関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

ヌルメ好きな私にはすっごく虜になる山梨の温泉。
こちらもヌルメの温泉が完全源泉かけ流しで楽しめます。
非常に期待して訪問いたしました、「山口温泉」です。

山口温泉(山梨甲斐)

まず、こちらの施設は辿り着くのに往生しました。
カーナビで表示されている場所には看板のみ・・・
「山口温泉→」って表示されております。
おそらくその場所で迷われる車が多いんでしょうね。
しかし、その後の案内表示板が分岐点にはなく、
あっちゃこっちゃ探し廻りました。

ようやく到着で、500円を支払い、お風呂へ。
山口温泉(山梨甲斐)

脱衣場の壁には温泉の説明書があります。
とんでもない豊富な湯量ですね。
どの湯口からでも飲用できるっていう自信が素晴らしい。

その泉質表。
山口温泉(山梨甲斐)

ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉(低張性弱アルカリ泉)
温度は41.6度なので、そのまま投入で全く支障のない温度。
実際に湯に浸かった時の体感温度は40度ちょっと足りないくらいかな。

まず、こちらが内湯。
山口温泉(山梨甲斐)

緑色がかった透明なお湯が出迎えてくれます。
投入口を見ると本当にどばどば投入されており、
きちんと飲用カップも置いてあります。

浸かってみる。
山口温泉(山梨甲斐)

その湯の温度はまさに私の好み。
炭酸の泡付きも素晴らしく、弱アルカリのヌルツベもええ感じ。
こりゃ、すごい泉質ですね~気に入った!

こちらは露天。
山口温泉(山梨甲斐)

外気のせいか、内湯よりもさらに温度は低いように感じました。

あがってからの休憩所。
山口温泉(山梨甲斐)

なんとこの規模で有料でした・・・
この点、施設の古めかしさを感じるな。

温泉の質という点では、ヌルメ好きな人間ならば、
満点の点数をみな点けられるでしょう。
今回、まだまだ先を急ぐ旅であったので、30分ちょっとでお暇しましたが、
ホントは1時間でも滞在していたかったです。
ただ、ちょっと施設の老巧化が進んでいるかな・・・
スーパー銭湯の綺麗さを求めていくと失敗します。
街中の昔ながらの銭湯レベルと思いましょう。

住所:山梨県甲斐市篠原477
電話: 055-279-2611
営業時間:日帰り入浴 9:00~21:30(受付)
定休日:月曜(祝日は営業する場合あり)
入浴料:500円(3時間まで)


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

山梨はヌルメ温泉の宝庫。
ずっと行ってみたい地域でした。
その中でも非常に評判の高い温泉。
源泉温度は40度で、それが完全源泉かけ流しと聞くと、
是非立ち寄りたいと思いました。
韮崎市にあります「韮崎旭温泉」です。

韮崎旭温泉(山梨韮崎)

規模はそんなに大きくありません。
共同浴場を少し大きくしたぐらいかな。

泉質表。
韮崎旭温泉(山梨韮崎)

ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉。
源泉温度は40.0度なので、そのまま投入でも熱くもなくぬるくもなくで、
非常に理想的です。
今回まだまだ、夏の暑さが残る時期であったので、
自身としてはぬるいとも感じませんでした。

その温泉特性。
韮崎旭温泉(山梨韮崎)

そのお湯への自信が満ちあふれていると思います。

中は広めの内湯が一つのみです。
内湯といえど、窓が全面透明で、外の光りが燦々と差し込んでおり、
非常に明るいです。
お湯の色は鮮やかな緑色をした透明のお湯です。
浸かると、40度のお湯が気持ちよく体にヌルツルとまとわりついてきます。
そして、びっしりと泡々!!
体中への泡付きがすごく素晴らしいんですよ。
これほどまでにすごいのは、長湯温泉のラムネ温泉以来か。
大分竹田「ラムネ温泉」の記事はこちら!

