関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

白浜に豪華に聳え立つホテル・・・目立ってますよね。
色んなホテルからどこをチョイスするか悩んだが、
やはり高級ホテルを制覇していきたいのは貧乏人の性か(^^;)
ちゅうことで、まずはこちらのホテルを堪能します。
「コガノイベイホテル」です。

コガノイベイホテル(和歌山南紀白浜温泉)熊野の大自然の湯

外観、このゴージャスな雰囲気は女性受けしそうな、
お洒落なホテルですね。

中庭もこんな感じで。
コガノイベイホテル(和歌山南紀白浜温泉)熊野の大自然の湯

ホテルの造りもゆったりと豪華ですね。
このホテルの温泉施設は深夜に男女入替になりますので、
海の見えるお風呂は女性用になります。

泉質はこんな感じで。
コガノイベイホテル(和歌山南紀白浜温泉)熊野の大自然の湯

温泉のかけ流しは、内湯のみです。
コガノイベイホテル(和歌山南紀白浜温泉)熊野の大自然の湯

内湯はつるつる、トロトロ感が、ちょうど吹き出し口付近
にいると、よく分かります。好みの泉質ですね。
加水は気温に応じて、塩素投入はされているらしいですが、
それほど塩素の匂いはしませんでした。
あ~っ、ようやく温泉地に来たなって気分も高まります。

しかし露天・・・
コガノイベイホテル(和歌山南紀白浜温泉)熊野の大自然の湯

こっちは泉質的には全くダメでした。
寒いのもあり即退散。

その露天には滝もありましたが・・・
コガノイベイホテル(和歌山南紀白浜温泉)熊野の大自然の湯

「熊野の大自然の湯」なので、那智の滝をイメージは
してるのでしょうが、ちゃっちい・・・

男湯「熊野の大自然の湯」は景観もよくなく、
露天の風情が感じられなかったので残念。
泉質的にも白浜にどこでもありがちなものですので、
温泉を目当てに、ここへ泊まることはないかな。
ただ、やはりその洗練された雰囲気は魅力のホテルですね。

住所:和歌山県西牟婁郡白浜町479200
電話:0739-43-6000
湯めぐり札利用時間:13:00~22:00
泉質:ナトリウム炭酸水素塩 塩化物泉
効能:神経痛、関節痛、慢性消化器病
・「海の見える大自然の湯」(女性)
露天風呂(ハーブ湯、ひのき風呂)、大浴場、ドライサウナ、水風呂
・大浴場「熊野の大自然の湯」(男性)
露天風呂(紀州備長炭風呂、薬湯、滝湯、天の川)、大浴場サウナ
※宿泊の場合は男女湯時間入替え制


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

奥津温泉の中で唯一のスーパー銭湯チックな施設があります。
岡山県、奥津訪問の最後にこちらでゆったり過ごす事にしました。
奥津温泉「花美人の里」です。

奥津温泉 花美人の里

しかし、なんで奥津の温泉はどこも高いんでしょうか。
非常に綺麗な施設なんですけど、
こちらもスーパー銭湯としては割高な900円もします。

無料の足湯施設があります。
奥津温泉 花美人の里

こんな高い値段のところに入るのを嫌がってか、
若い女性達はこちらの場所で歓談されていましたね。

さーて、バスタオルを貸していただきました、中へ入りましょう。
奥津温泉 花美人の里

こちらが内湯です。
ジャグジーのように泡々としております。
こちらのお湯には全く温泉感がありません。
熱いし、自分にはちと苦手なんですぐに別の場所へ。

外の露天です。
奥津温泉 花美人の里

こちらのお湯もイマイチですね・・・
他の奥津の旅館で入った泉質では全然ないです。
ただ、内湯の奥に、美人の湯っていう、38,9度のぬる湯があったんですけど、
こちらのお湯だけはトロトロ感があって、
いかにも奥津の湯らしさを感じられました。

泉質表です。
奥津温泉 花美人の里

加温、循環ろ過、塩素入りのお湯ですね。
まあ、これだけでかい施設なので、いか仕方のないところか。

お土産物売り場もあるし、レストランもあります。
またサウナ好きな方にはサウナもありますし、
1日日帰りでゆっくりくつろいで、少しだけ奥津らしい温泉に入りたいなら、
こちらをお薦めします。
ただ、どうしても源泉かけ流しにこだわる方なら、
温泉入浴手形(1300円)を買って、以下の3旅館のうち2つと、
そして最後にここでゆっくりすることをお薦めします。
奥津温泉 奥津荘の記事はこちら!
奥津温泉 東和楼の記事はこちら!
奥津温泉 河鹿園の記事はこちら!


