関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

「越前敦賀 かに食べ放題日帰りバスツアー」
あらすじはこちら!

さ~て、グルメ三昧のツアーです。
越前そばの記事はこちら!
蟹食べ放題の記事はこちら!


しかし、いつも私の旅行ではグルメと併せて、必ず堪能するのは温泉!
今回もこのバスツアー利用を決定したのは、
なんといっても温泉に入れるチョイスができたからなんですよ。
ちゅうわけで、バスは、敦賀にあります「リラ・ポート」に、
立ち寄りました。

敦賀きらめき温泉 リラ・ポート(福井敦賀)

こちらの施設は、温泉施設とプール(バーデゾーン)の2種類に分かれます。
敦賀きらめき温泉 リラ・ポート(福井敦賀)

私は事前にどんな施設か調べていたので、水着を持ってきておりました。
そのバーデゾーンより堪能。
地元のお年寄りの憩いの場となっておりましたね~(^^)
水中ウォーキングをみなさんされておりました。

また外の露天ジャグジーは景色を見渡せます。
敦賀きらめき温泉 リラ・ポート(福井敦賀)

結構、山の中腹に建っているので、市街地を見下ろせて、
気持ちいいです。
ただ、こちらのバーデゾーンは全く温泉らしさを感じないお湯です。

さーて水着を脱いで、今度は温泉ゾーンに向かいます。
こういう施設では露天が好きなので、まずはそちらから・・・
うーん、こっちはプールと違い、景色が全く見えません。
また、温泉の質も全く感じられず、魅力なし。

次に内湯、こっちはサウナと水風呂が併設されておりますが、
高温浴槽、中温浴槽の2種類のシンプルな構成です。
あ、あと寝湯などは中温浴槽にあります。

その高温浴槽の泉質表。
敦賀きらめき温泉 リラ・ポート(福井敦賀)

アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性低温泉) 。
加温、循環、塩素消毒はされております。
こちらは、露天と同じ泉質なので、全く感想は一緒ですね。

しかし、ここの温泉の魅力はもうひとつ泉質があるんですよ。
中温浴槽がその泉質で、ナトリウム-炭酸水素塩泉(低張性アルカリ性低温泉)。
こちらも同じく、加温、循環、塩素使用です。
ただ、こちらの泉質はぬめりが非常にあり、いかにもアルカリ泉に浸かってるなって風情。
温度も40度程度でしたから、バスの出発時間ぎりぎりまで、
こちらの浴槽にずっと浸かっておりました。

2Fは休憩&レストラン施設になっております。
敦賀きらめき温泉 リラ・ポート(福井敦賀)

リクライニングチェアがあるのは風呂上がりに嬉しいですね。

普通に立ち寄ると1000円って値段なので、この値段では次回立ち寄りはないかなって印象。
まあ、だけど、休憩施設との利用で、再入浴もできますので、
一日、プールも含めて、ゆったりするとこの値段でも納得できるかもです。
ただ、泉質重視の方は行かない方がええでしょう。

で、私は海の見える情景が好きなので、福井ではここが一番好きですね。
180度海が見渡せる、圧巻の温泉施設はこちら!

最後にお土産はこちらへ!


住所:福井県敦賀市高野91-9-3
電話:0770-24-1126
営業時間:10:00~22:00
定休日:毎月第1第3火曜日(但し祝日と特別日を除く)
ほかに半年に1回(6月と11月)3日間程度臨時休館日があります。
入館料:大人一般(12歳以上)1,000円、大人敦賀民(12歳以上)700円、
小人一般(3歳~12歳未満)500円、小人敦賀市民(3歳~12歳未満)350円、幼児(3歳未満) 無料
駐車場:300台(無料)


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

奈良の十津川峡あたりも非常にいい温泉が沸き立つ地であります。
その十津川の少し北に、「温泉地温泉」という名前の温泉地があります。
ここの公衆浴場に寄ってみることにしました。
湯泉地温泉休憩所「泉湯」です。

湯泉地温泉休憩所 泉湯

まず入り口に、浴槽水データがありました。
湯泉地温泉休憩所 泉湯

こちらを見る限りでは、源泉の温度が高いので、
20%は加水しているようです。
しかし、塩素消毒はなしのかけ流しであるので、
結構泉質的には期待が持てそう(^^)

券売機で入浴料金400円を購入し、中に入ります。
湯泉地温泉休憩所 泉湯

まずはこんな感じの内湯があります。
入ってみると・・・すっごく熱い!!
まだ春先の寒い時期だったので、これはどうやら加水されてなかったよう。
水道管もあったので、そちらでどうやら温度調節はするようである。

もう一つ泉質表。
湯泉地温泉休憩所 泉湯

なるほど、60度近くもあるので、このままではとても入り切れないですね。
そして、アルカリ硫黄泉らしく、硫黄の臭いも濃厚、またつるすべのお湯です。
入っての心地よさは最高ですね。
また、無色透明のお湯です。

