関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

湯の峰温泉・・・
やはり、有名なのは世界遺産にもなっている「つぼ湯」でしょう。
和歌山「湯の峰温泉」つぼ湯の記事はこちら!

で、この辺りの旅館もさすがの湯の温泉宿ばかりです。
ちょうど、有名旅館「あづまや」の日帰り入浴時間(13:00~15:00)に、
こちらに到着。
こんな機会を逃してなるものかと、寄りました。

旅館あづまや(和歌山湯の峰温泉)

その建物風情は、老舗そのもの。
旅館あづまや(和歌山湯の峰温泉)

日帰りで入るにはちょっと躊躇しましたが、中へ。
結構気さくに応対してくださったので、ほっとしました。

こちらは、女性用の露天風呂。
旅館あづまや(和歌山湯の峰温泉)

私は入ってませんので、ノーコメントとしときます。

ご覧の内湯。
旅館あづまや(和歌山湯の峰温泉)

厳かな雰囲気が溢れています。
こちらで一人でゆっくり浸かるお湯はなんて落ち着くこと!

天井もこんな感じです。
旅館あづまや(和歌山湯の峰温泉)

ぼーっと見上げてましたね~(^^)

また入って左側には「さまし湯」ってのがありました。
旅館あづまや(和歌山湯の峰温泉)

源泉をゆっくりと少量そのまま冷ましながら投入している、高温のお湯です。
さすがに最初は入れないくらいに熱いのですが、
我慢して入ってしまうと、その力強さがぴりぴり伝わってきますね。

こんな感じで投入されています。
旅館あづまや(和歌山湯の峰温泉)

あと、脱衣場には蒸し風呂がありました。

こちらは硫黄匂いプンプンのスチームサウナ。
旅館あづまや(和歌山湯の峰温泉)

これまた気に入りました。
自然源泉の蒸気だけですからね~人工的に造られていないサウナですもん。

ずっと貸切状態でしたので大満足でした。
ただ、ちょっとお値段がお高めかな~
近くの公衆浴場では、同じように自然に冷ましたお湯に、
この値段で入浴できますもん。
和歌山「湯の峰温泉公衆浴場くすり湯」の記事はこちら!

住所:和歌山県田辺市本宮町湯の峰122
電話:0735-42-0012
営業時間:日帰り入浴13:00~15:00
休業日:無休
日帰り入浴料金:大人700円 子供(3才~小学生)400円
宿泊:1泊2食付(1室2名様以上)16000円~


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

十津川、湯めぐりストラップを使用しての2湯め。
こちらも十津川村の公営施設となります。
庵の湯を訪問です。

庵の湯(奈良十津川温泉)

十津川の観光としては温泉が一番の目玉ですから、
ここの施設も綺麗に整備されていますね。

無料で利用できる、足湯や飲泉場も揃っています。
庵の湯(奈良十津川温泉)

階段をずっと下りていくと、施設があります。

穏やかなダム湖もちょうど桜の季節で綺麗でした。
庵の湯(奈良十津川温泉)

中に入ると、ご覧のシンプルな内湯のみ。
庵の湯(奈良十津川温泉)

ただ、大きな窓があります。
庵の湯(奈良十津川温泉)

まあ、これだけ大きいとダム湖の景色を拝めますので、
内湯といっても、半露天感覚で湯に浸かれます。

泉質表。
庵の湯(奈良十津川温泉)

ナトリウム炭酸水素塩泉であるが、結構硫黄の香りがします。
100%、源泉かけ流しであるので、その力強さをよく感じます。
湧き出し温度が高いので、湯温も42度くらいと熱めに感じる。

しかし、この眺めはええですね~
庵の湯(奈良十津川温泉)

湯温が熱いので、立ったり、座ったりを繰り返しましたが、
この景色を眺めているだけで、癒されました。

あまり長湯はできないですが、泉質、景観ともにすごくいいです。
ここもさすが温泉の十津川村を感じ取ることができました。
では、3湯めに向かいましょう。

住所:奈良県吉野郡十津川村大字平谷
電話:07466-4-1100
営業時間:10:00~21:00
定休日:火曜日
入浴料:大人400円、小人200円
駐車場:村営駐車場利用で90分無料