湯口近くにやってきました。
韮崎旭温泉(山梨韮崎)

この投入量はすさまじい。
また、この投入口からの飲泉も可能であったので飲んでみると、
鉄の苦さを感じました。

小さな施設ですが、室内と室外とに休憩所もきちんとあります。
韮崎旭温泉(山梨韮崎)

室内は常連さんの場所取りが激しかったので、室外に。
遠くに富士山を眺めることができます。

評判通りの泉質。
今回、諏訪湖~甲府~静岡へ抜けるルートで温泉巡りしましたが、
中でも一番よかったと思います。
ただ、冬は熱め好きな方にはちょっと厳しいかなって温度です。
私はぬるめ好きですから、年中入っていたいと思う温泉ですね。
近所にあれば、1ヶ月に1回でも来たいよな~残念。

住所:山梨県韮崎市旭町上条中割391
電話:0551-23-6311
営業時間:10:00~21:00
定休日:火曜日
入浴料:600円


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

いや~「上諏訪街道呑みあるき」でとことん日本酒を堪能!
未だかつて、こんなに日本酒オンリーで量を飲んだ日はないと思います。
秋の「上諏訪街道呑みあるき」記事はこちらで。

ええ気持ちでホテルに戻ってきました。
まあ、こんだけ酒飲んでいると、夕食は勿論いらないし、
翌日朝食も二日酔いでいらないだろうと、素泊まりの高級宿を選択。
諏訪湖湖畔、高級ホテル街にある、ホテル「鷺乃湯」です。

ホテル 鷺乃湯(長野信州上諏訪温泉)

なんやかんや色々ドタバタ、酔っぱらいしておりまして、
部屋やらなんやら、全く写真撮れておりません・・・

こちらが中庭の風景。
ホテル 鷺乃湯(長野信州上諏訪温泉)

雨降る中戻ってきて、お風呂に直行したので、
レンズの下半分が濡れていたようです・・・
酔っぱらいの頭では気がつかなかった・・・
しかし、この宿が高級感あるってことは分かりますね。

こちらがその泉質表。
ホテル 鷺乃湯(長野信州上諏訪温泉)

こちらも同様に下半分、曇ってますね(^^;)
ナトリウムー炭酸水素塩温泉(中性低張性高温泉)で、源泉温度は46.9度。
内湯は加水、加温、循環、消毒であるが、
露天の一つに完全かけ流しの露天風呂があります。

まずは内湯。
ホテル 鷺乃湯(長野信州上諏訪温泉)

さすが高級旅館の趣のある内湯ですね。
ただ、循環の湯なので、温泉感は非常に薄いです。

こちらが露天の源泉かけ流し!
ホテル 鷺乃湯(長野信州上諏訪温泉)

桶風呂になっておりますので、たくさん人は入れません。
この規模なので、ここだけ源泉かけ流しにしているのだろう。
浸かってみると。。。熱い!!
やはり源泉47度をそのまま投入では、熱いの苦手な私には長く浸かっておれません。
ただ、さすがにここは茶褐色しており、わずかに硫黄の臭いも漂い、
温泉らしさがありますね。

もうひとつの露天はすごく広いです。
ホテル 鷺乃湯(長野信州上諏訪温泉)

こちらは循環湯ですが、ぬるかった。
まったり酒を抜くには、この程度にゆっくり浸かるのがいい。
ちょうど夕食時に入浴していたので、周りに誰もおらず寝入ってしまいました。
30分ぐらい寝たかな~、周りががやがやしてたのでびっくり!
外人の団体さんがい~っぱいいてました(^^;)

あがってからはカリン水なんてのも湯上がりサービスで置いており、
やっぱり高級旅館は、こういうサービス素晴らしいなと感心。
温泉の泉質自体は特筆すべきもんはないですけど、
ゆったり落ち着ける宿としては最高やと思います。
従業員さんの心配りも素晴らしいと思いますし、
また泊まりたい宿からと問われれば、Yesですね。

住所:長野県諏訪市湖岸通り3-2-14
電話:0266-52-0480
営業時間:日帰り入浴 13:00~16:00、18:00~21:00
定休日:無休
入浴料:1500円
宿泊1泊2食:10400~33600円


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

諏訪湖近くにある秘湯の宿。
この近辺に来ることがあれば是非とも寄りたいお湯であった。
朝10時の日帰り入浴開始と同時に訪問。
毒沢鉱泉「神乃湯」である。

毒沢鉱泉 神乃湯(長野信州下諏訪温泉)

まず、ここまで来るのには非常に傾斜のきつい坂を上るので、
雨の中でもあり、私の重い2WD車では大丈夫なのか少し心配しました。

なんとか到着。
毒沢鉱泉 神乃湯(長野信州下諏訪温泉)

秘湯を守る会の提灯が、その泉質のすごさを伺えますね。
諏訪湖パスポートを持っていたので、入浴料は500円に。
中へ向かいます。

古いながらも非常に綺麗にリフォームされていますね。
毒沢鉱泉 神乃湯(長野信州下諏訪温泉)

