関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

草津の共同湯に入るならば、絶対にはずしてはならないと聞いていました。
しかし、その混雑度はとてつもないとか・・・
なので、開く朝5時前に到着すれば、そんな混雑もないのではと訪問。
「白旗の湯」です。

白旗の湯(群馬草津温泉)共同湯

しかし、到着すると既に開いていて、中には既に20人以上入っています。
とてもじゃないが、この混雑の中で入りたくないと思ったのですが、
湯の色を見てみると白濁しており、他の共同湯では感じられない濃さがありそう。
GWまっただ中やし、この時間逃すともっと混雑ひどいだろうと入湯。

こちらのお湯がぬる湯。
白旗の湯(群馬草津温泉)共同湯

この奥にあつ湯があります。
私は熱いの苦手なんで、ぬる湯のみにターゲットを絞り、
スペースが空くの待ちます。

泉質は、酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉。
ぬる湯は42度くらいの体感温度で、結構気持ちが良い。
今回、20ある草津の湯のうち17を経験しましたが、
泉質としては、ここが抜群にいいですね。

もっともっと、ここの温泉を堪能したいと思ったが、
その人の多さから退散・・・
こりゃ休日の昼間なんて、どんな状態なんやろ?って思います。
草津ではナンバー1の泉質と思いますが、その混雑ぶりから、
いくら無料でも次回は遠慮したいな・・・
同じような泉質で、万座で露天付500円で体験できるから、
私はちょっと足運んでもそっち選択しますね。
万座温泉「豊国館」の記事はこちら!

住所:群馬県吾妻郡草津町立町区
電話:草津町観光課(0279-88-0001)
営業時間:5:00~23:00(清掃時間を除く)
定休日:無休
入浴料:無料


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

野沢の共同湯の中では、一番交通の便がよいのではなかろうか。
丁度、中央ターミナルの真ん前ですし、
ここから200メートルくらい下っていくと、無料の駐車場もあります。
(私はそこへ車を停めて、半日湯めぐりしました)
「横落の湯」です。

野沢温泉共同浴場 横落の湯

私が訪問した休日朝8時くらいには、すごく賑わってましたね。
さすがに立地がいいだけはあります。

こちらの共同湯は脱衣場、浴場のセパレートタイプ。
野沢温泉共同浴場 横落の湯

あまり大きい共同湯ではないので、その訪問人数では、
特に脱衣場が大混雑しておりました。

泉質表。
野沢温泉共同浴場 横落の湯

含硫黄-ナトリウム・カルシウム硫酸塩温泉。
茹釜・下釜混合の混合湯で、源泉温度81.9度です。
非常に熱そうって印象。

湯船は四角の石造り。
野沢温泉共同浴場 横落の湯

まず、かけ湯を・・・めっちゃ熱い!!
これだけ混雑してて、少し加水もしているのに全く冷めていません。
とんでもない熱さ。
さすがに誰も入れない状態やったんで、ある方が
「水もっと加えさせていただいてよろしいですか?」とお尋ねくださいました。
勿論OKです、全開に水を投入されます。
なので、その間にゆっくり朝の身支度(歯磨き、ひげ剃り)をしつつ待ちます。

お湯にはそんな力強さは感じなかったが、熱さはすごい。
まず着いて、ここで野沢の先制パンチを受けるのもいいかもしれません(^^)

住所:長野県下高井郡野沢温泉村
電話:野沢温泉村役場商工観光課(0269-85-3114)
営業時間:5:00~23:00(11~3月は6:00~)
定休日:無休
入浴料金:無料+寸志


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

九州~関西、山陽自動車道での帰り道。
ちょうど真ん中で、間休憩のため、ひとつ立ち寄り湯を探しました。
その月の「温泉博士」を持参してたので、その中からひとつをチョイス。
東広島、志和インターから車で15分の距離にひとつありました。
ここにしましょう「並滝寺湖粋園」です。

並滝寺湖粋園(東広島・並滝寺温泉)

