関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

今回、別府の宿では楽天トラベルで破格の値段を見つけた。
別府駅前徒歩1分にあって、値段はなんと2200円!!!
なんでもエアコンついてない(故障してるのか古めかしいのは
ついてました)、寝れたらええって条件で1日限定3室の部屋です。
この値段ならば1回、試してみてもええやろと予約しました。
ちゃんとした個室のビジネスホテルでこの値段は初めて宿泊します。
別府駅前にある「はやし」です。

別府駅前はやし

まあ、この外観見てもお分かりでしょうが、
めっちゃくちゃ古いって印象。
昭和40年代に建てられたそのまんまって感じです。
中もどんなんか不安ですが、安いですからね。
しかしこれで2500円以上やったら、絶対泊まらないな。

まず部屋に入ってみての印象。
別府駅前はやし

この写真では綺麗な入ってのとこだけ撮りました。
ひどいところを撮ると後から思い出したくないですからね。
うわーっ壁紙あちこち剥がれてるし、相当老巧化が激しい
あちこち相当汚いのだ。特にユニットバスのスペースには2度と入りたくない・・・

これより汚いところに泊まったのは、
東京浅草にあるカプセルホテルくらいかな。
あそこは悲しくなるくらいに宿泊したのを後悔したが、
それ以来である。

まあ、寝れたらええってことやから我慢我慢。
ただなぜそれほどボロいのに泊まる気になったのかは、
ここは展望風呂が源泉かけ流しなんですよ。

別府駅前はやし

こんな温泉です。
こんだけどばどば湧き出しているお湯を、
源泉かけ流しで入れるんやから大したもんです。

別府の地ですから、源泉かけ流しのホテルはあちこちにありますが、
ここもボロくても源泉かけ流しですからね~
(ボロいボロいって言い過ぎって^^;)

さーてその展望風呂ですがこれです。
別府駅前はやし

これまたボロい(^^;)
その源泉かけ流しのお風呂が一つあるだけです。
その湯船は6人くらい入れそうな大きさのタイル風呂です。
但しその源泉かけ流しはかなりのもん。

別府駅前はやし

湯の温度も若干ぬるめ、硫黄プンプンのお湯です。
このお湯はめちゃくちゃ俺の好みですなあ(^^)
これでもうちょい綺麗かったら、何度でも入りたくなりましたよ。

ちょうど別府の夜景が綺麗でした。
別府駅前はやし

しかし・・・
展望風呂の割には、この展望も立たなきゃ見えないやん。

温泉の質的には大満足、スタッフの対応も非常によかったです。
但し、テレビのリモコンはないわ、冷蔵庫もないわで、
全く部屋としては今まで宿泊したホテルで最低・・・
カプセルみたいな狭いんでも気にしないが、
寝る場所は綺麗さを求める俺は、いくら安くても2度とは利用しないでしょうね。

住所:大分県別府市駅前本町3-5
電話:0977-24-2211
チェックイン:16:00
チェックアウト:10:00


★楽天トラベルでビジネスホテルが安くとれたので長旅です★

源泉温度:52度
泉質:含食塩-重曹泉(暖和性低張高温泉)緑黄色
効能:リウマチ性疾患、火傷、皮ふ病等
記事編集

温泉宿予約

別府への旅・・・
どうしても入っておきたいお湯があった。
別府を代表する、大混浴露天泥湯がある温泉施設・・・
その泥湯で温泉好きならば、誰でも知っている有名な温泉ですね。
念願の「別府温泉保養ランド」へやって来ました。

別府温泉保養ランド

ぱっと見た目は、昭和の遺産かと思いましたよ。
いつ閉業して廃墟になってもおかしくないような佇まい。
ここには俺は泊まりたくないな~

入ってのロビーの様子もこんな感じです。
別府温泉保養ランド

うーん・・・今のスーパー銭湯に慣れている俺には、
この雰囲気はどうもね~

これが浴場の設備。
別府温泉保養ランド

色々ありますが、しかしここがなぜこんなに人気があるのか?
混浴の露天鉱泥大浴場がすごいからです。

入浴料1050円は高いが、ロビーで支払って、館内を進み歩く。
その広さはかなりのもんです。
なかなか、温泉施設に辿り着けない。

別府温泉保養ランド

その間にも、こんな感じで温泉が沸き出していました。
やはり泉質的には、かなり期待がもてます。

ようやく辿り着きました、待合所。
別府温泉保養ランド

脱衣場に入ると、ロッカーなんてもんはないので、
ここで貴重品はロッカーに入れます。
100円は戻ってこないので、車で来てたならば、
貴重品は車の中に置いていたほうがええですね。