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

同行者が、宿泊ホテルでゆっくりくつろぎたいとのことで、
湯めぐり札の一つシールをいただきました。
ただ、前もって廻ろうと思っていたホテルは既に6つ制覇したので、
この一つをどこに使おうか迷う・・・
畳敷きの「三楽荘」に向かったが、チェックインの慌ただしさにより、
お断りされてしまいました。
ちゅうことで眺めがいいと評判のここ、「海ゆぅ庭」にやってきました。

ホテル 天山閣海ゆう庭(和歌山南紀白浜温泉)

しかし、後で見てみると、ここ湯めぐりの利用時間外に来てます。
17時前に到着したんですよ。
けど、従業員さんは何も言わずに施設を親切に案内してくださいました。

で、ここは全室露天風呂付きのホテルです。
ホテル 天山閣海ゆう庭(和歌山南紀白浜温泉)

ですので、湯めぐりで利用できるのは、こちらの内湯施設のみです。

その泉質。
ホテル 天山閣海ゆう庭(和歌山南紀白浜温泉)

見事な源泉かけ流しである。
外気に応じて、加水はされているようであるが、
その日はかなり寒い日であったので、加水はほとんどない模様。

この内湯が一つだけ。
ホテル 天山閣海ゆう庭(和歌山南紀白浜温泉)

まあ、部屋に眺望のいい露天風呂がついてるからこれでええんでしょうが、
なんか閉じこめられた空間で、雰囲気は暗いですね。
ただ、外気の温度で自然とぬるめになっており、どんどん投入、
かけ流されていく湯は見事!
この湯で開放感のある露天に浸かれば最高でしょう。

ミストサウナも併設されていました。
ホテル 天山閣海ゆう庭(和歌山南紀白浜温泉)

湯は非常にいいの一言。
ただ、やはりここは宿泊で来るべきですね。
全室、檜露天風呂で、展望もちょっと遠目だが、海が眺められる。
ホテルマンさんの応対も非常にいいのは実感できたし、
他にあちこち行かず、ここだけで過ごすにはちょうどええなって思います。

住所:和歌山県西牟婁郡白浜町2020
電話:0739-42-2500
湯めぐり利用時間:7:00~10:00 13:00~16:00 19:00~22:00
熊野古道温泉
泉質:塩化物泉
効能:神経痛、リューマチ、胃腸病、美肌効果、他


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

こちらも湯畑から近く、結構観光客が来やすい共同湯です。
なので、ちょうど夜中に訪問できるようにルート設定しました。
24時間やっているので、この点、混雑さけることができてありがたい。
「巽の湯」です。

巽の湯(群馬草津温泉)共同湯

こちらは国道に面しており、結構目立つ共同湯です。
見た目は比較的新しいですね。
また扉を開けて入ると、チャイムが鳴る仕組みになっていました。
その国道沿いという立地から、置き引きとか多かったのでしょうか。

泉質は湯畑からの引き湯で、酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・
塩化物温泉 硫化水素型(酸性低張性高温泉)で、源泉温度53.9度です。
このあたりは全て同じ泉質なので、ちょっと飽きがきてました。

湯船は木造りで10人程度はいけるでしょう。
巽の湯(群馬草津温泉)共同湯

結構、広々とした浴槽ですが、夜中1時にも関わらず客はひっきりなしでした。
さすがにGW真っ最中はこの時間でも人の出入りはあるようです。

このあたり湯畑から引き湯の共同湯がいくつかあります。
私は全て廻りましたが、どれも似た雰囲気を持っており、
全部は廻る必要はないでしょう、満足感がありません。
瑠璃の湯、千歳の湯、喜美の湯、白嶺の湯、
そして、ここ「巽の湯」から2湯くらいチョイスがええんじゃないでしょうか。

住所:群馬県吾妻郡草津町馬場区
電話:草津町観光課(0279-88-0001)
営業時間:24時間
定休日:無休
入浴料:無料


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

まだまだ巡ります、野沢共同湯めぐり♪
ここで8湯目、あまり熱くなければと願いこちらの湯へ。
「新田乃湯」です。

野沢温泉共同浴場 新田乃湯(長野)

なぜでしょうか?ここすごく利用客が多いです。
ひっきりなしに入れ替わり、立ち替わり。
で、ここは脱衣場と浴室がセパレート形式、
野沢の共同浴場にしては珍しいですね。

泉質表。
野沢温泉共同浴場 新田乃湯(長野)

