関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

白骨温泉・・・
温泉好きならばその白濁湯は誰もが一度は入ってみたいと思うお湯であろう。
私も、いずれは絶対と機会を伺っておりました。
その白骨温泉でも一番有名なのがここの大混浴露天風呂ですね。
待望の「泡の湯旅館」です。

泡の湯旅館(長野県白骨温泉)

昔ながらの風情ある旅館。
泡の湯旅館(長野県白骨温泉)

ただ見事に改装を施されており、立派です。

こんな感じの構成。
泡の湯旅館(長野県白骨温泉)

なんか温泉ランドって感じですね(^^)

飲泉場も脱衣場に向かうまでにあります。
泡の湯旅館(長野県白骨温泉)

朝、一番に入浴できたので、そのまま露天へ!
泡の湯旅館(長野県白骨温泉)

素晴らしい~♪
この色合いは予想していた通りの青くも感じられる白濁り。
温度も40度弱でしょう、私好みでゆっくり浸かれます。

GW真っ最中でしたので、客の入りはすごかった・・・
泡の湯旅館(長野県白骨温泉)

これほどまでに男女入り交じって入る混浴露天風呂も初めてか・・・
多分100人以上はいてたでしょう。
また女性の数が非常に多いのも特徴。
まず、この露天風呂に出るのには、浸かったまま表に出てこられるので、
白濁りしてて、全く見えません。
また念のためのバスタオル巻きもできますし、敷居の低い混浴です。

また、男女別に、こんな露天もあります。
泡の湯旅館(長野県白骨温泉)

まあ、混浴露天の壮大さに比べるとこちらは浸かるの不要ですね。

そして脱衣場、すぐの内湯。
泡の湯旅館(長野県白骨温泉)

加温もありますが・・・
泡の湯旅館(長野県白骨温泉)

ここに源泉かけ流しのぬる湯があります。
泡の湯旅館(長野県白骨温泉)

この泡の湯の由来がこれなんですね。
加温して白濁りしてるのと比べ、透明なお湯なんですけど、泡付きがすごい。
さすがの源泉のよさを感じることができます。

私はぬるめ好きなんで、ぬるめの源泉かけ流しについては甘い評価なんですが、
ここは非常に気に入りました。
この混浴ならば、カップル、夫婦で来ても全然抵抗なく一緒に入れますし、
内湯の完全源泉かけ流しの質のよさも秀逸。
タオルなし800円って値段ですが、その値段分は充分楽しめました。

住所:長野県松本市安曇白骨4181
電話:0263-93-2101
営業時間:日帰り大浴場、野天風呂10:30~13:30、外湯営業につきましては当日お電話にて確認
定休日:不定休
日帰り入浴:大浴場、混浴野天風呂 ハンドタオルなし大人800円 タオルつき大人1000円


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

信州共同湯めぐり旅・・・
いよいよ、最終日になっちゃいました。
この日は奥飛騨近辺を重点的に廻る予定でおりました。
その一発目が、乗鞍高原温泉「せせらぎの湯」です。

乗鞍高原温泉 せせらぎの湯(長野松本)

ここはですね、無料の入浴施設なんですよ。
なので、こんな感じで、道路脇を100mくらい下っていった所に、
ポツンと存在しています。
事前調査がなければ絶対に見つけられないですね。

脱衣場を経て、いざ浴場へ!
乗鞍高原温泉 せせらぎの湯(長野松本)

こんな感じの半露天です。
人数は4人も入ればいっぱいでしょうか。
先客がおられましたが、すぐにでられたので、独占させていただきます。

泉質はこんなの。
乗鞍高原温泉 せせらぎの湯(長野松本)

単純硫黄温泉 硫化水素型(弱酸性低張性高温泉)。
源泉温度は46.4度なので、そのままを源泉かけ流しで楽しめます。
この引き湯は近くの「湯けむり館」でも使用されているんだそうな。

しかし、すごい!
乗鞍高原温泉 せせらぎの湯(長野松本)

