関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

阪神間の温泉銭湯も結構回ってきたな~って印象。
ここが唯一残った、温泉が湧いている銭湯であろう。
場所は名神高速と国道2号線が交差する、少し南西に位置します、
大箇(オオゴ)温泉に今回立ち寄りました。

大箇温泉[おおごおんせん]

入浴料金は、この近辺の均一料金、大人380円です。
大箇温泉[おおごおんせん]

さーて、券も買って、ロビーへ。
大箇温泉[おおごおんせん]

20人ちょっとは座れるであろう、この規模の銭湯にしては、
ゆったりくつろげる場があります。
また結構小綺麗に清掃・整頓されていますね。

とにかく、中へ入りましょう。
やはり目指すのは、温泉が沸き立つ露天ですね~
奥へ突き進んで行くと・・・

ありました!
大箇温泉[おおごおんせん]

おおっ!都心銭湯の露天にしては、非常に空がオープンな感じ。
また、綺麗な岩風呂です。
ゆったり浸かりましょう。

温泉の泉質はこんなの。
大箇温泉[おおごおんせん]

泉質はアルカリ性単純温泉。
色合いは少し黄色がかった色をしており、
若干、鉄の風味も感じます。

特に源泉掛け流しは謳っていないので循環かな~
岩場からどばどば溢れ出ているのは、そうでしょう。
横からちょろちょろ流してたんが、源泉と書いていたので、
掛け流しかもしれません。

大箇温泉[おおごおんせん]

入った感じは温泉の質的には薄い感があるが、
そのオープンな岩風呂の感じが非常にいいですね。

また内湯にも温泉浴槽があります。
座湯ジェットと寝湯(ローリングバス)がそうで、
寝湯は結構ゆったり入浴できて心地よかったです。

あとの白湯はすべて軟水を使用しているのだそうな。
シャンプーや石けんの泡立ちが非常によくって、
肌がつるつるしてきます。

温泉の質的には普通であるが、設備の面でしっかり、
アフターメンテが行き届いているように思えました。
やはり阪神間温泉銭湯は、温泉好きには宝庫ですね(^^)

住所:西宮市津門大箇町7-17
電話:0798-26-0217
営業時間 15:30~23:30
定休日:木曜(祝日の場合は営業)
駐車場:11台分(付近に点在)
付帯設備 コインランドリー

料金:
大人(中学生以上) 380円
大人サウナ込み 510円
中人(小学生) 130円
小人(幼稚園以下)  60円
手ぶらセット※ 700円
※手ぶらセットの内訳・・・ミニ石鹸、ミニシャンプー、ミニリンス、
カミソリ、貸タオル、貸バスタオル、サウナ込み

源泉名 宮泉(みやみず)の湯
泉質 単純温泉(低張性・弱アルカリ性・温泉)
湧出量 最大650リットル/分
効能 神経痛・筋肉痛・慢性消化器病・五十肩・うちみ・
関節痛・やけど・慢性皮膚病 ・冷え症・疲労回復
記事編集

温泉宿予約

阪神間の銭湯もあちこち巡ってきたが、
そういえばここのスーパー銭湯もしばらく行っていないな、
ブログを始めてからは行っていない。
泉質よりもゆったりできるくつろげる場所とここを利用しました、
「極楽湯 尼崎店」です。

極楽湯 尼崎店

JR尼崎駅からすぐ近くです。
極楽湯 尼崎店

この立地条件は手軽に温泉利用に最高ですね。

その日の露天のお湯はこんなの。
極楽湯 尼崎店

んん?登別??ここは兵庫県ですけど?
この極楽湯オリジナルの温泉はないんかい?って思う。
宝寿湯ってのがそうなんかな?
まあ、けど書いていないだけでちゃんとあるんでしょ~
ってなことで中へ。

ここ、ええとこは再入場可なんですよ。
極楽湯 尼崎店

一旦休憩で、あがってきてもOKです。

こういうスーパー銭湯では内湯に興味がない俺は、
とっとと露天に向かいます。
極楽湯 尼崎店


まずは、登別の温泉【湯めぐり四季彩 岩風呂】です。
人工温泉装置により、四季を通じて日本全国の名湯を楽しめるんだそうな。
乳白色で塩っ気の強い感じがいかにも登別!!
人工的に作られているとはいえ、なかなかこれええね。
どうやってつくってるんでしょ?