露天鉱泥大浴場は、中はさすがに写真撮れないので外側より。
別府温泉保養ランド

でっかい泥湯の露天は、こんな湯に浸かったことのない俺にはかなり新鮮。
上のほうはさらっとしているのだが、下の泥具合が心地いい~(^^)
で、女性の姿もちらほら見かけましたが、
泥湯の不透明さでは、立たない限りは全く見えることはありません。
また女性が出入りする箇所ではしっかり囲い塀がしてあり、
そっからしゃがんで出て行けば、男性に絶対見られないように、配慮されています。
それ知っててでしょうが、ここの混浴はかなり女性が入ってました。

しかし、そんな見えない状態やのに、なんとかして見ようとする男はいるもんですね。
2人ほど露骨に女性につきまとっていた男がいてました。
ああいう気持ち悪い男がいてたら、この混浴もなくなってしまうのではと少し心配です。
せっかくご夫婦やカップルでも楽しめるように配慮されてるんですからね。

高台にある泥湯が、ぬるくて何時間も入れそうな感じで、
ぬるめ好きの俺には、非常によかったんですけど、
いかにも露天に入っている女性を上から見ているというような位置やったんで、
それがちょっと嫌でした。

内湯のコロイド湯です。
別府温泉保養ランド

この泉質も抜群!!正統派酸性硫黄泉って感じです。
また内湯の泥湯も非常によかった!

泉質的には満足なんですが、その老巧化した建物、
巨大ゆえに行き届いていない清掃、気持ち悪い男対策。
こういったあたりをしっかり改善すれば、かなりええとこやのにな~
この泥湯混浴露天は是非ともしっかり残していって欲しいですね。

住所:大分県別府市明礬5
電話:0977-66-2221
営業時間:9:00~20:00
定休日:無休
料金:大人1050円、小学生570円、1才~就学前310円
駐車場:200台(無料)


★楽天トラベルでカプセルホテルが安くとれたので長旅です★
記事編集

温泉宿予約

別府は無料や安い共同浴場があちこちにあって、
こういうところを周るだけでも面白いですね。
明礬温泉街にも、無料の共同浴場があります。
そんな無料共同湯「鶴寿泉」を訪問です。

鶴寿泉(明礬)

男湯と女湯の間にはお地蔵さんが祀られていて、
お賽銭箱があります。
基本入浴料は無料ですが、入浴者がお賽銭として、
ここに入れたほうがいいですね。
ここで来年の発展を祈りつつ、中へ入ります。

鶴寿泉(明礬)

入ると中は浴場と脱衣所が一緒になってる造り。
こういうのが別府の浴場の特徴だな。
浴槽は1つだけで、湯船に源泉が注ぎ込まれているだけである。
基本加水はしていないシンプルさ。
設備としてはシャワーも洗い場の蛇口も椅子のなく、
あるのはかけ湯をするための洗面器だけ。
入ってみると・・・やっぱりここも熱い、44、45度はあるのではないか。
地元民のおじちゃんが浴槽の外で、俺が熱そうに入るのを見かねてか、
「熱いやろ~このホースの水で埋めてくれたらいいから」と、
水をどばどば入れてくださいました。

温泉分析表はこんなの。
鶴寿泉(明礬)

しかしちょっとぐらいの水では、この源泉かけ流しのよさは変わらないです。
少し白く濁った感のある色合いと硫黄臭が心地よい。
ただちょっと酸性がきついですね、肌にぴりっときます。

これだけのええ泉質がどばどばかけ流されているのさすが別府!
入浴料無料で、お賽銭は善意のもとですが、
こんだけええ泉質に浸かることができるのは、
非常にええですね~
長居はできませんがよい時間を過ごせました。