この白濁の泉質は抜群のよさ。
硫黄の香りもええ感じで、肌にまとわりついてきます。
46度の源泉も浸かってみると、40~41度程度になっており、
温め好きな私には、ちょうどええです。

また、その「せせらぎの湯」の名前通り、この川のせせらぎが聞こえます。
乗鞍高原温泉 せせらぎの湯(長野松本)

30分弱使っていると、お一人来て、またさらにお一人来たので、
3人でいっぱい、4人だとかなりきついですから、上がりました。

いや~素晴らしい!こんな施設が無料なんて!
次回、500円だしても入りたいと思いますよ。
この後「湯けむり館」に行こうかなと思っていましたが、
これと同じ泉質で700円も出すのに躊躇してやめました。
ただ、ここのお湯は湯けむり館にも通じているので、バルブの操作は厳禁!
このあたり含め、マナーよく汚さないよう綺麗に入浴すべきですね。
次、乗鞍に来たときには、閉鎖されていないよう祈っています。

住所:長野県松本市安曇乗鞍高原鈴蘭(コロナ観測所バス停そば)
電話:0263-93-2147(乗鞍高原観光案内所)
営業時間:8:00~21:00(21:00消灯)
定休日:冬季閉鎖(GW頃再会)
入浴料:無料


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

長野温泉旅・・・ええ温泉に入ろうと思えば、
山の中の方まで入らなきゃって思っていませんか。
しかし、長野市内から結構近いところに評判の良い温泉あるんですね。
そんな「加賀井温泉一陽館」を訪問です。

加賀井温泉一陽館(長野松代温泉)

昔は旅館だったらしいですが、今は日帰りのみの施設です。
ご主人に300円支払うと、「初めて?」って聞かれたので、「はい^^」。

この前で、これぞ噂に聞いていた、レクチャーが始まりました。
加賀井温泉一陽館(長野松代温泉)

しかし、この湧き出し方、すごいですね~
どれだけ豊富な湯量なんだろって思います。
ご主人の説明にも納得ものでした。

まずは内湯にて・・・
加賀井温泉一陽館(長野松代温泉)

この内湯は脱衣所も一体になったタイプです。
こういう共同湯タイプの風情のある建物は私は好きですが、
駄目な人にはダメかも・・・

まず、この濁り湯を見て、この湯のすごさがわかります。
加賀井温泉一陽館(長野松代温泉)

泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物温泉(高張性中性温泉)。
こっちに浸かってみると、その鉄の香りインパクトがええね~
泉温もぬるめで私好みであります。
ただ、ここの醍醐味は奥の混浴露天と聞いていたので、
内湯はそこそこに、露天へ向かおうと思いますが、
内湯へ一旦入ってきた扉を出ないといけません。
ちょうどレクチャーを受けているご婦人方を横目に見つつ、
裸のまま、タオルで前を隠して露天へ。
(ちょっと場所違えば、こんなんストリーキングやん・・・)

加賀井温泉一陽館(長野松代温泉)

奥の露天は完全に茶褐色の濁り湯。
こりゃ内湯以上にインパクトが強い。
鉄、塩、苦みとえぐみ要素たっぷりなので、これも駄目な人はダメでしょう。
バスタオル巻きで入れるので、女性も結構おられましたね。
それにこの泉質ならば浸かって、バスタオルとっても全然わかりません。
40度前後程度の体感温度なので、30分くらいこの質の高い泉質を堪能できました。

相当、好き嫌い分かれる施設でしょう。
ヌルメ好き、鉄の茶褐色系、質の高い泉質にこだわる方なら、激しくオススメします。
私は300円で楽しめる温泉として、非常に高い評価ですね。
今回、信州で入った温泉の中で最高でした。

住所:長野県長野市松代町東条55
電話:026-278-2016
営業時間:日帰り入浴8:00~20:00、日帰り休憩=8:00~16:00
定休日:無休
日帰り入浴:大人300円 小学生100円/日帰り休憩:750円


