関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

尼崎市役所の西側、JRの立花駅からも南へ歩いて5分、
こんなとこにも銭湯があったんですね~
ちょっと寄っていきましょうか、「七松温泉」です。

七松温泉

ここも湯遊び広場系列なんですな~
この神戸、阪神間にいくつあるんやろ?

さーて、入浴料金360円を払って、中に入ります。
七松温泉

結構、脱衣場も綺麗にしてますね~
非常に設備はメンテナンスされてる印象です。

まずはなんと言っても露天風呂。
七松温泉

ここに残念ながら温泉はないんですよ・・・
七松温泉って名前はつけてるんですけどね。

なので、この露天もこんなお湯なのです。
七松温泉

漢方薬湯なんです。
このお湯、紫色をしてるんですけど、
そんな漢方っぽくはなかったなって印象。

中の各種ジェットバス(寝湯、座り湯、立ち湯、エステバス)、打たせ湯、
そういうのは湯あそび広場の設備として、どこも一緒です。
あと、スチームサウナは無料で使用できますが、
各男女入れ替えで、高温サウナ、塩サウナの使用は別料金です。

あがってからくつろげる施設があるのはやはり湯遊びひろば(^^)
七松温泉

やっぱり温泉でない銭湯はね~
あと20円出せば、温泉付きの銭湯は阪神間にいくらでもあるし、
これより20円安くて、サウナも使えて大人気の三興湯も、
車で10分ちょっとでいけます。
なので、敢えてこの銭湯は利用する必要ないですね。
三興湯の記事はこちら!

住所:尼崎市七松町1-20-6
電話:06-6416-3639
営業時間:6:00~翌2:00
定休日:第3水曜と翌木曜12時まで
入浴料金:大人360円
駐車場:16台
記事編集
関西から四国に渡るのに、一番安い方法はなんだろと考えました。
明石大橋、淡路、鳴門大橋経由と、岡山まで中国道、瀬戸大橋の陸路・・・
これは時間的に早く着くけど、ガソリン代も含めると結構な値段する。
まあ人数おって、割り勘できたら安いんやけどね。

けど、今回は2人での渡航。
そうなると時間はかかるけど、フェリーを使うほうが安くなります。
松山までのフェリーと高松までのフェリーも両方検討したが、
高松から松山を陸路で行くほうがお得だなとの結論。
特に往復割引を使うと、かなりお得。
というわけで「ジャンボフェリー」を利用することに決めました。

ジャンボフェリー

所要時間は約4時間。
行きは金曜深夜発の土曜早朝着にして、寝ている間に移動しようと計画。
ただ、これは誰もが考えていて、フェリーはめっちゃごったがえしていました。
車はあとからの乗船になるので、その間に、和室、リクライニングルームとも満杯。

こちらが和室。
ジャンボフェリー

こちらが洋室です。
ジャンボフェリー

なので、同行者がいるならば、先に乗り込ませておくほうが得策ですね。
行きは仕方なく、車の中で寝ましたもん。
愛車が後ろフラットで寝れるステップワゴンでよかったです。

帰りは学習して、同行者を先に乗船させておいたので、
リクライニングシートを確保できました。

出発後に前方に出て、写真をパチリ。
ジャンボフェリー

天気がいいと船旅もめっちゃ楽しいです。

午後3時半発やったので、ちょっとして夕暮れ時はこんな感じ。
ジャンボフェリー

綺麗でしょ(^^)

日が暮れてしまうと、丁度、明石・神戸の沖あたりに来るので、
神戸の夜景を楽しみながらのナイトクルージングです。
ホンマ、晴れててよかった~

明石海峡大橋。
ジャンボフェリー

メリケンパークにハーバーランド。
ジャンボフェリー

ちょっと時間はかかるけど、いい休憩になるし、
景色はいいしで、今回、このフェリーにして、大正解でした。

↓お勧めリンク↓

フェリー旅行の本です
記事編集

温泉宿予約

高知に宿泊するのに、どのみち夜は食べに出るし、
次の日、朝早くから、高松へうどんを食べに出発するからと、
安いビジネスホテルに泊まるつもりでおりました。
駐車場代込み、2人で7000円以内で検索してるとこのホテルが該当しました。
「ホテルアベスト高知」です。

ホテルアベスト高知

他にも何軒かあったのですが、決め手は2008年5月に改装したてで、
すっごくホテル自体に綺麗さ、清潔さを感じられたのと、
駐車場代含めて楽天トラベルにて6350円!!
この値段で朝食代込みなんですよね、安い。