住所:大分県別府市明礬3組
電話:0977-24-2828(別府市観光協会)
営業時間:7:00~20:00
定休日:不定休
入浴料:無料


★楽天トラベルでカプセルホテルが安くとれたので長旅です★
記事編集

温泉宿予約

さあ!別府へ上陸!!
温泉三昧するぞ~っと駅を降り立つ。
別府は駅周辺にも安い共同湯が多いからええですよね~
その中でも一番有名な「竹瓦温泉」を訪れました。

竹瓦温泉(大分別府)

この見た目風情は、いかにも老舗の温泉って感じで、
めっちゃ風情がありますよね。

入ったところで・・・
竹瓦温泉

年末で無料になっていたラッキー♪
まあ普通に入っても100円やからあんまり変わらないけどね。

泉質表示。
竹瓦温泉

泉質は男湯と女湯でちょっと違う。
泉温は54℃とかなり高いが、これを源泉かけ流しにしてるならば、
相当熱いお湯であろう。

待合所のようす。
竹瓦温泉

結構ゆったりしているので、夫婦・カップルで来ても待ち合わせは、
大丈夫であろう。

中に入ってみましょう。
竹瓦温泉

脱衣所と浴槽が一緒の部屋になっている造り。
こうしていただいたら、荷物の貴重品を、
あまり心配しなくてすむからええですね。

一つ、大浴槽があるだけのシンプルな造り。
竹瓦温泉

入ってみるが・・・かなり熱い!!
ぬるめ好きの俺であるから、この熱さはかなりのもんである。
多分、43度くらいはあるであろう、40度が適温の俺には、
体がすぐに真っ赤になってくる。
湯の良さというよりも、熱さでまいってしまい長湯できなかった。

泉質的には、うーんそんな硫黄臭もなくごく普通だなって印象。
もっと濃い~のを期待し過ぎたのか、イマイチでした。

ここでは砂湯がよいとの評判であったが、1000円と高いのと、
時間的にも余裕がなかったので断念しました。
砂湯には入っていないので、この評価とさせていただきます。

住所:大分県別府市元町16-23
電話:0977-23-1585
営業時間:内湯(普通浴)6:30~22:30 砂湯 8:00~22:30(最終受付21:30)
定休日:2・6・9月の第3水曜日休業(12月年末大掃除時は全館休業) 
料金:内湯(普通浴)100円 砂湯1000円
泉質:男湯「ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩・塩化物泉(含食塩土類重曹泉)
女湯ナトリウム-炭酸水素塩泉(含食塩土類炭酸鉄泉)
泉温:54℃ 無色、無味無臭
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、
くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病気回復期、疲労回復、健康増進、切り傷、
やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病で、飲用は胃腸病、糖尿病等


★楽天トラベルでカプセルホテルが安くとれたので長旅です★
記事編集

温泉宿予約

博多の滞在にどこか安いカプセルホテルはないかな~
と楽天トラベルで検索してみたところこのホテルがヒット!
なんと2300円で宿泊できるではないか!
この値段は魅力的ですね~さすが楽天!!
早速、予約しておきました、「グリーンランド博多駅前エスパ店」です。

グリーンランド博多駅前エスパ店

着いてみてびっくり!
めっちゃ巨大なんですね。
そして博多駅から徒歩5分くらいなので、この立地がええとこです。

ご覧のようなビル構成。
グリーンランド博多駅前エスパ店

5階から8Fまでびっしりとカプセルが詰まっています。

カプセル室内。
グリーンランド博多駅前エスパ店

カプセル自体もオーソドックスな作りだが非常に綺麗。
かなりビル全体もかなり清潔感があります。

インターネットも無料で。
グリーンランド博多駅前エスパ店

インターネットができる端末が5台もあるんがええですね。
大抵空いているので自由に検索できました。

こちらはレストルーム。
グリーンランド博多駅前エスパ店

この座席数はかなり少なかったです。
なので、サウナのみの利用はなかなかできないんじゃないでしょうか。

大浴場のパウダールームもこんなの。
グリーンランド博多駅前エスパ店

非常に清潔で綺麗です。

大浴場は温泉ではありませんが・・・
グリーンランド博多駅前エスパ店

岩床風呂となっており、岩風呂風にもなっていて、
なかなか凝っておりました。

またジャグジーも・・・
グリーンランド博多駅前エスパ店

軟水風呂とこちらも趣向を変えています。

グリーンランド博多駅前エスパ店

あと勿論サウナも低温、高温、両方あります。
これだけきちんとした大浴場設備を誇るカプセルもなかなかないので、
気に入りました。

2300円って値段でこの綺麗さ、快適さは非常にいいの一言。
ただ、チェックインしても、カプセルの利用が17時からとなっていたのが残念。
ちょっとお風呂入って仮眠しようと思ったのだが、それができませんでした。
しかし、また福岡滞在の際には是非とも利用したいカプセルホテルです。

