関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

温泉宿予約

さーて、高知市内での宿泊は?
3連休の初日はさすがに、どこのホテルも予約いっぱいです。
温泉旅館やらは、どうしても休日料金やし、お得には感じない。
夜は外に飲みに出るから、繁華街近くのビジホ宿泊でええんですよ。
しかし、ビジホのユニットバスは嫌いなんですね~
やっぱり旅に出ての宿泊はおっきな浴槽に浸かって、うだーっとやりたいもんです。
ちゅうことで、大浴場つきのビジホを楽天トラベルで検索して、
ここが見つかりました。「ツーリストイン高知」です。

ツーリストイン高知


見た目もビジホの陳腐さがありません。

そしてロビーに入っても・・・
ツーリストイン高知

非常にゆったりした造りをしており、綺麗です。
部屋の写真は今回撮っておりませんが、狭いながらも綺麗でした。

その部屋からの眺めです。
ツーリストイン高知

高知城を望む景色ですので、なかなかです。
(携帯カメラの性能上、望遠できませんが、実際はもっと近くに見えます)

さあ、いざ大浴場へ!
ツーリストイン高知

チェックイン後、すぐに入ろうと思ったのですが、
夜(19~23時くらい)と朝(6~9時)くらいしかやっていないのが残念。
やはり滞在中はずっと開けていて欲しいですね。

さあ!その内湯に浸かります。
ツーリストイン高知

温泉ではないけれど、大きいお風呂はええですね。
またサウナも水風呂も完備しとります。

こちらは露天。
ツーリストイン高知

その夜の眺めはこんなの。
ツーリストイン高知

朝はこんなのです。
ツーリストイン高知

といっても、これは立って、身をのりだして撮ったんですけどね。
さすがに浸かりながらは見れません。
ただ、ぷつぷつと小さい穴があいた壁になっているので、その壁越しには見えます。

これで宿泊いくらやと思います?
2人、セミダブルのシングル利用で5900円です!!!
一人頭、3000円しません。
この値段で、この綺麗さなら、大浴場付で大満足ですね。
シンプルながらも、いやー素晴らしいです。

今回の旅のあらすじはこちら!

住所:高知県高知市大川筋1-5-5
電話:088-820-5151
チェックイン:15:00
チェックアウト:10:00


★今回一人3000円もしないで、楽天トラベルで予約とれました★
スポンサーサイト
記事編集

温泉宿予約

青春18切符旅本編はこちらで連載中♪

今回の東京18切符旅では、同じところばかりを利用せず、
なおかつ3000円以下で泊まれるところをできるだけって条件を
自分に課していた。
最初の東京宿泊地、「グリーンプラザ新宿」がかなりよかって、
半額券ももらい、思わず連泊したのだが、今日は池袋に移動です。
サウナ&薬湯「和楽の郷」です。

warakunosato0.jpg

ここは宿泊プラン(12時間滞在)で、入浴料+深夜料金で2940円という値段。
今回の俺の旅の条件と合致しています。

チェックイン時、ちょっとぶらぶら外出しようかと思って、
外出可かどうか聞いてみたが、不可とのこと。
まあ、風呂入って、大人しく寝ることにしよう。

ここは結構お風呂もよさげなのでチェックしていました。
まずは、「紅塩使用サウナ」・・・
このサウナの壁には三億八千万年前にエベレストが隆起した際に、
海が地下に閉じ込められ、海水の中の塩分が固まって岩のようになった
紅塩が使用されている。
遠赤外線・磁力線を発し、発汗作用が非常に高いのがが特徴だそうだ。

そして俺が気に入ったのはこっち。
「励明薬湯」(れいめいやくとう)である。
8種類の漢方薬がブレンドして入っているのだが、この漢方が非常に
濃い~のなんの!!
その匂いもすごく漢方に浸ってる感があるが、
肉体的にも染み渡るのが分かるくらいに濃い。
でそこからあがった後に、非常にあそこが痛くなり、
ん?俺、あそこに変な病気でも持っているのか?と心配したのだが、
壁の注意書きにこう書かれていました。
(大切なところが痛くなりますので、手で押さえて入浴してください)
なるほどね、一安心(^^)

