駅 いいたかの湯 香肌峡温泉(三重県松阪)

まずはお土産物コーナーを色々と物色。
道の駅の産直コーナーは、いつ見てても心がウキウキしますです、はい(^^)

こちらがレストラン、天然温泉の入り口。
飯高駅 いいたかの湯 香肌峡温泉(三重県松阪)

まずは泉質表から分析しましょうか。
飯高駅 いいたかの湯 香肌峡温泉(三重県松阪)

もう一つ。
飯高駅 いいたかの湯 香肌峡温泉(三重県松阪)

含二酸化炭素-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩冷鉱泉(中性低張性冷鉱泉)。
源泉温度18.1度、PH値6.3です。
低温度なので、加温はもちろんされており、また循環塩素ありです。
しかし、もとが高濃度やから加水されているって・・・

こちらが内湯。
飯高駅 いいたかの湯 香肌峡温泉(三重県松阪)

結構広めでゆったりしています。
で、やはりどこの湯に浸かっても温泉感はないですね~
中央にある人工の薬草風呂が一番濃度が高いくらい。
あ、あとサウナもありました。

露天はこちらの大浴槽と・・・
飯高駅 いいたかの湯 香肌峡温泉(三重県松阪)

壷湯があります。
飯高駅 いいたかの湯 香肌峡温泉(三重県松阪)

こちら露天も温泉感はありませんね。

ただ山の中なので景色はええです。
飯高駅 いいたかの湯 香肌峡温泉(三重県松阪)

近くを川が流れており、のどかーな雰囲気出していますね。

まあ、のんびりとはしておりますし、施設自体も広めですので、
泉質にこだわりを持たなければゆったりできると思います。
サウナもありますしね。
露天も晴れていると気持ちええですし、
道の駅での休憩のついでにいかがでしょうか。

住所:三重県松阪市飯高町宮前177
電話:0598-46-1111
営業時間:10:00~21:00(最終受付 20:00)
定休日:水曜日(祝日の場合は翌日)
入浴料:大人:600円、小人:300円、65歳以上:400円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★