関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

今回、島根鳥取日帰り温泉満喫旅の最後。
兵庫県の北側にまで抜けてきて、こちらの温泉を堪能です。
ふらっと寄るには、非常に安い、
ボディソープシャンプー付き300円で入浴できます。
そんなふれあい温泉「おじろん」に立ち寄りました。

ふれあい温泉 おじろん(兵庫県美方郡)

温泉だけの施設ではなく、色々と地元の方のコミュニティ的な、
そんな多目的施設になっております。

内湯。
ふれあい温泉 おじろん(兵庫県美方郡)

スーパー銭湯並の綺麗さと清潔さがあります。
この奥には寝湯もあって、そこでその日一日の旅を思い返しながら、
ゆったりごろりとしてました(^^)
またカランも豊富で、これで300円は安い。

露天。
ふれあい温泉 おじろん(兵庫県美方郡)

夜だったので、景色は楽しめませんが、
横には渓流が流れているようですね。
川のせせらぎは聞こえてきました。

ただ、泉質的には・・・
ふれあい温泉 おじろん(兵庫県美方郡)

わずかに黄色に着色している単純泉。
低張性、中性、低温泉です。
循環もしており、内湯ですと塩素の匂いも結構します。
浴感はあまり感じませんので、源泉好きならばスルーでしょう。

あがってからのロビー。
ふれあい温泉 おじろん(兵庫県美方郡)

フロントのおねえさんが、閉館30分前まであとわずかでしたのに、
「ごゆっくりどうぞ♪」と閉館時間を急かすようなことはせず、
愛想のよい方でした(^^)

温泉に浸かりに行くぞ!って目的でこの施設に来るのは間違いです。
私も、旅の終わりに、ちょっと最後にさっぱりして寄ろうかって目的だったので、
体も洗って、シャンプーして、ちょっとお湯に浸かってお暇しました。
なので300円って値段ならば、満足できましたよ。
遠方から来るならば、そういう目的での利用がええですね。

住所:兵庫県美方郡香美町小代区大谷510-1
電話:0796-97-3232
営業時間:9:00~21:00(入浴は10:00より)
定休日:月曜日(12月~3月、7月、8月は原則無休)
日帰り入浴:大人300円 子ども(小学生)150円 5歳以下無料


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

土曜の夕刻18時前・・・
ここ三朝温泉は非常に人気のある観光地ですね。
すっごい人の行き来でごった返しています。
そんな中、ちょっとこちらの利用は抵抗もあったのですが、
時間もなかったので急いで利用してみました。
三徳川の河原にあります「河原風呂」です。

河原風呂(鳥取三朝温泉)無料混浴露天風呂

これ、すぐ傍の橋の上から撮ったんですけど、
この橋ってすごい観光客の行き来が激しいんですね。
ただ、別の場所に行って、もっと薄暗くなると、
地元の方でしょうか、すっごい人数、入浴されてました。

こういう河原にある無料混浴露天となると、
下呂温泉の「噴泉池」が有名であり利用したことがあります。
岐阜、下呂温泉「噴泉池」の記事はこちら!
今は水着着用義務の温泉となりましたが、
私が利用したときは、まだ裸で入浴できる時で、夜中に利用しました。
なので恥ずかしさはありませんでしたが、今度は日中・・・

まず、橋から見える手前に足湯があります。
河原風呂(鳥取三朝温泉)無料混浴露天風呂

このついたての向こう側で脱衣する形となります。
しかし、反対側に回ると丸見えだし、男女別もなんもない。
ここで日中、平気で入浴できる女性はいるんだろうか・・・
相当、女性は敷居の高い温泉である。

その浴槽。
河原風呂(鳥取三朝温泉)無料混浴露天風呂

1つは熱めで、もうひとつはぬるめ。
熱い方に源泉が投入され、そのオーバーフローしたお湯が、
ぬる目に流れる仕組みになっているのだろう。
しかし三朝温泉のお湯は熱い!
熱い方の浴槽は45度くらいあるのではなかろうか、
熱いの苦手な私にはこちらはムリ。
ぬるいほうに浸かっていました。