住所:岡山県苫田郡鏡野町奥津川西261
電話:0868-52-0788
営業時間:10:00~21:00
定休日:木曜日
入浴料:大人900円 小人400円/家族風呂1時間貸し切り1500円


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

ここは白浜、公衆浴場の一つです。
しかし実際は、夏場(5/1~9/30)は水着着用の施設で、100円必要。
オフシーズンは、ベンチが置かれて、足湯として利用。
料金も無料になるんだそうな。
そんな白良浜を望む温泉「しらすな」です。

しらすな(和歌山南紀白浜温泉)公衆浴場

1日目、営業時間内だと15時前に行くと既に閉まっている。
どうやらオフシーズンは14時半の入場、
15時までで閉めてしまうみたいですね。
気を取り直して、翌日の朝、再び訪問しました。

こんな感じでプールみたい。
しらすな(和歌山南紀白浜温泉)公衆浴場

まあ、夏場は、海水浴帰りに最後、ここに浸かってってするのがええな。

景色は白良浜を望むので最高。
しらすな(和歌山南紀白浜温泉)公衆浴場

ゆったり足と共に、目も癒されました。
湯は加水はされていますが、しっかりした温泉です。

やはり足湯だけでは不満足。
まあ、他にも白浜は公衆浴場ありますからね。
オフシーズンは白良浜散策の休憩ポイントと考えたらいいでしょう。

住所:和歌山県西牟婁郡白浜町白良浜864
電話:0739-43-1126
営業時間:10:00~18:00(6/15~9/15は10:00~19:00)
定休日:月曜休(7・8月は無休)
利用料金 0円(5/1~9/30は100円)
特色:露天風呂のみ


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

白浜に来ると是非とも入ってみたい温泉ナンバー1。
その泉質も景観も非常にいいのだ。
何度ももう入りにきているし、小雨交じりの天気でもあったので、
今回の白浜探訪では、スルーしようとも思っていたのだが、
やっぱり来てしまいました。
白浜温泉の共同湯である「崎の湯」です。

白浜温泉 崎の湯

こちらでは石鹸、シャンプーの類は使えません。
なので、自然の天然温泉と言ったほうがいいかもしれませんね。
昔は無料でしたが、今では入浴料金300円必要です。

脱衣場で服を脱ぎ、その浴場へ!
白浜温泉 崎の湯

はーい、目の前、海です!!
ホント天気よかったら、もっと楽しめたんですけどね。
浴槽は2つに分かれていて、手前の熱いのと海べりのぬるいのとがあります。

その泉質表はこんなの。
白浜温泉 崎の湯

源泉は80度近くと、かなり熱い温度です。
なので、ある程度は水で埋めたりも必要かな。
その上段のお湯は熱すぎて、触ることもできませんでしたね。
硫黄臭漂う、つるつるとするお湯はいかにも白浜のお湯です。

その海べりにまでやってきました。
白浜温泉 崎の湯

この辺りまで来ると、ぬるくなってるので、まったりできます。
ザッパーンってやって来る波を見ながら入る温泉は、
雨交じりでも最高ですね。

左手を見ると・・・
白浜温泉 崎の湯

ホテルシーモアの海中展望塔が丸見えです(^^;)
ちゅうことは、向こうからも男湯は丸見えなんですけどね。

反対側から、脱衣場の方を眺める。
白浜温泉 崎の湯

脱衣場は掘っ立て小屋程度で、ロッカーもないので、
貴重品は料金支払うところ近くのロッカーに入れてくださいね。

源泉がこちらから投入されています。
白浜温泉 崎の湯

こっちの泉温はめっちゃ熱いので、ぬるめ好きの私としては、
海べりの方が景色もよくって、そっちが大好きです。

久しぶりに来てみたが、やっぱり最高!
泉質は抜群やし、料金は300円と安いしね。
それに海近くの温泉大好きな私にはこの景観は抜群!!
今度は是非、晴れの時に来たいな。

住所:和歌山県西牟婁郡白浜町湯崎1668
電話:0739-42-3016
営業時間:8:00~16:30(7/1~8/31は7:00~19:00)
定休日:水曜日
入浴料金:300円(3歳以上)
駐車場:10台(無料)


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

広島、日帰り旅行からの帰り・・・
さすがに1日往復はつらいもんがあります。
帰りは道中に温泉があって、その疲れを癒してもらえたらと思ってました。
そこで、山陽自動車道のIC近くにいい温泉がないか検索した所、
この温泉がヒット!さあ!入りましょう「大中山温泉」です。

大中山温泉(岡山和気IC近く)