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

草津の共同湯は、どこも熱いお湯が多かったので、
私にはイマイチ合いませんでした。
また再び長野に戻る前に、もう一つ体験したい温泉があった。
草津よりも上質の泉質だと噂を聞いております「万座温泉」。
その立ち寄り湯の中でも、比較的にリーズナブルに利用できるのがここ、
「豊国館」です。

豊国館(群馬県万座温泉)

見た目は老舗の古い旅館・・・
こういう所に泊まるのはあまり好みませんが、
お湯は絶対いいだろうなって直感で感じます。

古い廊下を通り、浴室へ。
豊国館(群馬県万座温泉)

脱衣場でてすぐの内湯はこんなのでした。
美しい~お前に惚れましたよ(*^ ^*)。
これほどまでに見事な白濁もなかなかお目にかかれません。

泉質表。
豊国館(群馬県万座温泉)

酸性-含硫黄-ナトリウム-硫酸塩泉(硫化水素型)です。
源泉温度は68.2度
このお湯を入れ替え時にだけ加水して、あとは完全な源泉かけ流し。
そりゃ、こんだけすごいお湯ですもんね。

内湯からの景色。
豊国館(群馬県万座温泉)

山々を眺めることができますが、あまり景観的な構図はよくありません。
また露天からも同じような景色です。

そして、ここはなんといっても露天!
豊国館(群馬県万座温泉)

女性は専用の露天もありますが、こちらの混浴露天も使用できます。
タオル巻きで入ることができるし、白濁がすごいので、タオルなくても全然見えません。

その泉質表。
豊国館(群馬県万座温泉)

やはりこの色、綺麗ですね~
豊国館(群馬県万座温泉)

浸かってみると、温度も熱いので、硫黄の臭いもたっぷりで、重厚感あります。
汗だくになってくるので、縁に座ったりして体を冷やしつつ楽しみます。

まだまだ雪の残る山々も見事。
豊国館(群馬県万座温泉)

ただ、前の車道から離れてはいますが、こっち丸見えですし、
あまり車の通る景色も面白くはないです。

古めかしいけど、休憩所もあります。
豊国館(群馬県万座温泉)

お見事!
草津の温泉に浸かるくらいなら、もう少し足のばして、ここですね。
これだけ素晴らしい泉質を500円で楽しめるとは思えませんでした。

住所:群馬県吾妻郡嬬恋村干俣2401
電話:0279-97-2525
営業時間:8:00~20:00
定休日:無休
日帰り入浴:大人500円 小人300円/宿泊:平日1泊2食付6450円(税込)~


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

野沢→草津へ向かう前に・・・
湯めぐりとして有名な温泉地がありますね。
「渋温泉」です。
ここの外湯は9つあって、宿泊者のみ利用が可能です。
しかし、ネットで検索していると、有料駐車場に停めると、
駐車料金+300円(タオル代)で湯めぐりをさせてもらえたとの
情報があちこちに。なので、寄ってみました。

渋温泉 九番湯・渋大湯(長野)

確かに、湯めぐりパーキングって書いてますね(^^)
ここに停めて湯めぐりさせていただきましょう・・・と思いきや、
受付で聞いてみると、「大湯」しかダメとのこと。
その大湯も料金は500円、プラス1時間駐車料が300円=計800円もとるのだ。
そんな、1つしか入れないなら、「湯めぐりパーキング」って
表記するのはおかしいのではないでしょうか?
納得はいかなかったが、渋々、料金を払います(シャレやないですよ~^^;)。

こちらが、その大湯。
渋温泉 九番湯・渋大湯(長野)

近くの商店で購入したチケットを渡し、鍵を開けてもらいます。

ここの構成は、内湯とむし風呂の2つ構成。
渋温泉 九番湯・渋大湯(長野)

これがそのむし風呂の泉質表です。
内風呂は、ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉で、
源泉温度、59.6度と書かれていました。
蒸し風呂は、さすがの天然で蒸されている感があり、
内風呂と交互に休憩を挟みながら堪能。