泉質的にはさっぱりしたラジウム泉なのだろう。
無色透明の匂いのない三朝特有の泉質である。

他を急ぐ旅でもあったので、10分そこそこで退散。
まあ、浸かってしまうと、橋の上からの視線も平気なので、
男ならば、そんな抵抗のある露天ではありません。
着替える場には衝立もありますしね。
オープン感は抜群なので、一度は経験してみる価値あると思いますよ。

住所:鳥取県東伯郡三朝町三朝
電話:三朝町役場0858-43-1111
営業時間:24時間
定休日:無休
入浴料:無料


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

今回の日帰り島根鳥取温泉旅・・・
ここのホテルの日帰り入浴を、無料で利用できるのもこの旅を決めた理由です。
ここのホテルって非常にゴージャスなんですよね。
共同湯の濃い~源泉かけ流しも好きだが、ゴージャスホテルのゆったりさも好き♪
はい、欲張りな私です(^^)
温泉博士の温泉手形を利用しました、「三朝館」です。

三朝館(鳥取三朝温泉)

到着。
この三朝温泉の中でも存在感が際立つホテルです。
こんなところに温泉手形を使い、無料でお邪魔していいのか、ちょっと躊躇。
しかし玄関前のホテルマンさんに確認すると、「どうぞどうぞ」と愛想いいです。

ちょっと離れた河原脇に車を停め、玄関へ。
三朝館(鳥取三朝温泉)

はい、ゴージャスです。

お風呂に向かう廊下にもこんな庭園が。
三朝館(鳥取三朝温泉)

さらに、優雅に過ごせそうな足湯施設もあります。
三朝館(鳥取三朝温泉)

こちらがまず内湯。
三朝館(鳥取三朝温泉)

さすが、広々としたホテルの内湯らしい。

お湯は完全に透明です。
三朝館(鳥取三朝温泉)

全くクセのないそのお湯は、評価の分かれるところですが、
三朝温泉の泉質である、天然ラジウム泉はこんなもんですからね。
夏場は加水されておりますが、完全源泉かけ流しのお湯です。

露天はこんな感じで。
三朝館(鳥取三朝温泉)

この庭園風景を見つつ、入るお湯は優雅の一言。

また四角形の浴槽もありましたが、こちらが濃さを感じました。
三朝館(鳥取三朝温泉)

少し薄青く濁りを感じるんですね。
ちょろちょろと源泉が投入されていますが、夏場だけに
同時に水も投入されていました。
冬場はもっとええお湯に浸かれそうですね。

そして、その露天奥には休憩処があります。
三朝館(鳥取三朝温泉)

これがね~昭和40年くらいのレトロさを出しているんですけど、
なかなか面白いですね。

お湯からあがってからは、冷たい黒豆茶のサービスが。
三朝館(鳥取三朝温泉)

高級旅館はこういう所がしっかりとしているので好きです。

さすが、人気の三朝温泉の中でも、評価の高いホテルだけあります。
温泉の泉質はちょっと私にはサラッとし過ぎて、また熱く、好みではないんですが、
その風呂の構成やホテル全体の雰囲気は非常に気に入りました。
絶対に、ここのホテルに泊まるとゆったりくつろげると確信できました。
こっち方面に泊まり旅行をする際は、今度は宿泊してみたいですね。

住所:鳥取県東伯郡三朝町山田174
電話:0858-43-0311
日帰り入浴営業時間:11:30~21:00
定休日:無休


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

今回、日帰り島根鳥取旅行を思いついたのは、この温泉があったらこそ。
ぬるくて、濃い源泉かけ流しのお湯は私の好み。
昔は、健康な体の人間には入れさせなかったという、元は湯治場の温泉、
「千原温泉」を訪問しました。

千原温泉(島根県邑智郡美郷町)

朝8時の営業開始きっちりに受付へ。
ここの浴槽は6人も入ればいっぱいで、お互いににらめっこ状態になると
聞いていたので、そうなる前に堪能したかったんですね。
受付のお留守番だと言われるおかあさんが、すごく気さくな方で、
心がほっこりします^^

この近辺は自然に溢れています。
千原温泉(島根県邑智郡美郷町)

脱衣場から階段を下って浴槽へ向かいます。
千原温泉(島根県邑智郡美郷町)

既に常連さんがお一人、時間前から入っておられました。
ずっと、40分くらいお話していたのですが、福山から来られている方で、
片道2時間かけて、週に2,3回は来られているとのこと。
西日本の温泉はあちこち制覇されているらしく、温泉談義に華が咲きました。
で、中でもここの濃さだけはどこにも敵わないとおっしゃっていました。