さて、風呂からあがって、明日の予定をシミュレーションしながら
眠りにつこうと仮眠室にあがる。

なんかちょっとあがったとたんに嫌な予感はしたのだが・・・
warakunosato1.jpg

まあ何人か寝てるし、部屋の隅っこにでも陣取って寝ましょうと横になる。
・・・・・・・かゆい。
・・やっぱかゆい!
腕を見ると、蚊にかまれたような痕があちこちに。
うわーここ蚊だらけなんちゃうん?と思って電気つけて見ると・・・
布団にダニが!!!!!5,6匹動き回ってるのが見えるのだ。
そう、ダニの巣窟やったんですよ。
全身、20箇所ぐらい、わずか30分くらいでやられました。

場所が悪いのかと、かなり遠くの別の場所に移動しても一緒。
そこでも5箇所くらいやられた。

こんなところで寝れる訳ない。
出て行く為、フロントへ行って、兄ちゃんに文句言ったが、
中国人であまり言葉をわかってもらえず断念・・・
近所のネットカフェに緊急避難しました。

で、これがその噛まれた痕、帰ってきて一週間後もこんな状態です。
warakunosato2.jpg

これは一部で、こんな状態が全身5箇所くらいありました。
1ヶ月以上、痕もかゆみもとれなかったです。

ダニ恐るべし!そしてその巣窟「和楽の郷」恐るべしです!

入浴料金
大人(6:00~23:00) ¥2,100
小人(6:00~23:00) ¥1,050
深夜料金(23:00~6:00) ¥840(追加分)

宿泊プラン(12時間滞在)
入浴料+深夜料金 ¥2,940

住所:東京都豊島区西池袋1-2-10
電話:03-3982-4526
営業時間:24時間営業
休日:年中無休


カプセルホテルは楽天での申し込み割引がお得です!
記事編集

温泉宿予約

大阪、羽曳野市に結構ええ泉質のスーパー銭湯があるとのこと。
ちょうど、阪和道を通って、大阪へ帰ってくるところだったので、
寄ってみることにしました。華の湯です。

華の湯(大阪羽曳野)

施設自体は非常にこじんまりとしていて、
最近よく出来てきている、ゴージャス系スーパー銭湯ではないです。
岩盤浴とかの付帯施設もないしね。

玄関入ってすぐの待合所もこんな感じ。
華の湯(大阪羽曳野)

すっごくこじんまりしています。

券売機で600円で券を買って中へ。
男女日替わりで石風呂と檜風呂が交互になるようです。
今回、男湯は石風呂にあたりました。
うん、露天と内湯が大体半々ぐらいの構成です。
サウナは2種類、普通のと岩塩サウナとありますが、上で繋がってるようです。

露天は大きな石風呂と、小さな石風呂、そして、
一人用の石を刳り貫いたような一人風呂があります。

まずは、大きな石風呂より・・・
華の湯(大阪羽曳野)

その泉質は少し黄色味がかっており、いかにも温泉って感じ。
鉄の匂いが若干感じられます。
似てると思ったのは、尼崎の銭湯「戎湯」のような感じかな。

「戎湯」の記事はこちら!

ただ、「戎湯」ほどの源泉かけ流し感はありませんね。
露天のお湯の温度は冬の寒さのせいなのか、若干内湯よりぬるめでした。

さーて、その泉質表ではどう標記してるんでしょうか。
華の湯(大阪羽曳野)

ナトリウム・カルシウム・塩化物泉。
ちょっときちんと撮れず見にくいですけど、
加温、循環ろ過の温泉のようです。
で、大阪府内は条例により、塩素投入はされておりますから、
薄さを感じたのはそのせいかな。
源泉温度は45度程度と若干熱め程度ですから、冬場は加温はされていないのかも。
なので、そんなに加温・循環ろ過の薄い温泉って感じはしませんでした。

全体的になんの特徴もないスーパー銭湯って印象。
泉質的にもそこそこ、設備的も小奇麗ではあるがそこそこ。
まあ、車で1時間以上かけてまで、行こうとは次回思わないかな。
土日祝でも600円って手頃な値段で入浴できるんで、近所にあればって感じですね。