で、内風呂!!
渋温泉 九番湯・渋大湯(長野)

見事な茶褐色です。
これはまさに鉄!そのもんでしょう。
浸かってみても、熱いながらもええ濃い泉質ですね。

全く、加水なしで沸き上がってくる源泉をそのままかけ流しです。
渋温泉 九番湯・渋大湯(長野)

さすがに熱すぎるので、水道水で加水させてやることも可能。
しかし、今回、私はここだけ堪能ですから、じっとその濃い源泉と戯れます。

渋温泉は熱いとは聞いていたので、確かにその通りであったが、
泉質的には大満足。
500円でこれならば、こういうタイプの泉質は好きなだけに、
あ~ええ湯やったって感想で終わっています。
しかし、駐車場の表記は変えるべきやと思いますね。
その点が大きなマイナスポイントでした。

住所:長野県下高井郡山ノ内町渋温泉
電話:0269-33-2921(渋温泉旅館組合)
営業時間:6:00~22:00
定休日:無休
入浴料:500円+1時間駐車300円


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

てくてく歩いての夜遅く、草津共同湯めぐり・・・
ここの場所は非常にわかりにくかったです(^^;)
うろうろ探していて、迷ってしまい、路頭で呆然としていたのですが、
明らかにお風呂の用意を持った地元民らしき方がおられ、
お聞きしたら今から行くとのこと(^^)
ご一緒させていただきました。
「喜美の湯」です。

喜美の湯(群馬草津温泉)共同湯

道路沿いには、文京区区民館という建物があり、その裏手なんですよ。
道沿いやとばっかり思ってましたから、こりゃわからんです。

入ってみると非常に情緒のある浴場です。
喜美の湯(群馬草津温泉)共同湯

周りは静かですし、この縁が木造、そして暗めの照明が共同湯風情しますよね。

源泉投入口。
喜美の湯(群馬草津温泉)共同湯

酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉 硫化水素型(酸性低張性高温泉)。
こちらも千歳の湯と一緒で、湯畑から引かれています。
源泉温度は54度。

浸かってみると風情がやっぱりいい。
喜美の湯(群馬草津温泉)共同湯

泉質的には他の共同湯とさほど変わらないので、まあこんなもんかって感じですが、
ここの雰囲気は私の思っている共同湯風情と一致したので、なかなか満足。

ご一緒させていただいた、地元民さんとお話させていただきましたが、
草津の中でも、ここはあまり観光客は来ないので穴場なんだとか。
なので、ちょっと静かにゆっくり浸かりたいなあ~って方向きですね。

住所:群馬県吾妻郡草津町文京区
電話:草津町観光課(0279-88-0001)
営業時間:24時間
定休日:無休
入浴料:無料


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

野沢温泉、共同湯めぐり・・・
ちょっと車に戻り休憩を挟んだ後は、こちらの湯へ。
野沢のシンボル「大湯」から少し下ったところにあります、「河原湯」です。

野沢温泉共同浴場 河原湯(長野)

なぜ、河原なんかな~とも思ったのですが・・・
野沢温泉共同浴場 河原湯(長野)

脇にこんなせせらぎがあります。
(まあ、溝とも言えますが^^;)

こちらのお湯も見た目は大湯と同じような感じ。
野沢温泉共同浴場 河原湯(長野)

脱衣場と浴場が一緒のタイプで、大湯に近いのもあり、
先客が結構いてました。
写真、ご覧の通りの正方形御影石の石湯です。
単純硫黄温泉(低張性アルカリ性高温泉)で、源泉温度64.1度。
かけ湯して、入ってみた感じは、今までに経験してきた熱さではないです。
43度くらいかな~
やはり野沢では地元の方の先客がいるのは重要ですね。
ほどええくらいに加水していただいております。

硫黄たっぷり、湯の花たっぷりのそのお湯は最高。
熱さに耐えつつ、じっくりと味あわせてもらいました。
ここは結構観光客が訪問できやすく、混雑はしていますけど、
その分、程よく加水されており、浸かりやすいですよ。

住所:長野県下高井郡野沢温泉村
電話:野沢温泉村役場商工観光課(0269-85-3114)
営業時間:5:00~23:00(11~3月は6:00~)
定休日:無休
入浴料金:無料+寸志


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

極楽湯というチェーン系のスーパー銭湯がある。
ただ、ここの尼崎店に行ったことはあるのだが、
あまりいい印象は残していない。
極楽湯 尼崎店の記事はこちら!