その泉質表。
千原温泉(島根県邑智郡美郷町)

見ていただいたらわかるように塩素が非常に多いんですね。
なので、傷口の治療には最適な温泉なんだとか。
アトピーでも1週間でも通えば、たちまち良くなるとのこと。
あとナトリウムも多いので、体温が外に逃げていかず、
あがってからのけだるさもものすごかったです。

その源泉の説明書き。
千原温泉(島根県邑智郡美郷町)

まさに、ここに書いているとおりですね。
全く、嘘いつわりがありません。

源泉温度は34.5度とまさに私好み!
千原温泉(島根県邑智郡美郷町)

その源泉が、底からぼこぼこと沸いてくるんですよ!
茶褐色の力強いぬるいお湯を肌に感じつつ入る雰囲気は極上。
ゆっくり目を瞑って瞑想していたい気分です。
(今回ずっとご常連さんとお話していたので、それができなくて残念)

現時点(2010年9月)で、私も全国あちこち300以上の温泉を巡ってきているが、
ここ以上に素晴らしいお湯には巡り会ったことありません。
ここのお湯に入ってしまうと他では満足できないという、
お話したご常連さんの気持ちもよく分かります。
ただ、その浴槽の狭さとネットで広まってしまった人気から、
時間を見計らって行かないと、ゆっくり満足できないでしょうね。
ちょうど私があがった9時前には、駐車場満杯、10人ぐらいどどっと押し寄せたとこでした。
危ない、危ない・・・
もしこれが混雑したお湯でしたら、また違った評価になってたかもしれないです。

住所:島根県邑智郡美郷町千原1070
電話:0855-76-0334
営業時間:8:00~18:00
定休日:無休
入浴料:大人500円小人300円


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

島根県も結構温泉の宝庫・・・
まあ、日本全体を見ると、世界の中の温泉宝庫なんですけどね。
温泉好きな私は、この国に生まれてすごく幸せです。
あ、そんで島根県ですね。
その島根の中でも非常に泉質がいい温泉街が「温泉津温泉」。
島根の温泉探訪をするには、ここは必須でしょう。
2つ共同浴場があるんですが、こちら「薬師湯」をチョイスしました。

薬師湯(島根県/温泉津温泉)共同湯

なぜこっちを選んだか?
薬師湯(島根県/温泉津温泉)共同湯

ここの建物の3Fは休憩スペースになっていて、
無料コーヒーが飲めるんですよ。
ずっと大阪から4時間走り続けで、ここまで来たので、
こうやって休憩できるのはありがたい。

その3Fの休憩所。
薬師湯(島根県/温泉津温泉)共同湯

この温泉街を眺めつつ、ゆったりさせてもらいます。
先にお風呂に入らなかったのは、朝一は地元の常連さんでいっぱいなんです。
その空く頃合いを見計らっていたんですね。

皆さん、帰られたようです。
薬師湯(島根県/温泉津温泉)共同湯

浴槽はこの内湯ひとつのみ。
5,6人も入ればいっぱいでしょうか。

その泉質表。
薬師湯(島根県/温泉津温泉)共同湯

ナトリウム・カルシウム・塩化物泉。
しょっぱさを感じる温泉です。

もひとつ。
薬師湯(島根県/温泉津温泉)共同湯

湯口の源泉温度は46度ですので、すこし熱め。
ただ離れると、ちょっと熱め程度にまで冷めています。
全く加水もされていない純粋の源泉かけ流しです。

そのお湯は見事!
薬師湯(島根県/温泉津温泉)共同湯

薄く濁ったそのお湯は、フレッシュそのもんで、
これだけ濃い源泉かけ流しもなかなかないのではと思います。
ただ自身には少し熱めのお湯なので、半身浴をしつつ味わいました。

しかし、ここ温泉津温泉は鄙びた温泉街ですね。
薬師湯(島根県/温泉津温泉)共同湯

2Fからも街を見下ろせるのですが、風情あります。

また、ここの建物は文化財としても価値があるようです。
薬師湯(島根県/温泉津温泉)共同湯

お湯は素晴らし過ぎます。
熱めが苦手の私でも、もっと長く浸かっていたいと思わせてくれます。
なので熱め好きな源泉かけ流しマニアには堪らないのでは。
ただ、朝一の入浴は常連さんの憩いの場となっており、避けたほうがええです。
ちょっとそういう閉鎖的なところはありますね。