部屋は禁煙部屋を希望しましたが、満室ってことで喫煙部屋になったのですが、
きちんと空気清浄機を入れてくれていた配慮もよかったです。

ホテルアベスト高知

また無線LANも使えたので、モバイル機で夜、
ネット検索するのにも、重宝できました。

モーニングは、セルフでバイキング形式にしてくれているので、
バイキング好きの俺にはありがたい。

もちろん、ドリンクは飲み放題。
ホテルアベスト高知

パンの種類も色々豊富です。
ホテルアベスト高知

オーブントースターも脇に置かれていますので、
自分で焼いて、焼き立てが食えます。

ゆで卵、パンのトッピング。
ホテルアベスト高知

オレンジジュースにサラダ。
ホテルアベスト高知

こんな感じで盛り付けてきました。
ホテルアベスト高知

生野菜多めで、いただきます。

こじんまりとはしていますが、ホテル自体の綺麗さ、清潔さは満足ですし、
チェックイン時、チェックアウト時に応対してくださった女性の方も、
接客が大変感じがよくって、気持ちいい。
また夜食事から帰ってきた時や、朝食時の男性の方も同様にすごくよかったです。
ホント、安い割りにいいホテルに泊まれて、大満足でした。

住所:高知市南はりまや町1-7-14
電話:0120-825-077
チェックイン:15:00 チェックアウト:11:00
駐車場有り:630円(税込/泊)要予約 収容台数30台


★このホテルも楽天トラベルで安く予約できました★
記事編集

温泉宿予約

四国旅行、高知方面に抜けると、やはり太平洋を望む温泉に入りたい!!
海の眺めのいい温泉、どっかにないかな~って探してるとここがなかなかよさげ。
高知市内に入る前に、少し足を伸ばしてみました。
旅館施設で日帰り入浴もやっております、黒潮本陣です。

黒潮本陣

平成8年にオープンしたというその建物は黒を基調にデザインされていて、
重厚感を非常に感じます。いかにも土佐のイメージ。

フロントで入浴料金を支払い、いざ浴場へ。
けど、館内のいたるところでオーシャンビューが楽しめます。

久礼湾もこんな感じ。
黒潮本陣

浴場施設は非常にこじんまりしています。
まあ、元々、そんなにでかい旅館やないもんね。

内湯が1つに露天が1つ、そして露天の先には水風呂。
内湯にはサウナもついています。

露天からの眺めはこんな感じ。
黒潮本陣

実際撮ったのは、このもう一つ上の階にある展望所からの眺めですが、
ほぼ一緒です。
天気がよくって、海が非常に穏やかです。
このオープン感はとても気持ちええですね~

ただ残念はこの露天の石風呂は温泉やないんですよ。
海水を沸かしているんだそうな。
なので、塩がきつめで、少々べとべと感を感じました。

内湯は温泉でぬめりのあるアルカリ単純泉。
循環かな~?そんなに濃い~とは感じませんでした。
このお湯を露天にも使ってほしかったですね。

晴れた日の景色の眺望は最高ですね。
ただ、ちょっと大人しい感があるかな。
南紀白浜の「崎の湯」や勝浦のホテル浦島「玄武洞」のような、
迫力感はないです。

南紀白浜の「崎の湯」の記事はこちら!
南紀勝浦のホテル浦島「玄武洞」はこちら!


住所:高知県高岡郡中土佐町久札8009-11
電話:0889-52-3500
入浴時間(外来):10:30~16:00 18:30~20:00
定休日:木曜は18:30~20:00のみ
入浴料金:大人600円 
泉質:アルカリ性単純温泉
記事編集

温泉宿予約

松山、道後温泉宿泊にあたって、一番重要視しようとしたのが、
まずは温泉の泉質!
しかし、道後温泉あたりの温泉宿はどれも俺のお眼鏡にかなわない。
とすると、温泉はどっか外のええ泉質んとこに行くことにして、
部屋をリッチにしようではないかと思い立つ。
ということで、このホテルに白羽の矢が立った。
~大人の為の隠れ家スタイリッシュリゾート~が謳い文句の、
「アンカサホテル&オリエンタルヴィラ」である。

アンカサホテル&オリエンタルヴィラ

ご覧のとおりのデザイナーズホテルである。
アンカサホテル&オリエンタルヴィラ

部屋はこんな感じ。
アンカサホテル&オリエンタルヴィラ

シンプルながらにゴージャス。50平米はさすがに広い。
巾2Mのシモンズ社製ベッド、42型プラズマTVなどが標準装備。
このベッドの寝心地のよさは最高♪
チェックアウトぎりぎりまで、ぐうぐう寝ておりました。