なので、ここもその名前からスルーしていたのだが、
髪をカットに行くのに、温泉施設併設のカットサロンを探していたら、
ここがピックアップされてきました。
そこでその浴場施設の詳細を確認していたら、
なんと泉質は源泉かけ流しで料金は大阪均一銭湯値段の410円とのこと!
これは一度行ってみようと、車で近くを通りがかる機会に寄ってみました。
「極楽湯」東大阪店である。

極楽湯 東大阪店(大阪東大阪)スーパー銭湯

券売機。
極楽湯 東大阪店(大阪東大阪)スーパー銭湯

うん、このスーパー銭湯風情で、この料金は安い。
まあ、シャンプー、ボディソープの類はついていないけれど、
家から持って行けばええことですからね。

その入ってすぐ。
極楽湯 東大阪店(大阪東大阪)スーパー銭湯

レストラン施設もスーパー銭湯並に立派。

メニュー。
極楽湯 東大阪店(大阪東大阪)スーパー銭湯

変わり湯も中にありました。

入り口の外には手湯の施設もあります。
極楽湯 東大阪店(大阪東大阪)スーパー銭湯

うーん、やっぱりここが410円って信じられない・・・

といっても肝心の中の浴場がどうかですね。
極楽湯 東大阪店(大阪東大阪)スーパー銭湯

脱衣場の手前も立派です。
まずは、その源泉かけ流しを探してみる。

露天にありました!
極楽湯 東大阪店(大阪東大阪)スーパー銭湯

その源泉温度は50度弱ですから、加水はされているようだ。
しかし、その茶褐色のお湯の力強さはすさまじい。
スーパー銭湯の泉質としては立派である。
ただテレビに近い露天は、循環でかなり薄くなっておりました。
また内湯のほうも同様である。
あと加水もされていない源泉かけ流しが寝湯に使われていたが、
これもまた素晴らしい。
あと、サウナ、スチームサウナの両方も完備されています。、

大阪では過去最高のCP値ではなかろうか。
ただ、これほどの施設を近所の人間がほっておくわけはなく、
その混雑ぶりもすさまじいものがある。
なので落ち着けるかと言えばノーである。
ただ、結構夜遅くまでやっているし、休日は朝6時から営業しているので、
その時間を狙っていけばいいかな。
私はカットは温泉併設の所に行くことが多いので、
ここはまた、今度髪切りに行く時期に必ず再訪するでしょう。

住所:大阪府東大阪市長田西3-5-17
電話:06-4309-1126
営業時間:10:00~翌2:00(土日祝は6:00~)
定休日:第3木曜日
入浴料:大人410円、中人130円、幼児(3歳~)60円


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

勝浦、湯めぐり入浴手形シリーズ第二弾。
ホテル浦島と並んで、ここは勝浦のホテルの代表ですね。
ここのお湯の良さも、評判高かったので是非とも堪能したかった。
「ホテル中の島」を訪問です。

ホテル中の島 紀州潮聞之湯(和歌山南紀勝浦温泉)

島にあるホテルのため、連絡船で渡ります。
ホテル中の島 紀州潮聞之湯(和歌山南紀勝浦温泉)

わずか5分弱くらいの船旅ですが、気持ちいいですね(^^)
ホテル中の島 紀州潮聞之湯(和歌山南紀勝浦温泉)