住所:福岡県福岡市博多区博多駅前3-23-4
電話:092-451-1137
チェックイン:11:00 (最終チェックイン:24:00)
チェックアウト:11:00

今回の旅のあらすじはこちら!


★このカプセルは今回、楽天トラベルで1泊2300円なんちゅう安く予約できました★
記事編集

温泉宿予約

広島での宿泊は始発が動くまでの短期間ということもあり、
ネットカフェで過ごすことに決定。
しかし、風呂好きの俺は冬でも、1日に1回はお湯に浸からないと気持ちが悪い。
すると、広島の繁華街になんと、温泉が沸く銭湯があるではないか。
ここですっきり、綺麗にして、ネットカフェに行きましょ。
薬研堀ほど近くにあります「音戸温泉」です。

音戸温泉(広島)

見た目はホント昔ながらの街の銭湯って感じですね。

周りはホント夜の街です。
音戸温泉(広島)

ビルの壁には・・・
音戸温泉(広島)

ホントにこんな街中で名湯なんやろか?
ナトリウム塩化物泉なんだそうな。

営業時間。
音戸温泉(広島)

この営業形態からも、この街が夜の街やと分かりますね。

券売機方式。
音戸温泉(広島)

400円ってな値段やと、サウナ、漢方湯が利用できないので面白味半減。
しかし600円出したら、もっと設備整ったスーパー銭湯の温泉に入れるもんな。

まあ中へ入りましょう。
入ったとたんにすごい塩素と漢方の入り交じった匂いで出迎えてくれました。

温泉はこんな感じで説明書きが書いていました。
音戸温泉(広島)

ジャグジーになってるところは確かに白く濁っておりましたね。

もひとつ。
音戸温泉(広島)

加水もされており、湯温が20度と冷たいから加温もあり、循環もある。
これですと温泉の質的なもんは望めない。
これで広島の名湯と謳うとこがすごいと思います。
温泉はジェットバスの熱湯と泡風呂のぬる湯が有ります。
入ってみた感じは、まあ塩素プンプンの温泉らしさを感じないお湯。
普段、源泉かけ流しの銭湯に慣れている俺からすると、普通の白湯扱いですね。

この手前に漢方湯から、ええ漢方の匂いが漂っていました。
これに入りたかったけど、別料金なので、我慢、我慢。
あと階段に昇って、サウナがあります。

脱衣場の外には休憩できるスペースはありませんでした。
ただ、ドライヤーは無料のんが置いていましたね。

温泉、銭湯の質的にもかなり低いと思いましたが、
一番最悪は受付の方の客応対。
「いらっしゃい、ありがとうございました」の一言もなし。
今までに入ったお風呂で一番最低やと思える銭湯でした。
まあ広島の繁華街にあるという立地条件だけの店です。

住所:広島県広島市中区田中町6-3
電話:082-244-4126
営業時間:13:00~翌8:00
定休日:第2、第4日曜日
入浴料:大人400円(サウナ・漢方湯を含むと600円)
泉質:ナトリウム-塩化物泉
泉温:20度 
効能:神経痛、関節痛、疲労回復等


★今回の旅も楽天トラベルでとった宿は成功でした★
記事編集

温泉宿予約

紀伊半島ぐるり3泊4日一周旅行の最後・・・
以前から行きたかった、温泉が和歌山の山奥にあるんですよね~
「日本三大美人の湯」の一つ・・・
そう「龍神温泉」である。
白浜からずーっと下道、山道をてくてくと車で登って行き、2時間ちょっと。
ようやく辿り着きました。

龍神温泉元湯

思っていたよりも見た目が綺麗。
近くに廃墟のように佇む施設があったので、昔はそちらで営業してたんでしょうね。
ちっとあまりにも幽霊廃墟っぽくって、近寄りたくない雰囲気ありましたけど。
どうして取り壊さないんでしょうかね?