湖のほとりにあります、静かな旅館が日帰り入浴もやっています。
その日帰り入浴料はなんと1200円!!!
あちこち旅館やホテルの日帰り入浴を経験しておりますが、
上限1000円、これほどまでに高いのは経験ありません。
温泉博士の無料入浴手形がなければ、寄らなかったでしょう。

その泉質。
並滝寺湖粋園(東広島・並滝寺温泉)

単純弱放射能冷鉱泉、いわゆるラドン泉です。
ここからカルシウムなどのミネラル分を取り除き、
硬度1の軟水にしたもんなんだそうな。

もう1枚。
並滝寺湖粋園(東広島・並滝寺温泉)

加水なし、加温あり、循環、消毒のお湯です。

こちらが露天。
並滝寺湖粋園(東広島・並滝寺温泉)

この値段なんで、非常に客は少ないです。
ゆったりと露天に浸かってみる。
うーん・・・予想通りの浴感。
温泉らしさは全くないですね、ラドン泉はどうもよく分からない。

内湯。
並滝寺湖粋園(東広島・並滝寺温泉)

2種類の湯船とスチームサウナがありました。
うち一つの湯舟は、ぬるい30度弱のお湯でした。
スチームサウナに入った後に、ここのお湯に浸かって、
うだーっとするのが非常に心地よかったです。

休憩所は広め。
並滝寺湖粋園(東広島・並滝寺温泉)

食事付きプランもあるので、ここでランチ、
休日は夕食も食べることができます。
料理が旨いと評判の宿なので、こっちがメインで、
お風呂はおまけみたいなもんかも知れませんね。

1200円の価値がある施設かと問われれば、ノーです。
私も全国あちこちの日帰り入浴を楽しんできていますが、
その施設、泉質からすると300~500円くらいのCP値でしょう。
広島はなかなか、ええ泉質を持たない地域なんですけど、
それでも、ここより安くて、ええとこはあるでしょうから、
温泉目当てで訪問は避けられたほうがええと思います。
ただ、料理は美味しそうやったな・・・(^^)

住所:広島県東広島市志和町志和東3432
電話:082-433-5678
営業時間:10:00~18:00 (土日祝)10:00~21:00
定休日:水曜日
入浴料:大人1200円 子供600円 (5歳~小学生) 幼児無料
食事付き(2,980円~)
泉質:単純弱放射能冷鉱泉 源泉温度15.7℃ PH 6.3


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

別府はありとあらゆる温泉の宝庫。
あっちこっち温泉旅行に行っておりますが、
遠いのに、1年に1度は最近は訪問しております。
別府の「泥湯」となるとここが有名ですね。
大分「別府温泉保養ランド」の記事はこちら!

しかし、すごく淀んでいるような感じがして、
泉質的には満足できませんでした。
その別府本来の高品質な泥湯を楽しむならここと、
評判はよく聞いておりました、「鉱泥温泉」を今回訪問です。

鉱泥温泉(大分別府明礬温泉)

その営業時間は、午前中のみ。
午後は療養に来られる方専用になるようです。
由布院の宿をチェックアウト後、急いでこちらに駆けつけました。

その入浴時の注意事項です。
鉱泥温泉(大分別府明礬温泉)

この他にも暗黙のルールが結構あるようです。
同行者は、女湯のご常連さんから色々レクチャーされたようでした。

こちらの浴場内は撮影禁止なので、イメージ画を描きました。
鉱泥温泉(大分別府明礬温泉)

まず、脱衣場から出ると、広~い露天風呂があります。
ここのお湯は別府らしい、熱い硫黄臭漂う透明なお湯。
ここも源泉かけ流しでしょう、豊富な湯量がどばどば投入されています。

その奥に泥湯があります。
ねずみ色をしたその泥は入ってみると、温泉感ばっちり!
なるほど、治療のための温泉とは、ここまで質がすごいんですね。
体全体に泥が行き渡った所で、これをさらに奥の小部屋で渇かします。
この間、すっごく汗が噴き出てきました、保温効果が抜群なんですね。