到着、豪華なホテルです。
ホテル中の島 紀州潮聞之湯(和歌山南紀勝浦温泉)

ロビーもゴージャス系。
ホテル中の島 紀州潮聞之湯(和歌山南紀勝浦温泉)

さあ、まずは内湯へ。
ホテル中の島 紀州潮聞之湯(和歌山南紀勝浦温泉)

あ、ここは露天と内湯は別々になっております。
(後ほど聴いたのですが、通じる通路もあるようですが分かりませんでした)

もう一枚。
ホテル中の島 紀州潮聞之湯(和歌山南紀勝浦温泉)

さすがに海の眺めは素晴らしいです。
ただ、この内湯全体に、プンプンに塩素の匂いが・・・
それに温泉も透明な全く白湯といっていいくらいに薄い・・・
すぐさま露天に移動しました。

露天に来ると・・・
ホテル中の島 紀州潮聞之湯(和歌山南紀勝浦温泉)

これぞ、中の島の温泉って醍醐味!!
眺めも素晴らしいし、白濁したお湯も硫黄の香りプンプン!

泉質はこんな感じ。
ホテル中の島 紀州潮聞之湯(和歌山南紀勝浦温泉)

どうやら1階のお湯はボコボコ沸き立つ源泉みたいですね。
女湯も1階のお湯は素晴らしかったそうです。

こんな感じで硫黄臭たっぷりに、ボコボコ沸き立ちます。
ホテル中の島 紀州潮聞之湯(和歌山南紀勝浦温泉)

この近くは非常に熱いのだが、その濃さを満喫するにはここが一番!!

その露天のさきっちょの方は少しぬるめ。
ホテル中の島 紀州潮聞之湯(和歌山南紀勝浦温泉)

そして眺望抜群です。
しかし、観光船や近くの釣り客からも丸見え状態です。

奥は洞窟っぽい造り。
ホテル中の島 紀州潮聞之湯(和歌山南紀勝浦温泉)

この付近は熱く、そして濃いです。

休憩待合い所もあります。
ホテル中の島 紀州潮聞之湯(和歌山南紀勝浦温泉)

ホテル内バーは昭和の雰囲気ですね(^^;)
ホテル中の島 紀州潮聞之湯(和歌山南紀勝浦温泉)

露天の良さは抜群です。
熱いのがある程度我慢できれば、これほどいいお湯もなかなかないでしょう。
それに海の眺望も抜群!
男湯は、内湯には行かずに、露天のみの堪能がええですね。

住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町1179
電話:0735-52-1111
日帰り入浴時間:14:00~20:00
定休日:無休
日帰り入浴料金:500円
泉質:含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉 51.0℃


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

白浜温泉巡り・・・
あちこちのホテルや共同浴場をはしごしていると、
さすがにインターバルをおかないとのぼせてきます。
そういう時に便利なのは、景色のいい無料の足湯施設!
こういうところでジュース飲みながら、休憩するのがいい。
円月島に近い、「御船足湯」を利用しました。

御船足湯(和歌山南紀白浜温泉)

泉質はこんな感じで。
御船足湯(和歌山南紀白浜温泉)

源泉温度は熱いので、加水のみのかけ流しです。
温度は41度程度で管理されているらしく、適温です。

その足湯。
御船足湯(和歌山南紀白浜温泉)

「ホンガクジヒガイ」という貝のモニュメントが湧き出し口です。
白浜はこういう珍しい貝が名産なのか、
貝をモチーフにした、施設がいくつかありますね。

なんと言っても、ここは眺め!
御船足湯(和歌山南紀白浜温泉)

彼方に円月島を望む風景は癒されますね。

駐車場も少しですがありますし、
ちょっとドライブの小休止にもよさげですよ。

住所:和歌山県西牟婁郡白浜町743-5
電話:0739-43-5511(白浜観光協会)
利用時間:8:00~22:00(7,8月は7:00~)
定休日:無休
利用料:無料
泉質:ナトリウム・マグネシウム塩化物泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、やけど等


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★