このあたりにある「横洛の湯」「中尾乃湯」と一緒。
茹釜・下釜の混合湯で源泉温度81.9度、
含硫黄-ナトリウム・カルシウム硫酸塩温泉です。
この泉質は、私の好みとしては、
野沢温泉の共同湯の中で一番合いませんでしたね。

浴場。
野沢温泉共同浴場 新田乃湯(長野)

結構人の出入りがあったので、お湯は適度に加水されていました。
浸かってみたものの、やはり同じ泉質の2湯ともにあまり合いません。

湯もみ棒。
野沢温泉共同浴場 新田乃湯(長野)

ここ野沢の共同湯ではあちこちで見かけましたが、
この高温泉では必須アイテムでしょう。

純粋かけ流しの証。
野沢温泉共同浴場 新田乃湯(長野)

人の出入りも多くて落ち着けられず、また泉質も合わないため、
早々に退散です。

住所:長野県下高井郡野沢温泉村
電話:野沢温泉村役場商工観光課(0269-85-3114)
営業時間:5:00~23:00(11~3月は6:00~)
定休日:無休
入浴料金:無料+寸志


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

信州、公衆共同浴場の旅・・・
今回の旅のテーマは、無料含め、300円以内のええ浴場を巡ります。
(いくつかどうしても入りたい例外は少しありましたが)
そんな目的にぴったりで道中に寄れる温泉としてここをピックアップしました。
湯田中駅前温泉の「楓の湯」です。

湯田中駅前温泉 楓の湯(長野)

ちょうど、野沢→草津に向けての道中にええポイントでした。
また車でなくても、ちょうど駅前にありますので立ち寄りしやすいですね。
また、施設も新しいスーパー銭湯のように綺麗です。

泉質表。
湯田中駅前温泉 楓の湯(長野)

ナトリウムー塩化物・硫酸塩温泉で源泉温度は93.2度。
この温度ですから、さすがに加水されての投入です。

こんな感じで投入。
湯田中駅前温泉 楓の湯(長野)

この湯量ならば、かけ流しかな?
内湯も露天もどばどばと流されていっておりました。

その内湯。
湯田中駅前温泉 楓の湯(長野)

お湯は完全な無色透明。
また匂いも全くありません、塩素の匂いも感じませんでした。
浸かってみるとちょっと熱め、42~3度はあるであろう。
汗がどばどば出てくるタイプの泉質です。

また・・・
湯田中駅前温泉 楓の湯(長野)

300円って値段で、各カランも非常に綺麗で、
ボディーソープ、シャンプーが揃っているのがすごい。

露天。
湯田中駅前温泉 楓の湯(長野)

こちらの温度は少しぬるめでした。
まったりするにはこちらの温度だな~
泉質的には内湯と変わりないです。

休憩施設もあります。
湯田中駅前温泉 楓の湯(長野)

ただ休日は地元の方で完全に独占されていましたね。

泉質的にはすっきりし過ぎていて物足りないかも。
私はドロドロ、ヌルツベ派なんで、こういう評価です。
しかし300円でこのスーパー銭湯並みの施設は立派の一言。
綺麗な施設でリーズナブルにをご希望の方にオススメします。

住所:長野県下高井郡山ノ内町平穏3227-1
電話:0269-33-2133
営業時間:10:00~21:00
定休日:第1火曜日(祝日の場合は翌日)
入浴料:300円


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

南紀白浜、湯めぐり札利用ホテル温泉巡り・・・
貧乏人なもんで、こういういくつかあるホテルの中から、
どのホテルにしようかのチョイスは高級ホテルばかり(^^;)
ここのホテルも白浜老舗の高級ホテルとして有名ですね。
「むさし」に立ち寄りました。

