関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

加古川にこじんまりとしているのが、
ええ泉質のある、スーパー銭湯があるとのこと。
それに料金もなんと平日500円なんだとか!
これは姫路からの帰りにちょっと寄ってみようと思いました。
加古川天然温泉「ぷくぷくの湯」です。

加古川天然温泉 ぷくぷくの湯

建物は3階建ての構成。
ちょっと大きめの銭湯って感じですね。
1Fが駐車場とフロント、2階が男風呂、3階が女風呂、食事と休憩処という構成。

入浴料金と営業時間。
加古川天然温泉 ぷくぷくの湯

平日500円ってのがホント嬉しい。

入ってからも・・・
加古川天然温泉 ぷくぷくの湯

フロントまでの通路がなんと大理石とゴージャス!
ここホンマにこの値段でええの?
ってお湯が悪ければ、評価はできませぬぞ。

まず、これが入ってすぐにある「あつ湯」。
加古川天然温泉 ぷくぷくの湯

しかしこの日はメンテナンス中で冷たかったです。
これは源泉の循環です。
泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物泉です。
全くこの日は動いてなかったけど、
サウナ上がりに、ちょっと涼みに入ってみました。

そして、ここの源泉かけ流しは露天にあるんですね。
加古川天然温泉 ぷくぷくの湯

このお湯が見事の一言!
茶褐色に濁ったお湯は、かすかに鉄っ気が感じられ、
40度くらいのお湯でも、体がすぐに火照ってくる。
見事にそのお湯がかけ流されていきます。

その泉質表。
加古川天然温泉 ぷくぷくの湯

やはりこれだけのいいお湯なのだから、
加温されないお湯が欲しいとこだったな~

他にも・・・
加古川天然温泉 ぷくぷくの湯

露天には一人で入れる壺湯もありました。
ただしこちらは井戸水を沸かしたものでした。
ここは温泉と井戸水の併用です。
また内湯にはミルク風呂も設置されていました。

またサウナも3種類あります。
加古川天然温泉 ぷくぷくの湯

こちらは塩サウナの部屋。

あがってからの3階の休憩所も・・・
加古川天然温泉 ぷくぷくの湯

リクライニングチェアの部屋と畳で寝転べる部屋がありました。
これまた素晴らしいですね。
そんで、ここ最後に清算方式なんで、再入浴可能なんですよ。
一旦あがって、休憩して、再びってこともできます。

今回、利用しなかったのだが、岩盤浴はなんと300円で時間無制限!!
この施設、ホントとてつもないです。
平日、たったワンコイン500円で使える施設やとは思えない・・・
岩盤浴プラスしても800円・・・
近所にあれば、絶対に通っているでしょうね。
ホンマ素晴らしいスーパー銭湯です。

住所:兵庫県加古川市加古川町南備後字松葉315-1
電話:079-456-2614
営業時間:平日9:00~24:00、休日7:00~24:00(最終受付23:00)
入浴料金:平日 大人500円 子ども300円、土日祝日 大人600円 子ども350円
岩盤浴:全日 300円 ※12才未満は利用不可


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

湯原温泉に来たときには、絶対に入っておきたかった露天風呂。
そう無料の開放感の強い、混浴露天がここにあるんですね。
西日本の横綱に番付に位置されている、そのお湯。
その源泉かけ流しを堪能するために湯原温泉にやってきました。
「砂湯」です。

この「砂湯」付近には車は進入禁止なので、
少し下流の川原の駐車場に停めて、てくてく歩いていきます。

すると・・・
混浴露天風呂 砂湯

はるか彼方に見えてきました!
上流にはダムも見えて、この開放感は抜群ですね。
平日でしたので、周りの人もまばらですが、
土日祝なんかは見学客が多いでしょうね。
さすがにその中で素っ裸は抵抗あるかな(^^;)

砂湯の説明書きがありました。
混浴露天風呂 砂湯

もう一丁!
混浴露天風呂 砂湯

この温泉がいかに開放感抜群で、皆さんに愛されているかが分かります。

脱衣場はきちんと男女別になっていて、
そこに荷物を置くことができます。
但し、貴重品には気をつけましょう。
車のキーも盗んでいく輩もおるようですよ。
俺も車のキーは捜しにくいような場所に入れて、
絶えず、自分の荷物には気を配っていました。
また奥には2人ぐらい入れる着替え部屋もあるので、
女性の方でも、この奥に入って、バスタオルを巻けば、
裸を見られずにすみますから安心ですね。

さあ!男ですから、お昼でもフリチンでお湯へ!!
混浴露天風呂 砂湯

湯船は3つあります。
長寿の湯は熱めで42度はあるでしょう、この熱さは俺は苦手。
子宝の湯・美人の湯はぬる湯で40度弱くらいかな。
こちらはこの開放感抜群の景色を楽しみながら、ゆったり入るのに最適です。

泉質も足元の岩の間から、ぷくぷくとお湯が湧き出しているのが分かります。
とろみのある、その泉質はよく分かり、これぞ湯原の泉質ですね。

男ですので、まあそんなに見られても恥ずかしくはありませんから、
このどこからでも丸見え状態でも、周りの景色を堪能しながら、楽しみました。
しかし、女性は、水着着用不可なので、入浴には抵抗あるでしょう。
何組かのご夫婦、カップルは近くまで来て諦めて帰って行きました。

ただ、更衣室はあるし、バスタオル巻きはOKなので、
夜になると観光の見学客もいなくなり、かなり暗くて、
周りもあまり見えなくなるので、夫婦、カップルで入るには最適だと思います。
無料で時間気にすることもなく、相方と同じ温泉、風景を楽しめるのですから、
ここは是非、夫婦、カップルの憩いの場として、
残っていって欲しいものですね。