天然温泉 華の湯
住所:大阪府羽曳野市野453
電話:072-946-8726
営業時間:10:00~24:00(最終受付23:30)
定休日:年中無休
日帰り入浴:大人(中学生以上)600円 小人(4才~小学生) 300円
風呂の特色:男女別浴場(大風呂、露天風呂、岩風呂、ドライサウナ、リラックスバス、など)


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

羽曳野に時間無制限で楽しめる岩盤浴施設のあるスーパー銭湯があるとのこと。
最近、岩盤浴を楽しみにあちこち行っておりますが、
やはり温泉の質にもこだわりたい・・・すると源泉かけ流しのお湯もあるではないか。
ということで少し遠いが車を大阪の南へ走らせましたよ。
南阪奈道、羽曳野IC近くにあります天然温泉「延羽の湯」です。

延羽の湯

着いてみると巨大なパチンコ屋と併設されています。
そして1400台入るという駐車場も満杯状態。
運よく、館前の位置が空いてましたので車を滑り込ませる。

館内に入ってもすっごく広くて立派!!
延羽の湯

さすがパチンコ屋経営のスーパー銭湯だけあって、
造りがゴージャスの一言です。
受付で岩盤浴も利用することを告げて、奥に入る。
んで、奥の岩盤浴受付で、浴衣とバスタオルをいただきました。
で、ここがええのは、浴衣とバスタオルはさらにもう1枚もらえるとのこと。
汗でびっしょりのまんまで、休憩したくないからこれはええですね。

庭園もこんな感じです。
延羽の湯

ここには岩盤浴の合間に出ることも出来て、冬場は涼めますね。

さて、その岩盤浴は?
延羽の湯

こちらが一番大きな、麦飯石の岩盤浴になります。
すっごく広いですよね~
で、ここすごいのは雑誌やマンガなど持込可なんですよ。
入り口に雑誌、マンガが置いているんですけど、
これを岩盤浴しながら読むことができます。
ずっと熱さに耐えることなく、気を紛らわせることができてこれはええシステムだ。

他には、岩塩、ゲルマニウムの部屋もあります。
そして涼む部屋もありましたが、これは冬場は庭園に出るのも一緒の温度でした。

また岩盤浴を出てからも・・・
延羽の湯

これだけ広い寝転ぶスペースがあるので、休憩しつつ、
長い時間利用するには、すっごく快適な施設ですね。
これを時間無制限とはありがたいです。
3時間ほど岩盤浴を休憩しつつ楽しんだかな~

さ、次は温泉、温泉♪
延羽の湯

成分表はこんなのです。
もともとの泉温は28度ほどとかなり低い。
源泉かけ流しとありましたが、季節によっては加温があるとのこと。
確かに源泉かけ流しの露天に入ると、冬なので体温より若干ぬくめ、
37、8度に加温されておりました。
しかし、いかにも源泉かけ流し・・・泡つきも非常によく、
少し緑がかったお湯は、鉄が強い、いかにも温泉臭が漂っています。
そしてアルカリ泉らしく、ぬるっと感もあるええお湯です。

ただ、他の加温されている循環の方はほとんど白湯と変わりません。
この源泉かけ流し風呂だけがええですね。
あ、あとラベンダーの薬草湯もぬるめでええ感じ、そして寝湯も、
そこだけが別空間になっており、これも風情はよかったです。

で、サウナは普通のと、塩スチームの2種類。
そして普通のほうは1時間に1回、30分時にロウリュウサービスがあります。
アロマの水を石にかけてその蒸気を扇いでくれます。
これがどっと汗が噴き出てきてすっごく気持ちええんよね~
出てかけ湯して、源泉のぬるいのに入ると、最高の気持ちよさ!!!
ホンマ、極楽気分ですよ。

お湯からあがってから。。。
延羽の湯

レストランも、もちろんありますし、他にも焼肉屋もあります。
そして寝転べる場所もあります。
その他に離楽房という、岩盤浴利用者は無料で利用できる
リクライニングルームもあって、まさに温泉レジャーランド!!