場所は、山陽道和気ICを降りて、南に車で3分ぐらいの所。
高速での移動時、ちょっと寄るのに最適ですね。
で、ご覧のコンテナを改造した浴場です。
私は全然大丈夫ですが、スーパー銭湯に慣れている人間には
ちょっと引くよな・・・

おじいちゃん、おばあちゃんが管理されています。
大中山温泉(岡山和気IC近く)

この泉質表の前で、優しく色々と説明してくださいました(^^)
また、常連さんと思わしき方が先に入っておられましたが、
外様の私たちにも優しく接してくださいましたね。
のどかでいいなあ~って思いました。

入ると、洗い場がまずあり、2つの浴槽があります。
大中山温泉(岡山和気IC近く)

この右側があつ湯、左側がぬる湯になっています。

まずはぬる湯より・・・
大中山温泉(岡山和気IC近く)

温度的には、39度ぐらいかな。
ずっと浸かっていられそうなそのお湯は、
肌にまとわりついてくるタイプのぬるぬるのアルカリ泉質。
岡山はやっぱりこの泉質ですね。
源泉温は20度と冷たいですから、加温はされてはいますね。
もちろん塩素臭なんてもんはありませんから心地いい♪
ただ、岡山で他に堪能した、この2湯には及ばない泉質かな。
の幕湯
湯郷鷺温泉館の療養湯

こちらはあつ湯。
大中山温泉(岡山和気IC近く)

温度的には42~43度ぐらいやと思います。

この2つの交互浴が結構気持ちいい。
上がる前は湯冷めしないように、こちらのあつ湯に長めに浸かりました。

綺麗なスーパー銭湯好きな方にはおすすめしません。
ただ、多少汚くて、くたびれてても、
泉質重視のお湯にゆったりと浸かるのが好きならば、
高速ICを降りてすぐで、非常に行きやすいので、
旅の移動の最中に、立ち寄るのに最適でしょう。

住所:岡山県和気郡和気町大中山池尻1798-1
電話:0869-92-0522
営業時間:10:00~22:00
入浴料金:大人500円 中人250円 子供150円
駐車場:30台(無料)


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

那智勝浦にいかにもパラダイス的な、個人の手作り感のある、
温泉施設があるんだそうな。
そういう雰囲気は是非とも味わってみたいものである。
入浴料金も300円と安いので、勝浦での立ち寄り湯として利用してみました。
「那智天然温泉」である。

場所は那智の滝へ向かう県道を上っていくとすぐ、
左手に「那智温泉」の看板が見えます。
で駐車場も舗装はされておりません、そこに車を停めて近づくと・・・

那智天然温泉

こんな感じで現れてきました。
ホントにここが温泉施設なのかはよく分からないですね(^^;)

さらに近づくと・・・
那智天然温泉

営業時間、定休日の案内がありました。
ちゅうわけで今日は営業されておられますね、さらに中へ進む。
管理人らしき方に入浴料金300円を支払い、脱衣場へ向かいます。
お客さんは近所のお年を召された方ご常連さんばっかりです。
脱衣場は結構汚いとの口コミも多いが、そんなに身構えるほどではなかったです。
ただ、ロッカーに鍵がなく、貴重品がある場合は管理人さんに、
鍵をいただきかけるようです。

浴場に向かうと、まずは内湯が配置されています。
掛け流しの源泉浴槽、その内側に加温浴槽があります。
こちらは結構、常連さんで賑わっておりました。

で、ドアを押して、外に出たら・・・
那智天然温泉

開放的な露天が広がっています。
こちらは、混浴で、内湯の男風呂、女風呂、両方から繋がっています。
単純硫黄泉であるが、アルカリ泉でもあり、無色透明なお湯はぬるめ36度くらいで、
すっごく心地よく、泡付きも見られます。
他に人は入っておらず、ずっとここを独占できました。

周りの風景。
那智天然温泉

なんかジャングルっぽいですね(^^)
ホント、天気がすっごくよかったので、この開放的な露天は最高です。

また隣には・・・
那智天然温泉

プールがあります。
春先だったので、こちらはコケが生えた状態でした。
夏場はここでお子さん泳がせて、自分は露天に入るのでしょうか。
やはりなんか面白い施設です。

泉質的には、相当満足できます。
ぬるめの硫黄泉が好きな方には絶妙でしょう。
また、露天の開放感のよさもかなりのもんです。
思ったよりも寂れた雰囲気ではなかったし、入浴料金も安いので、
ここは穴場ですね。

住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町川関1512
電話:0735-52-6426
営業時間:13:00~19:00(日祭日は10:00~)
定休日:毎月1・11・21日曜日(祝日の場合は翌日休)
入浴料金:大人300円、小学生100円


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★