住所:岡山県真庭市湯原温泉
電話:岡山県湯原町観光協会 (0867-62-2526)
営業時間:24時間(但し毎水曜朝に清掃時間あり)
定休日:無休


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

大阪府下にも最近、源泉かけ流しを謳うスーパー銭湯が増えてきましたね。
その中でも評判の源泉かけ流しのスーパー銭湯が堺にあるとか。
ちょっと車で足を延ばして行ってみましょうか。
御陵天然温泉「亀の湯」です。

御陵天然温泉 亀の湯

スーパー銭湯としては、平日600円ってな低価格値段設定がええ感じ。
その分、館内に入ると、小奇麗だが素朴にこじんまりとまとまってる感があります。

御陵天然温泉 亀の湯

早速、源泉かけ流しに浸かりましょう!
内湯は一つだけでこちらは加温の循環。
温度表示は41度ちょっとなのでちょうどええ湯加減に調節されています。
あと白湯のジェットバスもあったかな。
ちゅうわけでこちらはスルー。

脱衣場から、露天の風景が見渡せます。
御陵天然温泉 亀の湯

この露天の方は充実させており、源泉かけ流し、加温、壺湯、人工炭酸泉、寝湯など、
カラフルに狭いながらも配置されており、ええ感じ。
その中でも源泉かけ流しのお湯は38度ちょっとと、ぬるいお湯なので、長居できそうです。

早速、この源泉かけ流しに浸かってみる。
うんうん、冬の寒い時期なので、若干の加温はあるようです。
しかし、茶褐色のお湯からはいかにも源泉の匂いがプンプンと!
で体にも泡付きが見られ、薄められていないのがよく分かります。
で、ここにはTVもついていますので、すごくゆったりできますね。
ただ、平日午後やったんでゆったりできたけど、休日はかなり混雑するんやないかな。

これが温泉成分表。
御陵天然温泉 亀の湯

紀伊半島によくある単純アルカリ泉ですね。
このヌメリのあるお湯は結構、俺の好みなので、
関西に生まれてよかったなあ~って実感。
そして、壺湯もおそらく源泉かけ流しではと思います。
ここでぼーっと一人入る温泉もなかなかのもん。

あと、ここがよかったのは人工ながら炭酸泉!!
すっごく泡付きがよくって、ラムネの中に浸かってるって感じがして、
人工ながらもぬるさもよくって、気持ちよかったです。

サウナも2種類、普通の高温サウナとアロマスチームサウナとあり、
ここも利用しながらですと、1時間はあっちゅう間でした。
2時間近く利用したかな~
値段の割にはかなり楽しめたな。
ただ、源泉かけ流しにあまり濃さは感じられなかったのが、
ちょっと残念ですね。

住所:大阪府堺市北区黒土町2264-3
電話:072-252-4126
営業時間:10:00~翌2:00(最終受付翌1:30)
入浴料金:平日 大人(中学生以上)600円 小人(3歳~小学生)300円、
土日祝日(お盆・年末年始期間) 大人700円 小人350円 ※いずれも3歳未満は無料
駐車場:200台(無料)
泉質:単純アルカリ温泉(40.1℃、pH7.9、湧出量650L/分、蒸発残留物0.35g/kg)


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

さーて、奥津温泉3名湯めぐり3軒目・・・

奥津温泉 奥津荘の記事はこちら!
奥津温泉 東和楼の記事はこちら!


これも3軒並んでいる、一番奥に位置しております旅館。
奥津温泉「河鹿園」に最後お邪魔しました。

奥津温泉 河鹿園

こちらの旅館は改装されたのか、他の2旅館に比べると、
モダンな造りである。
中に入ると、若い女性の方が、日帰り入浴に関わらず、
愛想よく接していただきました。

奥の浴場に入ってみると・・・
奥津温泉 河鹿園

脱衣場から、川の流れが堪能できます。
これは心地いい明るさですね~
その脱衣場も前の2軒よりも広々としていて古いながらも清潔である。

さて、浴槽は?
奥津温泉 河鹿園

さーっとお湯が浴槽よりかけ流されていく様子が見ていて、
すっごくこれまた心地いい。

こちらが泉質表。
奥津温泉 河鹿園

前の2軒と同じ泉質なのだが、泉源が遠いのか、泉温が38度なのだ。

なので、こう書かれていました。
奥津温泉 河鹿園

加温はされているようである。
しかし浸かってみた感じでは、そのトロトロのお湯は他の2軒と遜色ありません。

浴槽の方はさすがに川の対岸から見えるので、簾されていました。
奥津温泉 河鹿園

けど、この明るさ、川のせせらぎはいいですね。

加温はされているけど、どんどんお湯が投入されます。
奥津温泉 河鹿園

3軒の中では、この渓流のお風呂が一番眺めがよく、気に入ったかな。
泉質的には、3軒とも一緒でしたからね。
お気に入りは「河鹿園」→「東和楼」→「奥津荘」の順番かな。

今回、温泉入浴手形1300円で、3旅館楽しみましたが、
この値段では妥当な値段やと思うけど、個別に入るには値段高いですね。
泉質的にはどの旅館も太鼓判ですが、
入浴手形なしで入るには、どの旅館も力不足やとは思います。

住所:岡山県苫田郡鏡野町奥津55
電話:0868-52-0121
営業時間:日帰り入浴14:00~20:00
定休日:無休 (週末や満室時の夕方に休みあり、要確認)
日帰り入浴:大人1000円、小人500円


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★