さすがにパチンコ屋が作っただけありますね~
1日いても楽しめるように作られています。
入浴料+岩盤浴で1600円しますから、やはりこのぐらいは楽しめないとですが、
温泉&サウナ好きの方なら、この値段は見合うとは思いますよ。

住所:大阪府羽曳野市広瀬186-3
電話:072-950-1126
営業時間:10:00~翌1:00(最終受付は0時、「薬石汗蒸房」は23時)
定休日:年中無休
入浴料金(フェイスタオル付):大人(中学生以上)800円
小人(小学生以下)400円 3歳以下無料
薬石汗蒸房(館内着、バスタオル付):大人800円 小人500円 3歳以下無料
料金備考 薬石汗蒸房のみの利用は不可
駐車場:1400台(無料)


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

日本一の炭酸泉とのフレコミの温泉が、三木市の吉川町にあるとのこと。
泡がシュワシュワまとまわりついてくる温泉は大好きな俺。
そんな源泉かけ流しに一度は浸かってみようと立ち寄ってみました。
中国自動車道吉川ICから東へ1kmのところにあります、
「吉川温泉よかたん」です。

吉川温泉よかたん

さすがに休日の夕方だけあって、多くの人でごった返している。
内湯も露天もそんなには広くないが、スーパー銭湯チックだ。
まずは源泉、源泉と探してみたが、内湯、露天ともに満杯状態・・・
仕方なしに加温の露天に浸かってみる。

吉川温泉よかたん

内湯、露天ともに加温循環のお湯があるが、こちらは透明色。
ちょっとぬるっと感があり、薄いながらも温泉を感じ取ることができます。

で内湯、露天とも源泉浴槽がいつ空くかを待っていたが空く気配なし。
ここの常連客はかなりマナー悪い?って思います。
あちこちネットの口コミ見ててもどうやらそうらしいですね。
譲り合いの精神がないようである。

で、なんとか露天のさきっちょに足だけ入れて待つこと5分。
ようやく浸かることができました。
ちょうどボコボコと源泉が湧き出る隣の位置を確保。
湯温は結構ぬるめで30分でも楽にずっと浸かれる温度。
この温度が長居の原因でもある。
その色合いは茶褐色を帯びており、鉄の匂いも感じます。

ただ、その湯気を吸い込むと・・・
「うっ!」ものすごい酸欠状態になりました。
その炭酸ガスの含有量がすごいのか、
炭酸ジュースをがぶ飲みしたあとくらいの息苦しさである。

しかし、期待していた泡つきは全くないのだ。
炭酸泉とはこういうものかと、この点では期待外れ。
ただ、それを補うくらいに、このお湯は特有の良さがあります。
湯温は低いながらも、それがいかにも濃さを感じ、
体全体にじわじわとくる温もりのよさはかなりのもん。

また休憩処も畳敷きの箇所があるんもええですね。
吉川温泉よかたん

お土産物売り場もあります。
吉川温泉よかたん

そして、隣には日本酒を売っていたり、
地元でとれる野菜や卵などを買える建物もあります。
なのでここでインターを降りて、お土産物を買いにがてら、
ここの温泉を堪能してもええでしょう。
それだけ価値ある源泉かけ流しやと思います。

ただ、源泉独占のマナー悪い客の対策は練るべきです。
休日の混雑時は、10分おきにでもアラーム鳴らせて、
時間制限を設ける必要があるでしょう。

住所:兵庫県三木市吉川町吉安224
電話:0794-72-2601
営業時間:10:00~22:00(受付~21:00)
定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合は営業。但し翌火曜日が休館)
入浴料:中学生以上600円、小学生300円、家族風呂4,000円(1時間)
駐車場:160台(無料)


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

ゆっくり岩盤浴を時間制限なく使いたいな~と思い、
大阪府内でも、源泉かけ流しの評判もよく、
岩盤浴設備もしっかり整っているこちらのスーパー銭湯が気になった。
ちょっと年末年始で増えた体重を落とすために、休日の昼間に訪問。
寝屋川市にあります「湯元一丁 ねや寿の湯」です。