その名前の由来。
毒沢鉱泉 神乃湯(長野信州下諏訪温泉)

信玄の隠し湯と言われていた温泉である。

早速、浴槽へ。
毒沢鉱泉 神乃湯(長野信州下諏訪温泉)

見事な茶褐色のお湯が迎え入れてくれます。
その脇には、完全源泉かけ流しの冷鉱泉が。

その泉質表。
毒沢鉱泉 神乃湯(長野信州下諏訪温泉)

ここの源泉温度はなんと2度!!
いくらなんでも、浸かれるような温度ではない。
なので、茶褐色のお湯は、加温の循環濾過である。

まずはその循環のお湯へ。
毒沢鉱泉 神乃湯(長野信州下諏訪温泉)

もっと鉄の匂いがするかなと思ったら全然しない。
やはり循環ゆえに、色合いはそのままだが、
かなり泉質は劣化していますね。

気合いを入れて、冷鉱泉へ!
毒沢鉱泉 神乃湯(長野信州下諏訪温泉)

ぐっと我慢して、肩まで浸かります。
しかし、1分も持ちません。
体が切れるような冷たさです。
なので、どういう泉質かはまったく分からず。。。
しかしその投入口から飲泉できるので飲んでみる。
酸っぱい!酸性のお湯だってこれで分かりますね。

あと、ここの景色は完全な森林の中。
毒沢鉱泉 神乃湯(長野信州下諏訪温泉)

この景色を眺めながらの入浴は、山の静けさをよく感じられて、
都会の雑踏を全く忘れる、無の境地に立ちました。

やはり、その源泉温度の冷たさゆえに、
温泉を堪能したという思いは感じられません。
これで、加温してでもかけ流しにしてもらえたらって思います。
しかし、宿の立地、そして周りの雰囲気は非常にいい。
一度は堪能してみる価値はあると思いますよ。

住所:長野県諏訪郡下諏訪町社7083
電話:0266-27-5526
営業時間:日帰り入浴10:00~15:00
日帰り入浴:大人700円
入浴+休憩(1室4名まで)5000円
宿泊:1泊2食付2名1室利用9500円~


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

半年も待たずに長野に再訪♪
やはり、温泉の泉質のいい所の豊富さが半端ないです。
今回は諏訪湖周辺にやってきたので、
このあたりで早朝からやってる温泉銭湯を探す。
すると泉質が非常にここはええよと教えていただきました。
「大和温泉」です。

まず、ここの温泉、全く案内がありません。
カーナビで表示されている近辺に来たはいいが、全く分からない。
近くに車を停めて、うろうろさがしていると・・・

大和温泉(長野信州上諏訪温泉)共同浴場

ありました!
民家が並んである中に、こうやって紛れ込んでいます。
こりゃ、過去ナンバー1に探しにくい銭湯ではないだろうか。

その暗い路地を進んでいくと・・・
大和温泉(長野信州上諏訪温泉)共同浴場

こんな感じで中庭になっております。
この対面の民家の軒先にて入浴料230円を払い、中に入ります。

脱衣場を抜けるとこんな感じ。
大和温泉(長野信州上諏訪温泉)共同浴場

このステンレス製の浴槽が一つのみ。
いかにも公衆浴場らしい風情を感じられますね。
泉質表を見ると、単純硫黄泉(アルカリ性低張性高温泉)で、
源泉温度は69度と書いてある。
それを源泉かけ流しやと相当熱いのではと覚悟して浸かる。

ん?結構ぬるい?
大和温泉(長野信州上諏訪温泉)共同浴場

ちょうど温度計があったので見てみると、40.5度と私には適温。
緑がかったその透明のお湯からは、硫黄の香りがプーンと感じられ、
これぞ源泉の力強さを感じます。
投入されている蛇口からは、ポタポタと投入されているからこの温度みたいですね。
今回一番風呂でしたので、この温度で堪能できましたが、
もし、この蛇口をじゃーっと全開されて投入されたならば、
もっと温度は上がっていただろう。

熱いの苦手な私なので、この温度で源泉かけ流しを堪能できたのはラッキー。
230円という低価格ですし、場所も見つけにくいし、隠れた名湯ですね。
さすがは長野の共同浴場ってお湯を堪能させていただきました。