そして単なる公衆浴場にしては珍しく、露天もあります。
湯泉地温泉休憩所 泉湯

こちらは、さすがに外気の寒さもあり、加水していなくても、
少し熱め程度で、まだ我慢できました。

その露天からの眺めはこんな感じ。
湯泉地温泉休憩所 泉湯

目隠しのため、木が生い茂っていますが、川を眺める眺望があります。
非常にのどかで、ゆったりと時が流れていきます。

また逆に眺めるとこんな感じです。
湯泉地温泉休憩所 泉湯

建物自体は結構綺麗な施設なので、スーパー銭湯慣れした方でも、
ここは大丈夫であろう。

泉質的にも、また設備も露天風呂があって、
この入浴料金400円だったら、結構安く感じます。
またよき、公衆浴場を体感することができました。

住所:奈良県吉野郡十津川村武蔵28-4
電話:0746-62-0090
営業時間:10:00~21:30
定休日:火曜日
入浴料金:大人400円・子供200円


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

和歌山は温泉地の宝庫。
海岸線沿いも、また内陸部に行ってもええ温泉が湧いている。
中でも「白浜温泉」は高速道路も充実していて、非常に行きやすいですね。
今回もちょっと足を伸ばして訪問。
源泉かけ流しのええお湯が味わえるという、
「長生の湯」に立ち寄りました。

白浜温泉 長生の湯

こんな料金と営業時間。
白浜温泉 長生の湯

銭湯にちょっとプラスした程度の値段500円がええですよね。
そんで、ここちゃんとシャンプーリンス、ボディーソープが、
備え付けれているんですよ。
で、ドライヤーも無料のが取り付けれています。

内湯に入ると・・・
白浜温泉 長生の湯

オレンジでライトアップされていて、情緒深いですね。
なかなか綺麗でもある。
まずはこのお湯に浸かってみる。
うんうん、アルカリのぬるぬるした感じと硫黄臭も感じられ、
これは非常によい泉質である。

その泉質表。
白浜温泉 長生の湯

ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉なのだが、
他の白浜温泉のお湯に比べると、しょっぱい感はあまりない。
俺としてはあまりに強い塩分は、肌弱いのでこのぐらいがちょうどいい。

この施設のこだわり。
白浜温泉 長生の湯

完全にかけ流しなのだ。
夏の暑い時期だけ、加水をするのだそう。
この時期はまだ春先だったので、完全かけ流しを味わえた。
塩素臭を全く感じないので、すっごく気持ちいい。

さあ、露天にも出ましょう。
白浜温泉 長生の湯

こちらは「備長炭風呂」。
上質の備長炭を浴槽内部にはりつめております。
こちらのお湯もええ感じ、さらに内風呂よりぬるかったので、
ぬるめ好きならば露天ですね。

こっちが露天の岩風呂。
白浜温泉 長生の湯

広いその露天は心地いいですね~
湧き出し口より遠い所は結構ぬるくなっておりよかった。

で、ここは別名「もみじ風呂」って言われているんですよ。
白浜温泉 長生の湯

浴槽のすぐ上にまで、もみじの枝がせり出しており、
これ、秋に入ったりするとめっちゃくちゃ風情ええんでしょうね。
景観も見事!である。

泉質はまさに、源泉かけ流しの白浜のええお湯。
そして景観も周りの山林ともみじがいい露天・・・
この値段で楽しめる温泉施設としては、かなり評価高いです。
今度は是非、秋に来たいですね。

住所:和歌山県西牟婁郡白浜町古賀浦2763
電話:0739-42-3010
営業時間:10:00~22:00
定休日:水曜日 (祝日の場合は翌日)
入浴料:大人500円、小人(小学生以下)300円


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

ぶらっと大阪近郊スーパー銭湯巡り・・・
今回は寝屋川に設備の整ったスーパー銭湯があるとのこと。
岩盤浴設備も時間無制限のがしっかりあるし、
今回はこちらにお邪魔することにしました。
そういえば、箕面、千里中央近くにある姉妹店には行ったことありますね。
「箕面水春の記事はこちら!」

寝屋川にあります「東香里湯元 水春」です。
東香里湯元 水春

ただここって、入浴料金だけでなく、岩盤浴料金も土日祝は100円アップするんですよ。
これやと、平日に行く方がお得ですよね?
なので、金曜夜に行くことにしました。

しかし、同行者の仕事の都合で、ここに到着したのは22時前・・・
終了は翌1時やし、岩盤浴もするとゆったり入れないなっと思い、
今回、入浴のみにしました。

ここの水春はやっぱり綺麗ですね~
東香里湯元 水春

箕面に行ったときも感じたが、スペースに余裕を持って造られています。
特に、内湯よりも、露天に力を入れていますね。
さーて、源泉はどこかいな?って探すとありました!
一番、上流にあたる部分がかけ流しとのこと、早速ここに浸かる。

