関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

北海道オロロンライン、日帰り入浴行脚。
こちらのホテルで最後となりました。
留萌市にあります「ホテル神居岩」です。

ホテル神居岩(北海道留萌市)皇源薬湯

場所はちょっとオロロンラインからは外れて、
内陸部の方になります。
ホテル自体は非常に鄙びた風情。
まあ、こんなところほど、泉質ええですからね。

その泉質表を見てみましょう。
ホテル神居岩(北海道留萌市)皇源薬湯

泉質は単純硫黄冷鉱泉(加温・循環)で、
源泉温度8.0度、PH値7.7です。

もう一種類あります。
ホテル神居岩(北海道留萌市)皇源薬湯

ナトリウム―塩化物泉(加温・循環・加水)で、
源泉温度28.5度、PH値7.8です。

せっかく異なる2種類の泉質あるのに、
加工されているのがイマイチ。

その浴槽構成はこんなのです。
ホテル神居岩(北海道留萌市)皇源薬湯

サウナに漢方薬湯もあるみたいですね。

浴槽は露天がなく、この内湯のみ。
ホテル神居岩(北海道留萌市)皇源薬湯

一番奥にあるのが大浴場。
表記では42度ですが、それ以上に感じます。
また完全に循環の泉質。
全く、源泉のよさは残ってないですね。
また小浴も同様の感想です。

サウナに水風呂。
ホテル神居岩(北海道留萌市)皇源薬湯

そして、私の大好きな漢方薬湯。
ホテル神居岩(北海道留萌市)皇源薬湯

説明書です。
ホテル神居岩(北海道留萌市)皇源薬湯

しかし、浸かってびっくり!
なんちゅう熱さでしょうか。
43度は確実にあります。
表記では39度になっているのに、これは熱過ぎ。
漢方薬湯はぬるめにゆったり浸かって、
体に浸透させたいのになあ~
温度管理全然できていないですね。

あと、休憩室どこやろ?って探していたら・・・
ホテル神居岩(北海道留萌市)皇源薬湯

安眠室って何?????
興味があったので、探してみたが見つけられませんでした。

いや~ある種パラダイスちっくな施設。
絶対、若い連中には受けないやろな~って思います。
この暗い鄙びた雰囲気は私には合わないですね。
もっとゆっくり漢方湯にでも浸かれたら、
もうちょい評価もアップしたんですけれども・・・

住所:北海道留萌市字神居岩495-1
電話:0164-42-3500
日帰り営業時間:10:00~23:00(月金は22:00まで)
定休日:無休
日帰り入浴料:大人500円 小人200円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

オロロンラインの温泉行脚。
こちらも道の駅併設の温泉施設です。
よく考えると、北海道ってこういう道の駅多いですね。
道の駅「風Wとままえ」に併設されています、
とままえ温泉 ふわっとです。

とままえ温泉 ふわっと(北海道苫前町 道の駅「風Wとままえ」)

周りはその名の通り、風力発電がいっぱいありますね。

泉質表。
とままえ温泉 ふわっと(北海道苫前町 道の駅「風Wとままえ」)

もうひとつ。
とままえ温泉 ふわっと(北海道苫前町 道の駅「風Wとままえ」)

源泉温度46.4度、PH値7.6の弱アルカリ泉。
この温度なのに加温となっているので、
不思議だなと思ったんですけど、
循環で冷めたのを熱交換で温めているみたいですね。

浴槽の構成図。
とままえ温泉 ふわっと(北海道苫前町 道の駅「風Wとままえ」)

面積としては狭いですけど、
一通り設備は整っていますね。

こちらが大浴場。
とままえ温泉 ふわっと(北海道苫前町 道の駅「風Wとままえ」)

まあ大浴場?って大きさですけどね。

こっちの内湯の方が大浴場らしいです。
とままえ温泉 ふわっと(北海道苫前町 道の駅「風Wとままえ」)

湯の色は緑がかった透明で、すごい塩っ気。
あと浴場内に充満している、臭素臭!!
あらためて泉質表見ると、臭素イオンが53.1!
硫黄とはまた違うすごい匂いですね。

サウナもあります。
とままえ温泉 ふわっと(北海道苫前町 道の駅「風Wとままえ」)

その隣にはリラックスルームもあります。
サウナ上がりに涼むのに最適でした。

こちらが露天風呂。
とままえ温泉 ふわっと(北海道苫前町 道の駅「風Wとままえ」)

こうやってみると、ここの温泉の濃さが分かりますね。
循環でここまでの質やと、源泉はどんなんやろって思います。

また景色もええんですよ。
とままえ温泉 ふわっと(北海道苫前町 道の駅「風Wとままえ」)

海に面していて、漁港を望めます。
とままえ温泉 ふわっと(北海道苫前町 道の駅「風Wとままえ」)

ちょっと海まで遠いですけど、
こうして遥か海原が見渡せるのは大きなポイント。
夕日なんて綺麗でしょうね。

湯上りにはリクライニングシートもありますよ。
とままえ温泉 ふわっと(北海道苫前町 道の駅「風Wとままえ」)