紀州・白浜温泉 むさし(和歌山南紀白浜)「楽湯」

このいかにもそびえ立っている雰囲気がさすがの高級ホテル。

エントランスに入ってもこんな感じです。
紀州・白浜温泉 むさし(和歌山南紀白浜)「楽湯」

ただ、この駐車場は裏手にあるんですが、このホテル裏は改装中でした。
多分非常に老巧化が激しかったんでしょうね。

泉質表。
紀州・白浜温泉 むさし(和歌山南紀白浜)「楽湯」

自家源泉かけ流しと思っておりましたがどうもそうではないらしい。
1Fにある露天のみが加水のかけ流しのようだ。
あとは循環の消毒のお風呂なのであまり興味湧かない。

まず、こちらが1Fの内湯。
紀州・白浜温泉 むさし(和歌山南紀白浜)「楽湯」

そして2Fの内湯です。
紀州・白浜温泉 むさし(和歌山南紀白浜)「楽湯」

雰囲気的には、これぞ、高級ホテルの大浴場って感じで、
その広々した雰囲気は落ち着けますね。
ただ、どこにも外を眺めることのできる窓がありません。
浸かってみても、循環、消毒ありは顕著に感じられる。

で、唯一のかけ流し露天。
紀州・白浜温泉 むさし(和歌山南紀白浜)「楽湯」

さすがにここのお湯だけは違っていました。
力強さを感じられる、これぞ白浜のお湯ですね。
ただ、景色が全く見えない開放感のない中庭ですので、
その点、他のホテルに劣るな。

うーん・・・どうでしょうか。
温泉目的で泊まる宿ではないですね。
今回、湯めぐり札で利用できる9つのホテル・旅館の温泉を堪能しましたが、
お湯、景観の総合で判断すると、やはり「シーモア」がナンバー1です。
ただ、ここ「むさし」は高級感がしっかりあるので、
そういうのが好きな方はどうぞって感じですね。

参考記事)
南紀白浜「ホテルシーモア」の記事はこちら!

住所:和歌山県西牟婁郡白浜町868
電話:0739-43-0634
湯めぐり札利用時間:6:00~10:00/14:00~22:00
泉質:食塩硫化水素泉
効能:神経痛、リューマチ、胃腸病、他


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

温泉博士の無料入浴手形・・・
3つほど行きたいなって温泉があれば、温泉博士を購入しています。
この月も、和歌山に3つ入りたい温泉があったので購入。
そして、京都はこちらのスーパー銭湯でした。
宇治市にあります、もなこの湯です。

スーパー銭湯 もなこの湯(京都宇治)

今流行のパチンコ屋経営のスーパー銭湯ですね。
ボウリング場・ゲームセンター・ビリヤード・カラオケ併設のレジャー施設。
但し、それは昭和の時代にでも作られたかのように老巧化してます。

パチンコ屋経営のゴージャス系スーパー銭湯とは違います。
大阪羽曳野「延羽の湯」の記事はこちら!
大阪堺「祥福 堺浜楽天温泉」の記事はこちら!

内湯の風景。
スーパー銭湯 もなこの湯(京都宇治)

広い街中の銭湯って雰囲気。

露天も・・・
スーパー銭湯 もなこの湯(京都宇治)

なーんか寂れています。
あと薬草湯はありましたが、温泉はありませんね・・・
それに、シャンプー・石鹸の備え付けもないです。

休憩所も・・・
スーパー銭湯 もなこの湯(京都宇治)

席は分かれておりますが、全く分煙の効果がない状態。

レストランには・・・
スーパー銭湯 もなこの湯(京都宇治)

でっかい、キリンのタンクがありました。
風呂上がりのビールが旨そうですね。

そのレストランのメニュー。
スーパー銭湯 もなこの湯(京都宇治)

ビールにあわせるアテが多いのもそのせいか。

短絡的に申しますと、近所でも500円払っていかないかな・・・
まず、温泉ではないってことが一番。
施設の老巧化が激しいってことが二番。
シャンプー、ボディーソープなしってのが三番の理由かな。
今時、こんなスーパー銭湯もあるんだと感心しました。

住所:京都府宇治市大久保町旦椋122
電話:0774-44-8848
営業時間:10:00~深夜1:00
定休日:無休
入浴料:大人500円


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

勝浦の温泉の中でも、ここの泉質は素晴らしいと
絶賛される方がたくさんいます。
温泉博士の松田さんも日本百名湯の一つに選んでいます。
ですので、是非ともその泉質を堪能したかった。
海のホテル「一の滝」です。

海のホテル 一の滝(和歌山南紀勝浦温泉)

ここのホテルは他の勝浦のホテルと比べても、
こじんまりとしたホテルですね。
老巧化も結構しており、ローカルな雰囲気が漂います。

そのロビーもこんな感じで。
海のホテル 一の滝(和歌山南紀勝浦温泉)