住所:島根県大田市温泉津町温泉津ロ7-1
電話:0855-65-4894
営業時間:5:00~21:00
定休日:無休
入浴料:大人300円 子供150円 洗髪料50円/家族湯(大人500円)


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

夜、遅めの時間に、ちょっと露天に浸かりながら、
物思いに更けたいな~って衝動に駆られた。
そう夜遅くまでやってるとなるとスーパー銭湯系ですが、
その中でも平日650円とお安めのこちらを訪問。
「畷の里温泉」です。

天然温泉 畷の里温泉(大阪四条畷)

まず到着してびっくりしたのが、ハーレー置いています。
天然温泉 畷の里温泉(大阪四条畷)

これ、レンタルして乗せてくれるのだそうな。
なんでハーレーダビットソンなんでしょうか?
オーナーの趣味で買ったのかな。

あと、ここ岩盤浴施設も、薬宝石サウナってのがあるみたいですが、
一部屋、男女別で、値段もバカ高いので、これは利用する人間いないのでは?
ちょうど入浴料と併せて、1000円キャンペーンしてましたが、
色んな部屋を用意して時間無制限のスーパー銭湯多くなってますから、
これじゃダメでしょうね。

さて、温泉の話に戻しましょう。
まず、源泉はどこか探しますと、露天の一番奥にありました!
1人しか入れない、石風呂のようなのが2つあります。
これに入ろうとすると・・・めっちゃ冷たい!!!
冬でしたので、その温度に飛び上がりそうになりました。
おそらく外気で冷えて、30度もなかったのではと思います。
私の見てる限りでは誰も利用していなかったですね。
我慢してサウナ後に2回ほど利用しましたが、寒くて3分も浸かっていられません。
また、その源泉の濃さを全然感じられません。
夜でしたので、湯の色、湯の華も確認できず、匂いも無臭、
肌触りも白湯と変わらないです。

あきらめて、循環・加温の内湯とかに入りましたが、温泉らしさありません。
唯一よかったなと思ったのが人工的に作っているシルク風呂。
これが、ちょうどいいぬるさで、また肌にもぬめりを加えながら、
しっとりとまとわりついてきます。
サウナ後にこのシルク風呂ってパターンのインターバルを繰り返しました。

天然温泉 畷の里温泉(大阪四条畷)

はっきり言って、ここは冬は来ないほうがええでしょうね。
露天でこの温度の源泉は、修行でもしてるかの我慢です。
しかし、逆に夏となると、この2人しか浸かれないのでは、かなり待つのでは?
夜遅くでも若者でにぎわい過ぎてたので、ゆっくり落ち着きもできないし、
ちょっと次回利用は躊躇してしまいます。

住所:大阪府四條畷市大字砂281-1
電話:0120-026158
営業時間:10:00~翌1:00(最終受付24:00)
休業日:無休
利用料金:平日:大人650円 小人350円/土日祝:大人750円 小人350円
薬宝石サウナ(小人利用不可):平日650円 土日祝750円


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

ここは遠かったですね~
さすがに喜美の湯からずっと歩いて湯めぐりしてきたが、
相当な距離があります。
私は結構、てくてくと歩くのを苦にしないので大丈夫でしたが、
常人ではこの距離を歩きながら5湯くらい巡るのはしんどいでしょう。
国道292号沿いセブンイレブンがあるところを少し奥に入ったとこ、
「睦の湯」です。

睦の湯(群馬草津温泉)共同湯

ここまで来ると観光客はいませんが、逆に地元の方が多い。
夜中にも関わらず、人の出入りはありました。

浴槽はこんな感じ。
睦の湯(群馬草津温泉)共同湯

このタイプに何度入ったやろ(^^;)
草津の共同湯はこの四角い白いコンクリート造りが多いですね。

また泉質も湯畑からの引き湯です。
睦の湯(群馬草津温泉)共同湯

酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉 硫化水素型(酸性低張性高温泉)で、
源泉温度53.9度です。
結構ここから湯畑まで距離あると思うんですけど、湯畑なんですね。