東香里湯元 水春


温度は夏場で40度弱であるから、この温めは心地良いです。
しかし、少し茶緑がかったお湯に温泉の強さをあまり感じない。

こちらが泉質表。
東香里湯元 水春

泉質はナトリウム-塩化物泉で源泉温度が低いため、加温されています。
また、ここ源泉はかけ流しではあるが、消毒はされています。
薄さを感じたのは、このせいなんかな。
特に下流の循環になると、温泉らしさが全くなくなっていました。

ただここは、人工の炭酸泉があるんですね。
これが非常に泡付きがよく、温度も40度弱とぬるめで、ゆったりとTVを見ながら浸かれます。
最近、この人工炭酸泉をやるスーパー銭湯増えてきてますが、
ここの泡付きのよさは非常に心地良い。

あと気に入ったのは、露天にある、漢方のスチームサウナ。
漢方湯は大好きなので、タワーサウナよりも、こっちにずっと入ってました。

フロントの様子。
東香里湯元 水春

あがってからの休憩処も、寝ころべるスペースが少しだけあり、
また全体的に広いです。

金曜夜ってこともあり、かなり賑わってました。
また、寝屋川はいろんな大学が近いこともあり、若いグループがたくさんいて、
騒がしさはかなりのもんでした。
それに温泉の泉質的にも、若干、不満足な部分もあります。

日曜、祝日は早朝からやってるし、朝食バイキングもレストランでやっているので、
まだ、朝の人の少ない時間に行くと、岩盤浴も楽しみつつ、1日ゆったりできて
満足できるのではと思います。

住所:大阪府寝屋川市寝屋北町2-1
電話:072-825-4126
営業時間:9:00~翌1:00(日曜、祝日は6:00~、受付は~24:00)
定休日:無休
入浴料:平日:大人700円 小人350円 幼児100円/土日祝:大人800円 小人400円 幼児150円
岩盤浴:平日900円 土日祝1,000円


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

勝浦ではあちこちの日帰り入浴を楽しみましたが、
宿の温泉もここ「越之湯」は色々楽しめます。
前回2度にわたって、「施設編」「夕食編」を紹介しました。
湯快リゾート 越之湯 施設編はこちら!
湯快リゾート 越之湯 夕食編はこちら!


今回は「温泉編」をご紹介いたします。
湯快リゾート 越之湯 温泉編(和歌山南紀勝浦温泉)

上の写真は玄関先にあります、足湯施設。
こういう風情が、昔の高級ホテルの名残ですね。

こちらの大浴場は深夜に男女入れ替え制になっています。
湯快リゾート 越之湯 温泉編(和歌山南紀勝浦温泉)

これは露天風呂の一部。
宿泊当日と翌日とで、違ったお風呂が楽しめるのは嬉しいもんです。

さて、その泉質は?
湯快リゾート 越之湯 温泉編(和歌山南紀勝浦温泉)

2種類の泉質がありますが、どちらもぬめりを感じられるアルカリ泉。
一部はかけ流しされております。

大浴場にはジャングル露天風呂もあります。
湯快リゾート 越之湯 温泉編(和歌山南紀勝浦温泉)

また、サウナ、水風呂もどちらの大浴場にも配置。
湯快リゾート 越之湯 温泉編(和歌山南紀勝浦温泉)

一番ええ泉質やなと思ったのがこちら!
湯快リゾート 越之湯 温泉編(和歌山南紀勝浦温泉)

深夜に入れ替わった、内湯ですが、
ここのお湯が非常によかったですね~

あと貸切露天風呂も0:00~チェックアウトまでは一般開放されます。
湯快リゾート 越之湯 温泉編(和歌山南紀勝浦温泉)

夜はこんな感じで。
湯快リゾート 越之湯 温泉編(和歌山南紀勝浦温泉)

翌朝はこんなの。
湯快リゾート 越之湯 温泉編(和歌山南紀勝浦温泉)

もう1枚。
湯快リゾート 越之湯 温泉編(和歌山南紀勝浦温泉)

さすがに景色は隙間から堪能できる程度でした。

いろんなタイプのお風呂があって満足!
別に他の温泉に行かなくても、ここ「越の湯」だけで充分ですね。
薄い泉質の所もありましたが、楽しめました。
さて次回は「朝食編」に続きます。

住所:和歌山県東牟妻郡那智勝浦町湯川1108
電話:0735-52-1414
チェックイン:15:00~
チェックアウト:~翌12:00
天然温泉掛け流し、加温・一部循環式、塩素あり
泉質:ナトリウムー塩化物温泉(アルカリ性低張性温泉)
泉質:ナトリウム・カルシウムー塩化物温泉(弱アルカリ性低張性温泉)
大・中浴場(岩風呂)、ジャングル露天風呂、そして3つの小露天風呂はすべて天然温泉
0:00~14:30は貸切風呂は一般開放となります。


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★