今回の旅のあらすじはこちらで。

住所:長野県諏訪市小和田17-5
電話:0266-52-2111(諏訪市観光協会)
営業時間:7:00~22:00
定休日:水曜日
入浴料:大人230円


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

白浜の温泉も結構、色々と巡ってきました。
湯めぐり札を利用するといろんなホテルの様々な浴場施設を体験でき楽しい♪
こちらの施設もそれで堪能できました、「白浜館」である。

白浜館(和歌山南紀白浜温泉)

こちらの旅館は、白良浜の真ん前にあり、立地がいいです。
見た目は老舗旅館って雰囲気で、趣きがありますね。

それにこちらの魅力はこれ!
白浜館(和歌山南紀白浜温泉)

源泉かけ流しなのだ。
元々の泉温が高いので、都度応じて加水されるとのこと。

こちらが内湯。
白浜館(和歌山南紀白浜温泉)

一体、いつ作られたんやろ?って思うくらいに老巧化が激しいです。
ただ、その点にさえ目を瞑れば、泉質はさすが。
源泉そのまま、ちょろちょろと投入されているのだ。
硫黄プンプンで、さすがの白浜泉質なんですけど、私には熱すぎました。

こちらが露天。
白浜館(和歌山南紀白浜温泉)

こっちは更に熱い・・・
足をつけただけで退散です。

こんな梅樽風呂も。
白浜館(和歌山南紀白浜温泉)

こちらの温度はなんとか入れる適温。

泉質はええと思うが、建物の老巧化がねえ・・・
露天の景色も周りの景観は全くないので、その点もマイナスだな~
近くには、同じ老巧化しており、梅樽温泉のある、泉質、
景観抜群のシーモアがあるので、苦戦する宿だとは思います。
参考記事)和歌山白浜、ホテルシーモアの記事はこちら!

住所:和歌山県西牟婁郡白浜町白良浜1379
電話:0739-43-5151
日帰り入浴時間:
日帰り入浴料:
泉質:含硫黄-ナトリウム-塩化物泉(72.0度)


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

国道42号線沿い、日置川の近くに非常にいい泉質をもつスーパー銭湯があるとのこと。
ゆったりとお湯に浸かりながら、考え事もしたかったので、
こちらの施設に訪問することにしました。
「リヴァージュ・スパ ひきがわ」です。

リヴァージュ・スパ ひきがわ(和歌山日置川温泉 渚の湯)

まず、ここは景観が素晴らしい。
リヴァージュ・スパ ひきがわ(和歌山日置川温泉 渚の湯)

ご覧の内湯ですが、窓全面に海が拡がっています。
夕日が綺麗に見えるでしょうね。

そして泉質表。
リヴァージュ・スパ ひきがわ(和歌山日置川温泉 渚の湯)

アルカリ性単純温泉の38.1度です。
この源泉かけ流しのお風呂が、内風呂にあります。
ヌルツベのええ泉質が分かりますし、この温度って私すごく好きなんですよ。
ここばっかり1時間ばかり浸かってました。

源泉を使った、薬草風呂もありました。
リヴァージュ・スパ ひきがわ(和歌山日置川温泉 渚の湯)

ここも同じような温度で、楽しめました。

露天もこんな感じで。
リヴァージュ・スパ ひきがわ(和歌山日置川温泉 渚の湯)

こちらも景色いいです。
しかしこちらは循環・加温のお湯で泉質は魅力なかったですね。

やはり晴れた日は気持ちいい~♪
リヴァージュ・スパ ひきがわ(和歌山日置川温泉 渚の湯)

内湯、もひとつ。
リヴァージュ・スパ ひきがわ(和歌山日置川温泉 渚の湯)

またサウナもしっかり併設されていますし、
ジャグジーや寝湯なんてのもあり、スーパー銭湯の設備はしっかり整っています。

非常に綺麗な施設なので、家族連れで、旅行の終わりに訪れるにもいいのでは。
私は、景観もよく、ここのぬるい源泉風呂が気に入ったので、
またじっくりと味わいたい施設です。

住所:和歌山県西牟婁郡白浜町日置1013-25
電話:0739-52-2371
営業時間:11:00~21:00(火曜日と金曜日は15:00~)
定休日:年不定期で10日間前後
入浴料金:大人650円 小人300円
泉質:アルカリ性単純温泉 38.1℃


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

和歌山の湯川温泉は勝浦に近く、その泉質は抜群です。
そんな湯川温泉の泉質を源泉かけ流しで楽しめる宿があるとのこと。
それも日帰り入浴300円の安さなのだ!
ってことで、タイミング良く、その入浴時間に近くにいたので、
寄ってみることにしました。「もみじや」です。