これを何度か繰り返すと、普段、私は首に持病があり、
筋肉がガチガチに固いんですが、そのコリがとれて、
すんなりと回るようになりました。

最後に、手前の露天のお湯でかけ湯して、どっぷり浸かって退場。
想像以上にその効果はすごそうです。
800円という、別府では非常にお高い入浴料なのに、
こんなに常連がつくのも頷けますね。
全国あちこち温泉巡りしておりますが、ここまですごい泉質は初めてです。
脅威の温泉施設です。

住所:大分県別府市小倉町6
電話:0977-66-0863
営業時間:8:00~12:00
定休日:無休
入浴料:800円


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

今回の黒川・由布院・別府の旅。
九州を代表する温泉地を巡ってきたわけですが、
最後の宿泊地、別府ではゆったりと部屋でくつろげる宿を探しました。
すると楽天トラベルにて、17000円程度で、
半露天風呂付き客室のプランがあるではないか。
鉄輪温泉なので、その泉質にも期待が持てます。
「湯の里 葉山」でゆったりくつろぎましょう。

湯の里 葉山 施設・温泉編(大分別府鉄輪温泉)

車通りの多い道路に面しており風情はないんですけど、
建物は非常に高級感あります。

もう1枚。
湯の里 葉山 施設・温泉編(大分別府鉄輪温泉)

ロビーもこんな感じで。
湯の里 葉山 施設・温泉編(大分別府鉄輪温泉)

部屋はまず和室。
湯の里 葉山 施設・温泉編(大分別府鉄輪温泉)

そしてもう一つ、洋室があります。
湯の里 葉山 施設・温泉編(大分別府鉄輪温泉)

そしてこちらが半露天の部屋風呂。
湯の里 葉山 施設・温泉編(大分別府鉄輪温泉)

もちろん鉄輪ですから、完全源泉かけ流しの温泉。
湯の里 葉山 施設・温泉編(大分別府鉄輪温泉)

源泉温度が高いため、少しずつ投入されておりました。
それでも私には熱かったですね(^^;)
同行者はとても気に入っており何度も入っていましたが、
私はどうも、鉄輪の泉質は苦手です・・・

部屋に入ると冷たいお茶とおはぎが出てきました。
湯の里 葉山 施設・温泉編(大分別府鉄輪温泉)

夕食後、一旦休憩して夜遅くに、部屋外のお風呂を堪能。
こちらは24時間利用可能な家族風呂が3つあります。
予約も必要ないので、こういうお風呂がある施設は好きですね。
露天風呂はすごく暗くて写真には撮れませんでした。

内湯1つ目。
湯の里 葉山 施設・温泉編(大分別府鉄輪温泉)

内湯もう1つ。
湯の里 葉山 施設・温泉編(大分別府鉄輪温泉)

そしてこちらが大浴場です。
湯の里 葉山 施設・温泉編(大分別府鉄輪温泉)

大浴場外にも露天がありました。
湯の里 葉山 施設・温泉編(大分別府鉄輪温泉)

泉質的には、全ての施設が一緒です。
熱くさらっとしたタイプの温泉なので、
それが好みならば、結構気に入る宿ではないでしょうか。
ただ、都会のど真ん中にあるので、車の走行音もよく聞こえますし、
ゆったり落ち着けるとは言えないかな。

食事についてはこちらで紹介します。
湯の里 葉山 夕食編はこちら!
湯の里 葉山 朝食編はこちら!

住所:大分県別府市北中7-1
電話:0977-66-1245
チェックイン:15:00 (最終チェックイン:18:30)
チェックアウト:10:00


★楽天トラベルにてこの1万6千円の豪華宿がとれました★
記事編集

温泉宿予約

別府鉄輪にあります、隠れた名湯「みかゑり温泉」です。
みかゑり温泉(大分別府鉄輪温泉)

まずは、ここの無料で利用できる地獄蒸しを堪能。
みかゑり温泉 地獄蒸し編はこちら!