さあ、玄関です。
龍神温泉元湯

やっぱり綺麗ですね。

温泉分析表はこんなのです。
龍神温泉元湯

泉温がちょっと高め・・・冷ましての投入かな?
早速入ってみましょう。

こんな内湯が出迎えてくれました。
龍神温泉元湯

さあ、美人湯特有のアルカリ泉、どんなのかな~?
・・・・うーん、ぬるっと感は感じられますが、思ったほどじゃない。
これならば、今回和歌山の温泉にあちこち入りましたが、
そのほうがええくらいである。
これが美人の湯かあ~
俺ならば3大美人湯でしたら、このアルカリ泉質ならばここを挙げますね。

真賀温泉館
榊原温泉
シルク温泉

ですな。

龍神温泉元湯

湯温は熱からず、ぬるからず、ちょうどいい感じ。
温泉分析表では分からなかったですが、色々他でも調べてたら、
どうもここは循環湯のようですね。
そりゃ、とろみがあまり感じられないのももっともです。

こちらが露天風呂。
龍神温泉元湯

温泉の質も、ほぼ内湯とは変わらない感じです。

龍神温泉元湯

囲いがあるので、湯に漬かると眺めはよくないです。
これならば内風呂は、外から見えないような車のスモークガラスのようなので、
こちらのほうが眺めはいいですね~

1階上からの休憩所の眺めですがこんな感じの眺望です。
龍神温泉元湯

源泉かけ流しが豊富な湯処が多い和歌山の中でも、有名な「龍神温泉」ですから、
期待が大きすぎたのかもしてません。
なんだ、この程度の泉質かと拍子抜けです。
えっちらおっちら、山道を登って行くだけの価値はないなあ~
ただ、従業員さんの対応は低姿勢で素晴らしく好感が持てました。
温泉好きな方ならば、1回は体験してみてほしいですね。

住所:和歌山県田辺市龍神村龍神37
電話:0739-79-0726
営業時間:7:00~21:00(6月~9月)6:00~21:00
定休日:無休(冬期休業あり)
料金:大人(中学生以上)600円、小学生300円、幼児無料
記事編集

温泉宿予約

その施設としては最高なおもてなしを演出してくれる白浜の宿、
「景勝の宿 浜千鳥の湯 海舟」・・・

白浜 景勝の宿 浜千鳥の湯 海舟 施設編はこちら!

そのハード面として、絶対不可欠な設備は?
やっぱり温泉ですね~
これがしっかりしていないとやはりその評価はがくんと下がります。
さて、どんな温泉なんでしょうか?