草津、共同湯めぐりの中では一番外してもよいかな(^^;)
雰囲気は他の草津共同湯でありがちな雰囲気やし、
泉質も、他でもある湯畑。
また、徒歩での湯めぐりには遠い・・・
ここを最後に大滝の湯の駐車場に戻りましたが、
夜中、この辺りを歩くのも寂しいです。

住所:群馬県吾妻郡草津町昭和区
電話:草津町観光課(0279-88-0001)
営業時間:24時間(※9:00~11:30は清掃時間)
定休日:無休
入浴料:無料


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

野沢温泉の中では、一番かけ離れた場所にあるかな。
あっちこっち徒歩で今回湯めぐりしましたが、ここが一番苦労した。
思っていたよりも遙かに距離がありましたね。
「中尾乃湯」です。

野沢温泉共同浴場 中尾乃湯

ただ、その規模は「大湯」よりも大きいだろう。
脱衣場、浴場が一緒のタイプなのであるが、きちんとカランまでついている。
開放感がありますね。

泉質はこのあたりにある「横洛の湯」「新田乃湯」と一緒。
野沢温泉共同浴場 中尾乃湯

源泉温度が熱いので、先客がいなければ、結構な量、加水をしないときつい。
この泉質、他の2湯でも馴染めなかったわたくしです・・・

浴槽は大きいのと小さいの2つ構成。
野沢温泉共同浴場 中尾乃湯

大きい方は熱くて入れない状態だが、小さい方は結構ぬるめ。
誰かが大量に加水してくれたのだろう、この温度ならばとそっちへ。

浸かってみると・・・
野沢温泉共同浴場 中尾乃湯

なるほど湯の花が結構すごい。
卵のすまし汁のようにいっぱいなのだ。
これはいいですね。

やはり他の2湯同様に、泉質はちょっと私好みではなかった。
完全透明タイプの泉度の高い、硫黄泉・・・
これから湯めぐりする際の教訓にします。

住所:長野県下高井郡野沢温泉村
電話:野沢温泉村役場商工観光課(0269-85-3114)
営業時間:5:00~23:00(11~3月は6:00~)
定休日:無休
入浴料金:無料+寸志


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

奈良十津川、湯めぐりストラップ(3湯めぐりで1000円)、3湯目。
こちらの日帰り入浴は本来800円もするのだ。
ちょっとこの値段では立ち寄りってわけにもいかないが、
今回はストラップ使用なので、気楽に寄れました。
ホテル昴の入浴施設「星の湯」である。

星の湯[ホテル昴](奈良十津川)

さすがのホテルの施設。
星の湯[ホテル昴](奈良十津川)

清潔&ゴージャス感があります。

野猿(人力ロープウェー)も設置されています。
星の湯[ホテル昴](奈良十津川)

広い野原もありますので、子供連れで遊びに来るのもええですね。
ホテルですので脱衣場に鍵付きロッカーはありません。
貴重品は受付で預けて、中に入ります。

こちらが内風呂。
星の湯[ホテル昴](奈良十津川)

入ったとたんに、硫黄臭が。
ぬるつるのそのお湯は、塩素のにおいなんてもんは全然ありません。

その泉質表。
星の湯[ホテル昴](奈良十津川)

加水も全くされていない純粋な源泉かけ流しです。
力強い十津川のお湯がそのまま味わえるのはええですね。

こちらが露天の様子。
星の湯[ホテル昴](奈良十津川)

周りの景色は塀があって拝めないですけど、さすが星の湯という名前だけあって、
お昼は太陽の明かりが燦々と差し込んで来ておりました。

露天には寝ころべる施設もあります。
星の湯[ホテル昴](奈良十津川)

この自然の中では、星も綺麗に見えるんでしょうね。

サウナ施設も併設させています。
星の湯[ホテル昴](奈良十津川)

さすがの十津川のホテル。
その温泉の質の良さは抜群です。
また、施設も綺麗なので、スーパー銭湯慣れしている方にも最適。
加水されていない分、存分に楽しめました。
ただ、この施設のみ利用で800円はちょっと高いかな~
しかし、ストラップ1000円巡りでの1つには、絶対加えたい施設です。