じゃがいもは茹で時間が非常にかかるので、
その間に、露天風呂を堪能することにしました。

みかゑり温泉(大分別府鉄輪温泉)

ここの施設、内湯と露天は廊下を隔てて、別々になっているので、
いちいち、着替えなきゃいけません。
ま、別にタオル巻いて移動しても、大した距離ではないので、
大丈夫ですけどね。

その泉質です。
みかゑり温泉(大分別府鉄輪温泉)

ナトリウム塩化物泉、泉温は鉄輪のお湯らしく、高温90度近くあります。
内湯は加水されていますが、露天は少しずつ投入することにより、
加水なしで、完全かけ流しのお湯が投入されています。
なので、かなり、私には熱い・・・
鉄輪独特のさらっとした、高温泉は体にピシピシ伝わってきますね。

自然に冷ましながら投入されてますので、濃さは抜群です。
みかゑり温泉(大分別府鉄輪温泉)

温泉の湧き出し量もすごいんだろな。
みかゑり温泉(大分別府鉄輪温泉)

さーて、今度は内湯を堪能しましょう。
みかゑり温泉(大分別府鉄輪温泉)

こちらの内湯は加水されているので、あまり興味ありません。
ただ、ここ、蒸し湯があるんですよ。
この高温泉による自然の蒸し湯は爽快感抜群です。
また、水風呂(って言ってもすごくぬるい)との交互浴がええですね。

ここの施設、ホントすごい・・・
露天は鉄輪独特の源泉かけ流し、内湯には蒸し湯。
そして、外には地獄蒸しの施設。
これだけ堪能して、わずか300円なんですよ!!!
まだまだ地元民にのみ知られている施設なんで、結構ゆったりできました。

住所:大分県別府市火売8-2
電話:0977-66-1186
営業時間:10:00~22:00
定休日:無休
日帰り入浴:大人300円 小人200円/貸切内湯(蒸し湯付き・60分)1,000円


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

前回、施設編からの続きです。
ゆふいん湯めぐりホテル山光園 施設編はこちら!

ここのお風呂の特徴は、24時間利用可ってのもありますが、
家族湯が全部、予約なしにいつでも入れること。
入るときは、表にかかっている札を「使用中」にして、
内側から鍵をかければよいのです。
この時間に全く制約されずにどこでも利用できるのが、
温泉、風呂好きの私には非常に魅力ですね。

まず、こちらが内湯の大浴場。
ゆふいん湯めぐりホテル山光園 温泉編(大分由布院温泉)

体、頭を洗ったりとか、朝の身支度はこちらを利用しました。

非常にゆったりとしています。
ゆふいん湯めぐりホテル山光園 温泉編(大分由布院温泉)

日のある間の方が、外の景色を楽しめます。

こちらが混浴の大露天を出たとこ。
ゆふいん湯めぐりホテル山光園 温泉編(大分由布院温泉)

脱衣場は男女別々になっており、こういう敷居があった後、
合流するようになっているので、比較的女性にも入りやすいか。
ただ、チェックイン後の時間は女性の姿はなかったです。

その露天の一番奥。
ゆふいん湯めぐりホテル山光園 温泉編(大分由布院温泉)

そこには源泉がそのまま湧き出ている箇所がありました。
ゆふいん湯めぐりホテル山光園 温泉編(大分由布院温泉)

時折、ボコっ、ボコっと湧き出してきます。

その泉質。
ゆふいん湯めぐりホテル山光園 温泉編(大分由布院温泉)

緩和性低張高温泉という軟水のお湯なので、
あまり温泉感はなく、しっとりとした泉質です。
他の施設はその温泉感はなかったのですが、ここの湧き出し口だけは、
いかにも、その優しい泉質を感じることができました。

狭めの露天家族風呂。
ゆふいん湯めぐりホテル山光園 温泉編(大分由布院温泉)

もう一つ。
ゆふいん湯めぐりホテル山光園 温泉編(大分由布院温泉)

広めの露天家族風呂。
ゆふいん湯めぐりホテル山光園 温泉編(大分由布院温泉)

もう一つ。
ゆふいん湯めぐりホテル山光園 温泉編(大分由布院温泉)

こちらが内湯の家族風呂。
ゆふいん湯めぐりホテル山光園 温泉編(大分由布院温泉)

もう一つ。
ゆふいん湯めぐりホテル山光園 温泉編(大分由布院温泉)

これが全てです。
1泊で廻るには、ちょっと厳しかったが全制覇!