まず大きく2つに分けることができます。
男女別の大浴場施設、そして3つの貸切・露天風呂です。

こちらは、ずっと岬を下っていったところにある露天風呂。
景勝の宿 浜千鳥の湯 海舟

結構、海が迫っているので、景観は抜群。

まず一つ目の貸切露天風呂。
景勝の宿 浜千鳥の湯 海舟

ここは3つとも予約なしで入浴することができて、入り口の案内板を、
「入浴中」にすることで利用することができます。

その温泉分析表はこんなの。
景勝の宿 浜千鳥の湯 海舟

もひとつ。
景勝の宿 浜千鳥の湯 海舟

源泉の温度が高いので、加水はされてると思いますね。
あまり濃さは感じられなかったですが、
さすがに海辺だけに塩分の濃さは分かりました。

どこのお風呂もこの表示でしたので、加水のかけ流しやと思ったらええでしょう。
あと2種類の源泉を使用と書いていましたが、その見分けはつかなかったです。

もひとつ、貸切露天風呂。
景勝の宿 浜千鳥の湯 海舟

こちらは梅樽のお風呂でした。

風呂上りには・・・
景勝の宿 浜千鳥の湯 海舟

アイスクリームとキャンデーが2種類置いていて、
これを無料で食べることができます。
こういう心遣いがさすがですね。

さて、大浴場にも入りましょう。
景勝の宿 浜千鳥の湯 海舟

こちらもどうやら、加水のかけ流しのようですね。
景勝の宿 浜千鳥の湯 海舟

大浴場らしく、サウナも完備。
景勝の宿 浜千鳥の湯 海舟

大浴場の内湯。
景勝の宿 浜千鳥の湯 海舟

そして露天です。
景勝の宿 浜千鳥の湯 海舟

ここは24時間利用できるので、夜中に入りました。
夜の星空が綺麗かった~♪

翌日朝・・・
まずは、も一つ入れなかった、貸切露天風呂へ。
景勝の宿 浜千鳥の湯 海舟

ここが一番貸切の中で海辺に近くて最高でした。

そして、混浴露天風呂に突入です。
景勝の宿 浜千鳥の湯 海舟

一番、波打ち際の露天です。
ここは、湯あみ着を着て入浴できるので、
混浴といっても恥ずかしがる必要はないです。
その湯あみ着は男は腰にタオルを巻くような感じ、
女性は、胸の上までタオルを巻くような感じになっています。

湯あみ着を着て入るので、目隠しもなく、その景観は最高♪
景勝の宿 浜千鳥の湯 海舟

すぐ下には、波がざっぱーん!と押し寄せてきます。

やはり、混浴露天が一番いい!!
浪打際のお風呂はええですよね~景観も最高。
それに貸切露天も3種、違った浴槽にしており、
時間を気にせず(まあ1時間はめどにとの注意書はありますが)、
ゆったり楽しむことができます。
温泉としての質はイマイチですが、景観、ハード面は最高点つけることができます。

さて、次回は食事編を綴りたいと思います。

白浜 景勝の宿 浜千鳥の湯 海舟 夕食編はこちら!
白浜 景勝の宿 浜千鳥の湯 海舟 朝食編はこちら!


住所:和歌山県西牟婁郡白浜町1698-1
電話:0739-82-2220
チェックイン:15:00(最終0:00)
チェックアウト:11:00


★この豪華宿は今回、楽天トラベルで1泊2食18000円なんちゅう安く予約できました★
記事編集

温泉宿予約

和歌山は温泉の宝庫。
海沿いでも、山の中でも、あちこちから温泉が沸き立っています。
鳥羽から白浜へぐるりと廻って行く道すがら、
さすがにこの源泉かけ流し豊富なお湯場を素通りする手はありません。
ただし、時間的に1つだけに絞られました。
そのチョイスした温泉がここ勝浦の少し南にあります、
湯川温泉卿、「ゆりの山温泉」です。

ゆりの山温泉

なぜ、ここを選んだか?
源泉かけ流しのそのお湯の評価がめっちゃ高かったんですよ。
それに300円で立ち寄れるのも先を急ぐ俺にはちょこっと寄れる魅力がありました。

ご覧のとおりの温泉です。
ゆりの山温泉

源泉温度が38.5度であるから、湯温が高くないのも、俺好み。
早速中へ入ってみましょう。

ゆりの山温泉

建物は古い感があるが、非常に綺麗です。
浴槽もこんな感じでかなり清潔でええ感じ。

さあ、そのお湯ですが・・・
ゆりの山温泉

写真右上の湯の口からボコッ、ボコッと湧いてきます。
それが全部、湯船からさーっとかけ流されていく風情は圧巻。
この浴槽一つですが、ここは絶対こういう感じがいい。
これをスーパー銭湯風情なんかにしてしまうと、
このお湯が腐ってくるだろう。

浴室内もすっごく硫黄の香りが漂っており、
無色透明なそのお湯のどこにそんな力があるのかと思うくらい、
力強いお湯です。
湯温は38度ちょっとですから、ぬるめですが、その泉温よりも少し高めに感じられました。
ぬるっと、つるっと感の溢れているお湯です。

あがってからの待合所も綺麗。
ゆりの山温泉

共同湯らしいですが、その施設は立派です。

このお湯に浸かっていると時間を忘れてしまってました。
30分ちょっと浸かっていたかな~
ぬるいお湯なのに、あがってからもポカポカ体がしています。
いや~素晴らしい源泉だ。

住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町二河8
電話:0735-52-5106
営業時間:9:00~22:00
定休日:金曜日(祝日は営業)
料金:大人300円