ちょっと寂しげなロビーでした。
日帰り入浴料500円を払って中へ。

泉質はこんなのです。
海のホテル 一の滝(和歌山南紀勝浦温泉)

さすがにお湯には自信を持っておられますね。
海のホテル 一の滝(和歌山南紀勝浦温泉)

ご覧のような内湯のみ。
海のホテル 一の滝(和歌山南紀勝浦温泉)

2つの浴槽に分かれていて、熱ゆとぬるゆになっています。
まずその非加熱のぬるゆから浸かってみる。
ほ~なるほど、肌にしっとりと湯が絡んできて、
その硫黄匂いも抜群!こりゃええ湯やわ~

続けて、熱ゆへ。
海のホテル 一の滝(和歌山南紀勝浦温泉)

こちらは加温されているが、源泉100%には違いなく、
ぬる湯同様に、源泉のよさを感じられる。
ただ、残念だったのは、訪問時は夜だったので、
全く外の景色が見えませんでした。
天気のいい昼間に来たら、もっと気持ちよかったでしょうね。

休憩所。
海のホテル 一の滝(和歌山南紀勝浦温泉)

海が眺められるのがいいですね。

確かにいい泉質を持つホテルであったが、イマイチ満足感がなかった。
内湯のみやし、夜で景色堪能できなかったのもあるが、
寂れたホテルって印象が強かったからかもしれない。
勝浦には魅力的な温泉ホテル満載ですから、
ここを宿泊してまでの利用はしないですね。
また日帰りでの昼間にでも来てみたいなとは思いました。

住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町勝浦752-2
電話:0735-52-0080
日帰り営業時間:15:00~23:00
定休日:無休
日帰り入浴料:500円
泉質:単純温泉 38.8℃ 弱アルカリ性低張性温泉


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

ちなみに私は、コナミスポーツクラブ(エグザス)の会員です。
そのコナミスポーツは年末年始(12/30~1/3)は、
帰省先でも利用できるように、全国どこでも他店利用料を無料なのだ!
普段行っている最寄り店は★★★なのだが、
これを機会に温泉のあるグレードの高い店を廻ろうと思い立った。
その第一弾に「弁天町店」にやってきました。

コナミスポーツクラブ 弁天町(大阪)

ただし、ここ弁天町はずっと★★★★だったのだが、
最近の見直しで3つ★にグレードダウンした。
行ってみて感じたのは、 まずジムにて・・・
ウェイト系マシン、カーディオ系マシン、双方とも豊富である。
しかし最新のゲーム感覚や、テレビの見られるマシンやないんですね。
これが下げた理由かな~

けど、やはり温泉がここは目当てです。
温泉好きですから、大浴場に温泉があるのは非常に魅力的。
最寄り店は5人も入ればいっぱいの浴槽しかないのでかなり不満です。

浴室に入ってみると・・・結構広い。
これがスポーツクラブ附設としては豪華!
こじんまりしたスーパー銭湯並です。
主浴槽、寝湯、打たせ湯、気泡風呂、サウナ、水風呂も完備。
ただし、露天風呂はありません、それに窓も全くない。
なのでちょっと暗い雰囲気がありますね。

温泉は単純泉で、水風呂以外は全て温泉です。
但し、加温・加水・循環ろ過式なので、ほとんど温泉感を感じません。
少しぬめりを感じるかなって程度。

ここ弁天町は、会員以外でもこのお風呂を平日ですと600円で利用できます。
しかし、この泉質と規模ならば、しっかり露天風呂のある
スーパー銭湯へ行ったほうが価値があるでしょう。
会員の私でも他店利用料を支払っても、次回行こうとは思わないな。
しかし、弁天町近くでスポーツクラブの会員になろうと思ってるなら、
これで3つ★価格ですから、大いに価値がありますよ!

住所:大阪府大阪市港区弁天1-2-3オーク200・3番街
電話:06-6576-1526
営業時間:[平日]10:00~23:00 [土日祝]10:00~21:00
定休日:木曜日

SPA(天然温泉)
加温・加水・循環ろ過式
白湯・打たせ湯・寝湯・水風呂・サウナなど大小8種類!
お風呂のみの利用料:平日 大人600円 土日祝 大人650円
駐車場:オーク200駐車場2時間まで無料 以降15分ごとに100円
駐車場可能台数:1100台(高さ制限あり2.05M)


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★