もみじや(和歌山湯川温泉)旅館

しかし、建物えらい古いですね・・・
もみじや(和歌山湯川温泉)旅館

鄙びた温泉宿は結構好きなわたくしですが、
ここにはあんまり泊まりたくはないかな・・・(^^;)
だーってなんか長屋みたいですもん。

お風呂に向かう廊下に・・・
もみじや(和歌山湯川温泉)旅館

こんな卓球台がありました。
いかにも温泉卓球が似合う宿です。

その浴槽。
もみじや(和歌山湯川温泉)旅館

この内湯一つのみです。
シンプルではあるが、しかし、その湯量はすさまじく、
源泉そのまま、どばどば投入され、かけ流されていく様子は心地良い。
なので、飲泉もできるようでコップもおかれていました。

浸かってみるとこんな感じで。
もみじや(和歌山湯川温泉)旅館

ホントかけ流されていく量がすさまじい。
源泉温度は41度らしく、体感は40度弱くらいに感じられ、
硫黄の香りもプンプンで、長湯してじっくり味わえます。

ぬるめの源泉かけ流し大好き人間の私からすれば最高です。
外の景色は全く拝めないが、その泉質だけで充分満足ですね。
300円は価値ある使い方でした。

住所:和歌山県東牟婁郡太地町湯川夏山3830
電話:0735-52-0409
営業時間:15:00~19:00
入浴料:大人300円 小人200円/1泊2食付 8,000~12,000円(込別) 


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

年末年始、コナミスポーツ他店利用料無料行脚。
普段3つ★の店舗を利用しているので、やはり5つ★店舗の利用をしたい。
その5つ★の中でも、源泉かけ流しの温泉が利用できる施設があるとのこと。
西宮ですから、結構近くやん♪ってなことでやってきました。
阪急、西宮北口にほぼ併設されておりますね「本店西宮」です。

コナミスポーツクラブ 本店西宮(兵庫西宮北口)

この施設に入っての印象は、さすがのゴージャス!
普段、行ってる店がぼろっちく思えるくらいに豪華です。
同じコナミの施設だなんて思えない。
中でも、50m×4コースプールがあるのもすごいですね。
コナミ水泳競技部はここで練習するらしいです。

コナミスポーツクラブ 本店西宮(兵庫西宮北口)

またジムに入ってみても・・・
最新のEZ系ランニング・バイクでゲーム感覚&テレビを見ながら楽しめます。
それも全種類このタイプってのも恐れ入ります。
あとサーバ接続で、その日消費したカロリー計算もやってくれます。

で、なんと言ってもここは浴場が楽しみでした。
コナミスポーツクラブ 本店西宮(兵庫西宮北口)

構成はずっと長くいろんなタイプの内湯が続き、その一番先に露天があります。
ここのみが温泉浴槽。
源泉39度のお湯が、42~43度への加温のみで、全てかけ流されてるんですよ。
そのお湯は薄い透明茶褐色で、さすがの泉質!
ほのかな金属臭も感じられ、めっちゃええです。
ただ、露天と言っても、この街中ですから、眺めはほとんど拝めないです。
立って、隙間から見える程度に思って下さい。

コナミスポーツクラブ 本店西宮(兵庫西宮北口)

5つ★の中でも、この施設はとてつもないです。
温泉好きならば、きっとここのお湯は気に入るでしょう。
それに会員にならなければ、ここの温泉は入ることができません。
(ゲスト利用って手もありますが、かなり高いですもんね)
3つ★と5つ★の利用料は月に3000円ほど違うのですが、
同じ会員になるならば、絶対ここ本店西宮の会員になるべきですね。
エグゼクティブな優越感に浸れますよ。
私も1回1000円弱の他店利用料を払ってでも、ここにはまた来たいと思っています。

後記
コナミスポーツクラブ 本店西宮(兵庫西宮北口)

2010年4月に源泉かけ流しから、循環の温泉に変わりました。
見てのとおり、すっごく薄くなり、泉質は全く満足できないものと
なりましたので、評価を下げたいと思います。

住所:兵庫県西宮市高松町3-7
電話:0798-69-0573
営業時間:[平日]9:00~24:00 [土]9:00~21:00 [日祝]9:00~19:00
定休日:木曜日
駐車料金:2時間まで無料 2時間~3時間まで30分毎50円 3時間以上は30分毎150円
駐車場可能台数:292台


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★