湯元一丁 ねや寿の湯

館内案内。
湯元一丁 ねや寿の湯

2F建ての構成で、1階がロビーとお食事処、岩盤浴施設。
2階が男女別のお風呂場となります。
土日祝は入浴料金は100円アップとなります。

2Fから1Fを見下ろす中央に・・・
湯元一丁 ねや寿の湯

こんな感じで滝が流れ落ちています。
エントランスから脱衣所まで、和風の空間で落ち着きを醸し出している。

さあ!まずは岩盤浴から楽しみましょう!
湯元一丁 ねや寿の湯

レンタル作務衣が350円なので、実質入浴料と込みで休日やと1150円になります。
あと下に敷くバスタオルを持参していないと更に250円かさむので、
持って行った方がお得ですね。

その岩盤浴は5つの種類がありますが、1つは女性専用なので、
男性は4つを楽しむこととなります(一つは冷まし用の冷気房ですが)。

こちらは「黄土房」。
湯元一丁 ねや寿の湯

各岩盤浴施設の中央に配置されており、一番温度が低いです。
40度弱ぐらいでしょうね。普通に30分くらいいられる温度です。
あと「岩塩房」と「薬草房」が50度くらいの岩盤浴ですが、
両方ともあまり、岩塩、薬草らしさを感じることができず残念。
あと、休日はその狭さから、寝る場所はいつも満杯で、ちょっと待ちますね。

出たところの休憩処はゆったり。
湯元一丁 ねや寿の湯

木のリクライニングチェアがあるのが、非常に嬉しい(^^)
ゆっくり新聞や雑誌が読めます。
またドリンクも持ち込み可能なので、平日とかにゆったり来たいですね。
ただ、岩盤浴の施設としては堺にある「祥福」の方がええです。

堺浜温泉「祥福」の記事はこちら!

さあ!2キロ近く落としたので、ゆったり湯に浸かりましょう。
しかし、内湯に入ってびっくり!!
ものすごい塩素臭なんですよ。
源泉をうりにもしている施設でこの塩素臭はえげつない。
内湯の3つの浴槽は、温泉との表示で、温度表示がそれぞれ、
38℃、42℃、45℃と自分の好み温度で入れる設定になっていましたが、
こんな循環ろ過、塩素たっぷりのお湯になんて浸かれません。

んで、迷わずに露天へ。
湯元一丁 ねや寿の湯

源泉はどこじゃ!源泉は!
一番奥にその表記がありました、このお湯に浸かってみる。
ちょっと薄く緑白に濁ったお湯はまさに源泉かけ流し・・・
若干硫黄臭と塩味を感じるナトリウム・カルシウム塩化物塩泉である。
ただ、これは冬場なので、40度くらいに加温はされておりました。
まあ寒い外気やったんで、このぐらいの温度でちょうどええです。
これを加温なしやと、寒すぎであっただろう。

このかけ流しは下の2段、3段にかけ流されているのだが、
下になればなるほど薄くなる感じである。
こっちは循環されてるんでしょうね。
しかし一番上の源泉かけ流しの泉質は、円山川温泉を感じさせてくれる濃さです。

「円山川温泉」の記事はこちら!

あとサウナも広いし、スチームサウナは漢方の匂いいっぱいでお気に入り♪
それから露天の壷湯も循環だろうが、塩素臭はしなかったので、
ぼーっとできるええ空間でした。

あがってもくつろげます。
湯元一丁 ねや寿の湯

内湯には全く入る気がしなかったが、源泉はすごくええし、
岩盤浴は時間制限なし。
これは平日の空いてるときに是非とも利用したい施設ですね~
岩盤浴料金含めて、平日やと1050円でこれだけ楽しめるところは、
大阪では他にないと思いますよ。
ただ、休日はちょっと人が多すぎて、落ち着くことができないですね。

住所:大阪府寝屋川市池田中町32-22
電話:072-830-1126
営業時間:平日8:00~翌1:00、土日祝 6:00~翌1:00(入浴受付はいづれも0:15まで)
定休日:毎月第3水曜日(祝日の場合は営業)
料金 日帰り入浴:平日 大人700円 小学生300円 幼児200円
土日祝 大人800円 小学生350円 幼児250円
岩盤浴:レンタルスーツ350円、レンタルバスタオル・タオル250円
駐車場:170台(無料)


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。