温泉の質的には満足はいきませんでした。
あと、家族風呂がもうちょい変化があったならなあ~
こういう館内湯めぐりでは、和歌山白浜のこちらのホテルがええですね。
和歌山南紀白浜「海舟」の記事はこちら!

あと食事編はこちらで綴っております。
ゆふいん湯めぐりホテル山光園 夕食編はこちら!
ゆふいん湯めぐりホテル山光園 朝食編はこちら!

住所:大分県由布市湯布院町川南1723
電話:0977-84-2195
チェックイン:15:00 (最終チェックイン:19:00)
チェックアウト:10:30


★楽天トラベルにてこの1万6千円の豪華宿がとれました★
記事編集

温泉宿予約

私が、旅先での宿泊先をチョイスする場合に重視するのは?
もちろん、予算の値段に抑えることは当然ですけど、
次に重視するのは入浴設備がいかに充実しているか。
料理の旨さうんぬんよりも絶対にこっちですね。
今回、由布院の中でも、予算内でそういう私の条件に見合ったのがここ、
ゆふいん湯めぐりホテル「山光園」です。

ゆふいん湯めぐりホテル山光園 施設編(大分由布院温泉)

ロビーの風景。
ゆふいん湯めぐりホテル山光園 施設編(大分由布院温泉)

結構、高級感あります。
しかし、由布院は女性に人気なのも分かりますね。
こういうタイプのホテルが非常に多いです。

部屋は和室のありきたりなタイプ。
ゆふいん湯めぐりホテル山光園 施設編(大分由布院温泉)

今回1泊2食で楽天トラベルにて、一人18000円でした。
豊後牛ステーキプランにしたんで、少し予算オーバーになったかな(^^;)

テラスからは、由布岳が望めます。
ゆふいん湯めぐりホテル山光園 施設編(大分由布院温泉)

あいにく、この到着日は天候不安定で綺麗には見えませんでした。

翌朝晴れるとこんな感じ。
ゆふいん湯めぐりホテル山光園 施設編(大分由布院温泉)

この日もてっぺんには雲がかかっていました。

お茶に、お茶菓子を準備してくださいました。。
ゆふいん湯めぐりホテル山光園 施設編(大分由布院温泉)

窓から下を見下ろすと庭園が。
ゆふいん湯めぐりホテル山光園 施設編(大分由布院温泉)

庭園がすごく広いです。
この庭園に4つの家族風呂、1つの混浴大露天、1つの女性専用露天と、
露天風呂が豊富に配置されております。
この他にも、男女別内湯大浴場に、館内に2つの家族風呂。
これが全て24時間、時間関係なく利用できるのが、この宿をチョイスした最大理由。

では、次回はその温泉編を綴りましょうか。
ゆふいん湯めぐりホテル山光園 温泉編はこちら!

食事についてはこちらで。
ゆふいん湯めぐりホテル山光園 夕食編はこちら!
ゆふいん湯めぐりホテル山光園 朝食編はこちら!