住所:奈良県吉野郡十津川村平谷
電話:074-664-1111
営業時間:12:00~17:00(GW、お盆、年末年始は16:00まで)
定休日:年に何回か指定日
入浴料:大人800円 小人(3歳~小学生)400円
なお、足湯は無料
泉質:ナトリウム炭酸水素塩泉 ・塩化物泉(含食塩重曹泉)


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

ここ最近の温泉地の流行としては、あちこちのホテルの温泉が
利用できる温泉手形を発行している温泉街が多くなったなってことと、
もうひとつはこれ!無料の足湯施設ですね。
白浜も同様、観光客の誘致のために、色々頑張っています。
その湯めぐり札での温泉はしご中の休憩に寄りました「柳橋足湯」です。

柳橋足湯(和歌山南紀白浜温泉)

泉質表。
柳橋足湯(和歌山南紀白浜温泉)

他の白浜足湯施設と同様の加水のみの源泉かけ流し。

ここの足湯の特徴はこれです。
柳橋足湯(和歌山南紀白浜温泉)

「タカラガイ」という貝のモニュメントが湧き出し口になっており、
なかなかユニークな形の貝を使ったよな(^^)

ここの足湯はあまり周りの景観がよろしくなく、車を停めることもできないので、
ちょっと休憩で使うには不便かな。
海岸線に景色のいい無料足湯施設ありますから、
泉質的にはどこも変わらないですし、そっちに行ってしまいますね。

住所:和歌山県西牟婁郡白浜町柳橋通り3306-18
電話:0739-42-3275(白浜町商工会)
営業時間:8:00~22:00(7、8月は7:00~)
利用料金 無料


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

下呂温泉への1泊2日旅行・・・
目的は勿論、温泉三昧(^^)
そんな中、朝、到着してちょっとゆったりできる
スーパー銭湯のような施設を検索。
すると下呂温泉から車で20分ほどの距離にここの施設を見つけました。
南飛騨馬瀬川温泉にあります「美輝の里 スパー美輝」です。

美輝の里 スパー美輝(岐阜県南飛騨馬瀬川温泉)

周りは結構のどかな田舎風景。

そのお風呂の数はなんと15種類!
美輝の里 スパー美輝(岐阜県南飛騨馬瀬川温泉)

これだけあると、700円でも結構価値あります。

内湯の風景。
美輝の里 スパー美輝(岐阜県南飛騨馬瀬川温泉)

泉質は下呂温泉と一緒です。
美輝の里 スパー美輝(岐阜県南飛騨馬瀬川温泉)

源泉温度が33度ですので、全ての浴槽、加温されています。
内湯でも温度差を少しつけたりしておりました。
ぬるめ好きな私は、もっぱら「ぬる湯」ばかりで。
ヌメリは感じられますが、ちょっと薄いな~塩素入り循環のお湯ですね。

露天もこんな感じで。
美輝の里 スパー美輝(岐阜県南飛騨馬瀬川温泉)

もうひとつ。
美輝の里 スパー美輝(岐阜県南飛騨馬瀬川温泉)

山々の景色が非常に綺麗です。
美輝の里 スパー美輝(岐阜県南飛騨馬瀬川温泉)

また、これが結構気に入りました。
美輝の里 スパー美輝(岐阜県南飛騨馬瀬川温泉)

ドライサウナ、ミストサウナもあるんですけど、
こちらの箱蒸し器。
首だけ出して、この中で蒸されます。
なかなかこういうのないですからね。

あがってからの休憩処はちょっと少ないか。
美輝の里 スパー美輝(岐阜県南飛騨馬瀬川温泉)

男女浴槽から階段であがってきた中央に少し椅子があります。

まあ、700円で楽しめるスーパー銭湯としては浴槽の設備としては充実してます。
問題の泉質も、あまり塩素臭は感じなかったので、そこそこ。
遠方からわざわざここの施設に来るってまでの価値はありませんが、
下呂温泉のついでに、スーパー銭湯好きならば寄ってもええんではないでしょうか。

住所:岐阜県下呂市馬瀬西村1695
電話:0576-47-2641
営業時間:10:30~21:30(食事付入浴は11:00~14:30、17:30~19:00)
定休日:年4回不定休(10日間臨時休あり)
入浴料:大人700円 小、中学生400円/食事付入浴2100円~
宿泊料:1泊2食付11175円~
泉質:アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性低温泉)


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★