で、次の【湯めぐり四季彩 桧風呂(替り湯)】
色と香りを楽しむお風呂。
月替わりで入浴剤が変わるのだそうな。
その日はいかにもバスクリン・・・興味ねえ・・・

露天もう一つは【湯めぐり四季彩 石風呂(薬湯)】
漢方薬が入った薬湯。露天これで全部??
やっぱりこの店特有の温泉はない模様。
ホームページも見に行ったが、尼崎店と吹田店は源泉出ない模様ですね。
昔はあったような気がしたが、枯れてしまったんかな。

まあ、これぞスーパー銭湯って店ですな。
源泉掛け流し、泉質重視の方なら、まあスルーの方向で。
逆に、居心地重視の方なら、上がってからの再入場ができますので、
時間制限なしにゆったりできますよ。

住所:尼崎市浜1-6-18
電話:06-6497-4126
営業時間:10:00~26:00(受付終了25:30)
定休日:第3火曜日
入浴料:大人 平日700円 土・日・祝750円
・再入浴可、時間制限なし
記事編集

温泉宿予約

大阪梅田からも車で約5分くらいであろうか、
こんな都心にそんなええ源泉風呂付きの、
スーパー銭湯があるよと伝え聞いた。
スーパー銭湯で、源泉掛け流しはなかなかない。
ましてやこんな都心で濃い温泉はないやろと半信半疑で、
ここへ車を走らせました、「なにわの湯」である。

なにわの湯

1階がパチンコ屋、8階がスーパー銭湯というちょっと変わったビル。
そして2階~7階までが全部駐車場なのだ。
500台の収納スペースのある駐車場は無料。
都心でこれは非常にうれしいところである。

券売機で券を買って、中に入ります。
なにわの湯

レストランも併設させており、かなり綺麗ですね。

そのレストランのメニューはこんなの。
なにわの湯

もう食事はすませてきたので、早速中へ入りましょ。

なにわの湯

入ってすぐに、内風呂であるが、俺の目的はあくまで源泉風呂!!
それは露天にありました。
入ってみると・・・うん、これはすごい!!
スーパー銭湯の源泉風呂にしてはかなりの濃さを感じる。
色も少し黄色がかっており、ぬめりもあり、肌への泡付きもかなりのもん。
加水せずに源泉をそのまま浴槽に供給しているんだそうな。
ただ、加温し、循環ろ過し塩素も使用しているとのこと。
けどそういうのは全然感じない、ええ源泉でした。

ただ他にも温泉と書いているとこ(岩風呂、檜風呂、壺湯など)に入ったが、
こちらは全然駄目でしたね。
なんでも、除鉄・除マンガン処理をした透明な温泉水なんだそうな。
ここまですると温泉とは呼べない気が・・・

また露天には、寝湯もありますし、寝転べるスペースも広いです。
サウナ後に横になれるスペースがあるのは嬉しいですね。
ビルの屋上なので、ゆっくり空も眺められます。

さすがに「美人湯」を謳うだけの泉質であって、
あがった後はお肌がすべすべになっていました。
源泉のよさと、露天で寝転べるスペースが豊富にあるのは、非常によかったですね。
梅田からも近いので、ちょっと立ち寄るのにいかがでしょうか。

住所:大阪市北区長柄西1-7-31 遊湯パークビル8F
電話:06-6882-4126
営業時間:10:00~25:00(最終受付24:00)
休業日:無休 (年2回メンテナス臨時休あり)
入浴料:大人750円、小人(4歳~小学生)400円、幼児(0歳~)150円
駐車場 600台(無料)

源泉名:天然温泉 浪花の湯
泉温:35.3°(調査時における気温14℃)
泉質:ナトリウム・塩化物・炭酸水素塩温泉(低張性・アルカリ性・温泉)
効能: 神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・
くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復期・疲労回復・健康増進・
きりきず・火傷・虚弱児童・慢性婦人病