アンカサホテル&オリエンタルヴィラ

アメニティ関係も豪華に取り揃えており、
ジャグジーバスにもTVが取り付けられております。
久々にボディソープ入れて、泡風呂にして入りました。

廊下もこんな感じです。
アンカサホテル&オリエンタルヴィラ

ウェルカムドリンクが1杯ついてきます。
アンカサホテル&オリエンタルヴィラ

このホテルのバーで飲んだのですが、
こういうプールを望みながらの1杯が飲めます。
アンカサホテル&オリエンタルヴィラ

しかし、このカクテル・・・イマイチですね。

夕食なし、朝食付きのプランです。

こちらは和食。
アンカサホテル&オリエンタルヴィラ

いかにもホテルらしい標準的な和食ですね。

こちらは洋食。
アンカサホテル&オリエンタルヴィラ

こちらも標準的な構成。
この朝食はどちらとも可もなく不可もなくってとこ。

ゆったり落ち着ける部屋ですね。
この点に関しては全く申し分なしです。
晩御飯をこの部屋で食べるにも、電子レンジもありますし、
持ち込み冷蔵庫もありますし、夕食なしプランでも十分OKです。
逆にいうと、ちょっとラブホちっくでありすぎるかな。
ゴージャスなラブホって印象。
隣に城スタイルのラブホが建っているってのもありますが(^^;)
しかし、ホテルマンさんの応対も丁寧ですし、
まだまだ、ここに居たいって気分になりましたよ。
ここに住みたい~!!!

住所:愛媛県松山市下伊台町129-5
電話:089-977-0003
チェックイン:15:00 チェックアウト 11:00
駐車場:有37台無料


★今回の旅行も楽天トラベルで安くいいホテルに泊まれました★
記事編集

温泉宿予約

道後温泉本館は事前調べで、温泉の質的にはそんなによくはないと
わかっていたので、近隣で、源泉かけ流しの質のよい温泉を探すと、
ここの名前があがってきた。
スーパー銭湯ちっくなのに、入浴料450円ってな安い値段なのと、
岩盤浴を含めても会員料金1000円ってな値段は関西ではありえない。
道後温泉から東方面に車で15分くらい走るかな。
東道後温泉「久米之癒」を訪れました。

東道後温泉 久米之癒

岩盤浴をどうしようかと考えたのだが、一人が会員になると、
2人とも会員価格の1000円で入浴できるので、
会員になって、入ることに決定。
ただ、ここは、女性専用になっており、男性はペアの女性が
いないと入れないです。

東道後温泉 久米之癒

まずは岩盤浴の前に、一般浴場より。
源泉かけ流しはどこ?って探すと、露天の一番奥にあります。
やっぱりここからですね~
入ってみるとぬるぬる感が非常に高いええ質の温泉。
単純アルカリ泉の言葉どおりのぬるぬるの質を楽しめて、
温度も40度程度のぬるめでゆっくり浸かることができます。
すごくええ源泉かけ流しです。
また、このそばには寝転べる休憩処もあるんで、長湯にもちょうどいい。

内湯には檜風呂もあるし、サウナももちろんある。
あと手足だけを高温の温泉で温めるというユニークな
岩盤浴施設もあります。

さあ!いざ岩盤浴へ!80分と長く利用できるんもええね。
東道後温泉 久米之癒

その星之岩盤浴の言葉どおり、天井は星のオブジェ。
東道後温泉 久米之癒

80分あると、15分の4セットインターバルできるから、
相当体絞り込めました(^^)。

また水も。。。
東道後温泉 久米之癒

三つの石を組み合わせた様々な効能を持つ「三玉石」をフィルターにした、
ミネラルウォーターが飲めます。

あがっての休憩処。
東道後温泉 久米之癒

はっきり言って・・・・
過去最高のCP値を誇る、スーパー銭湯。
450円で源泉かけ流し、サウナ付、綺麗さ、これは他ではありえへん。
地元民で非常に賑わっておりましたが、納得です。
観光客の方も、道後温泉は有名ですが、はっきり言って、
少し足を伸ばして、ここへ絶対来てください。
満足できない方はいないでしょうね。

住所:愛媛県松山市南久米町325-1
電話:089-970-1126
営業時間:11:00~翌9:00(22時間営業)
定休日:年中無休
料金:大人450円、こども200円
日之岩盤浴(高温手足浴)・
月之岩盤浴(高温岩盤浴)の利用を含む
星之岩盤浴(80分・女性専用)
会員 1,000円 一般 1,200円 (大浴場の利用料金も含む)
*星之岩盤浴は女性専用です。
ただし、男女ペアの場合に限り男性の方にもご利用いただけます。
*浴衣・バスタオル1枚・フェイスタオル2枚の貸し出し料を含みます。
*ポイントカード会員には当日ご入会いただけます。(入会金100円)
*星之岩盤浴ご利用の前後に大浴場をご利用いただけます。
大浴場のご利用に時間制限はございません。


★今回の旅行も楽天トラベルで安くいいホテルに泊まれました★