住所:大分県由布市湯布院町川南1723
電話:0977-84-2195
チェックイン:15:00 (最終チェックイン:19:00)
チェックアウト:10:30


★楽天トラベルにてこの1万6千円の豪華宿がとれました★
記事編集

温泉宿予約

高級宿の温泉めぐりも大好きな私だが、
逆に、その地元民が通う共同湯めぐりも大好きだ。
(って要は、ええ泉質の温泉に入れりゃええんです^^)
黒川温泉から由布院に向かう途中、「秘湯」と呼べる温泉をチェックしていた。
全く道案内のない、その共同湯・・・
辿り着けるか非常に不安でしたが、行ってきました。
「寺尾野温泉」です。

ネット情報を手がかりに、その目印となる家をまず車で探します。
なんとか苦労せずに見つけ、脇に車を停めて、畦道を下っていきます。

すると・・・
寺尾野温泉(熊本県阿蘇郡小国町)

ネット上で何枚か公開されていた風景と一緒です!
手前の廃屋ではなく、奥の湯小屋がまさにそうです。

その湯小屋の前に来ると・・・
寺尾野温泉(熊本県阿蘇郡小国町)

薬師湯との看板がありました。
さて、早速、中に入りましょう。

無人の施設です。
寺尾野温泉(熊本県阿蘇郡小国町)

入浴料は100円で、箱に投入する方式でした。
脱衣場、浴場は一緒のタイプです。
男女別に分かれてはおりますが、かなりオープン(^^;)
女性は少しは見られる覚悟は必要かも。
私が入ったときは、男女とも誰もいませんでした。

その泉質表。
寺尾野温泉(熊本県阿蘇郡小国町)

単純硫黄泉でしょう、泉温1度とありますが、誰かのいたずらでしょう。
実際は41度です。

こんな感じで投入されています。
寺尾野温泉(熊本県阿蘇郡小国町)

浴槽はこんな感じで。
寺尾野温泉(熊本県阿蘇郡小国町)

ひとつは、女性用とひとつに繋がっています。
浸かってみると、夏場なので泉温そのままの温度に感じますね。
ぬるいと言われておりますが、夏場は非常に心地良いです。
それに、まさにこれぞ自然の硫黄泉ですね!
純粋な完全100%かけ流しとはまさにこういうお湯を指します。

やっぱり温泉の質にこだわるならば、こういう所でしょうね。
今回、黒川温泉~由布院~別府と巡りましたが、最高の泉質。
ただ、スーパー銭湯の綺麗さを望む方は絶対にやめておいた方がええです。
このまま、ひっそりと佇ませておきたい共同湯ですので、
行き方等は詳しく書かないでおきます。
よっぽどの温泉好きならば、調べて辿り着くでしょうしね(^^)
温泉入浴マナーのいい方で大事にしていきたいです。

住所:阿蘇郡小国町大字上田寺尾野
電話:なし
営業時間:?
定休日:?
入浴料:100円
泉質:硫化水素泉/源泉温度41度


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

湯めぐり入浴手形利用、3軒目。
黒川温泉から結構はずれにあるため、その敷地は広大。
宿泊するならばこういうのがええなあって所ばかりを、
今回の黒川温泉湯めぐりはチョイスしたわけだが、
その最後となりました「山河旅館」です。

山河旅館(熊本県黒川温泉)

湯めぐり用駐車場から、ここの玄関までも結構歩きました。
敷地内にあちこち、露天、内湯、家族湯が配置されており、
なかなかの高級旅館風情である。

露天風呂は2種類。
山河旅館(熊本県黒川温泉)

男女混浴の露天風呂と、女性専用の露天風呂があります。
上の写真は混浴の露天風呂。
ただ、ここの露天は、脱衣所が男女一緒になっているので、
女性には非常に入りにくいでしょう。
別に女性専用から入ってこれる通路を作ればと思うのですが。

泉質は緑がかった、塩化物泉。
山河旅館(熊本県黒川温泉)

硫黄臭漂うお湯を思い浮かべていたんだが無味無臭。
浸かってみた感じは、あまり温泉感はないです。
なので、こちらはすぐに退散しました。

で、もう一つ、別の場所に内湯があります。
山河旅館(熊本県黒川温泉)

ここは2種の泉源があり、両方違えている聞いてました。
こちらの内湯には単純硫黄泉が使われており、泉温は49.3度。

こんな感じで投入されておりました。
山河旅館(熊本県黒川温泉)