ぼーっとゆったりさせてもらいました。

循環ではあるけれど、かなり個性的な泉質。
そして、露天の眺望がええのもプラス点。
道の駅併設にしてはなかなかええと思いますよ。
一度、ここの臭素臭を嗅ぎに来て下さい(^^)

住所:北海道苫前郡苫前町苫前119-1
電話:0164-64-2810
日帰り営業時間:11:00~22:00(受付は21:30まで)
定休日:無休
日帰り入浴料:大人500円 小人250円
駐車場:77台(無料)


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

オロロンライン方面にやってきました。
この海沿いの景色は晴れていればなかなかのもん。
ずーーっと2時間ほど走り続けで疲れてきました。
ちょっと立ち寄り湯をしましょうか。
はぼろ温泉「サンセットプラザ」にやってきました。

はぼろ温泉 サンセットプラザ(北海道羽幌町)

見た目、巨大なリゾートマンションのよう。
海にも近く、名前もサンセットですもんね。

休憩処も広々です。
はぼろ温泉 サンセットプラザ(北海道羽幌町)

泉質表。
はぼろ温泉 サンセットプラザ(北海道羽幌町)

もう一つ、浴室の構成図。
はぼろ温泉 サンセットプラザ(北海道羽幌町)

ナトリウム-塩化物強塩泉。
源泉温度32.5度、PH値7.7.
加温の循環ろ過塩素消毒ありなんで、
あまり泉質には期待できそうもありません。

こちらが内湯の温泉。
はぼろ温泉 サンセットプラザ(北海道羽幌町)

さすがの強塩泉。
循環であっても、そのきつさは分かりますね。

白湯のジャグジー。
はぼろ温泉 サンセットプラザ(北海道羽幌町)

サウナもついています。
はぼろ温泉 サンセットプラザ(北海道羽幌町)

一通りスーパー銭湯並に設備は整っていますね。

露天は温泉水。
はぼろ温泉 サンセットプラザ(北海道羽幌町)

濁り湯で、体の芯まで温まるお湯です。

ただ、イマイチはこの景観。
はぼろ温泉 サンセットプラザ(北海道羽幌町)

せっかく海に近いのだから、
上の階にでも展望風呂を作ればいいのにって思うのですが。
海に夕日が沈む景色を望みながらの入浴は、
非常に気持ちええもんです。

まあ、全体的にまとまってるなって感じ。
及第点ではあっても、突出した特長がありません。
なので、敢えて、旅の途中に寄るまでではないですね。
ただ、この近辺は、なかなか泉質的にええとこないしな~

住所:北海道苫前郡羽幌町北3条1-29
電話:0164-62-3800
日帰り営業時間:10:00~22:00
定休日:無休
日帰り入浴料:大人550円 小人280円
駐車場:150台(無料)


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

道の駅併設の温泉施設・・・
お手軽に利用できるので、私の場合、
その日、車中泊する時の最後の仕上げ湯に利用することが多い。
ここもですね、そういう思い入れのある地。
実は、最初の北海道旅をした時に、
一番最初に車中泊した場所なんです。
2005年、北海道車中泊一周旅についてはこちら!

その時は、夜遅くに到着し、朝早くに出発したので、
ここの温泉は堪能できませんでした。
そんな思い出もあるので、今回、利用してみました。
道の駅「サンフラワー北竜」にあるサンフラワーパークホテルです。

サンフラワーパークホテル(北海道・道の駅「サンフラワー北竜」)

見た目、ご覧のように、西洋風の綺麗なホテル。
こちらの日帰り入浴ができます。

その泉質表。
サンフラワーパークホテル(北海道・道の駅「サンフラワー北竜」)

もう一つ。
サンフラワーパークホテル(北海道・道の駅「サンフラワー北竜」)

ナトリウムー塩化物泉(弱アルカリ性高張性温泉)。
源泉温度41.0度、PH値7.5。
源泉がちょうどええ温度なので、
ほとんど加水・加温することないんですけど、
残念ながら循環ろ過されています。

こちらが内湯。
サンフラワーパークホテル(北海道・道の駅「サンフラワー北竜」)

お湯は緑色がかった透明です。

北竜町らしく、温泉投入はドラゴン♪
サンフラワーパークホテル(北海道・道の駅「サンフラワー北竜」)

ジャグジーもサウナもあります。
サンフラワーパークホテル(北海道・道の駅「サンフラワー北竜」)

また、露天風呂も。
サンフラワーパークホテル(北海道・道の駅「サンフラワー北竜」)

内湯よりもこっちの方が温泉は濃く感じました。
サンフラワーパークホテル(北海道・道の駅「サンフラワー北竜」)

塩っ気を非常に感じます。
匂いもが岩塩風呂のような香りがします。

狭いながらも、日帰り客用の休憩処もありますね。
サンフラワーパークホテル(北海道・道の駅「サンフラワー北竜」)

こじんまりとはしておりますが、
なかなかよくまとまった温泉施設です。
循環なので、ほとんど白湯と変わらないかなと思ったが、
なかなか温泉感もありますし、
道の駅での休憩がてら、寄るのにええと思いますよ。

住所:北海道雨竜郡北竜町板谷163-2
電話:0164-34-3321
日帰り営業時間:9:30~22:00
定休日:無休
日帰り入浴料:大人500円 小人250円
駐車場:126台(無料)


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★