この温度なら、自然に冷ませた、完全かけ流しでしょうね。
浸かって見た感じは41度ぐらいのぬるめ好きな私には非常にいいお湯です。

浴槽は昼間でも非常に暗いです。
山河旅館(熊本県黒川温泉)

窓は一切なく、隠れ家的雰囲気を醸し出していますね。

露天の「もやいの湯」は泉質的に満足できませんでしたが、
内湯の「薬師湯」の泉質には大満足!
都会の雑踏を忘れるためには、ここに2泊くらいして、
じっくり落ち着きたいと思わせる宿でしたね。
黒川温泉・・・宿泊したい宿、多すぎます♪

住所:熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6961-1
電話:0967-44-0906
日帰り入浴営業時間:8:30~20:30(貸切風呂は~14:00、食事付入浴は11:00~14:30)
定休日:不定休
利用料金 宿泊料2食付13,800円~/入浴料=大人500円、小学生300円/
貸切風呂(共同浴場も利用可)=40分大人800円、小学生400円/食事付入浴(要予約)=4,200円~
湯めぐり入浴手形利用可


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

今回、九州の旅を企画したのは、ここのお宿が楽天トラベルにて、
予約がとれそうやったからなんですよ。
しかし、今回の同行者にこの日程で行けるかどうか確認している間に、
後一歩ってところで予約は埋まってました・・・
ちゅうわけで、残念ながら、日帰りでの入浴となりました、
いやしの里「樹やしき」です。

いやしの里 樹やしき(熊本県黒川温泉)

こんな亀が、待合所で出迎えてくれました(^^)
いやしの里 樹やしき(熊本県黒川温泉)

この子、可愛い♪

朝、まだ9時半くらいだったので、浴場は清掃中とのこと・・・
いやしの里 樹やしき(熊本県黒川温泉)

しかし、家族湯が利用可ってことなので、わざわざそちらを利用させてくれることに。
ここの従業員はすっごくお優しい方々ばかりでした。

ここの泉質表。
いやしの里 樹やしき(熊本県黒川温泉)

単純硫黄温泉で源泉温度は85度近くあります。

しかし、ここの家族湯は景色が素晴らしい。
いやしの里 樹やしき(熊本県黒川温泉)

遠く山の木々を眺めることが出来、下には小川のせせらぎが。
泉質的にも、湯の花が大量に舞っており、硫黄の臭いもそこそこにあり、
透明のさっぱりとした熱いお湯です。

うん、やっぱり気持ちいい♪
いやしの里 樹やしき(熊本県黒川温泉)

家族湯に入っている間に清掃も終わったとのことで、大浴場も。

まずこちらが入ってすぐの内湯です。
いやしの里 樹やしき(熊本県黒川温泉)

そして樽風呂。
いやしの里 樹やしき(熊本県黒川温泉)

ここのお湯だけが白濁してたんですけど、一番濃く感じました。

立ち湯と続きます。
いやしの里 樹やしき(熊本県黒川温泉)

ここまでは男女別なんですけど、一番奥の露天は混浴になっています。
いやしの里 樹やしき(熊本県黒川温泉)

ここの名前は「満天の湯」って名前なんですけど、
空が綺麗に見えるようになっています、是非とも夜に入りたいですね。

今回、たまたま、家族湯まで堪能させていただきました。
お昼の明るい時間は、この家族湯がええですね。
そして夜は混浴露天の「満天の湯」で、星空を眺めながらの入浴。
従業員さんの応対も素晴らしく、あ~やっぱりここに泊まりたかったな・・・
次はもっと前から予約狙って、宿泊したいと思います。

住所:熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6403-1
電話:0967-44-0326
日帰り入浴営業時間:8:30~21:00
定休日:不定休
利用料金 宿泊料1泊2食付13,800円~/入浴料=大人500円、小人(3歳~小学生)250円
湯めぐり入浴手形利用可


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★