関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

兵庫県北部へ日帰り旅行をした際に利用した温泉がここ、
シルク温泉の宿 「やまびこ」に付設しているシルク温泉である。

silkonsen0.jpg

料金は都心のスーパー銭湯と違って安く、500円。
この値段設定はこれだけ新しく立派なスーパー銭湯としては、
非常にリーズナブルな値段設定である。

肌がつるつるになる『美人湯』であると聞いていたが、
実際に入ってみて、これはなかなか・・・

silkonsen2.jpg

非常に肌にぬめりが伝わってきて、湯が絡んでくるようだ。
この泉質は大阪高槻摂津峡にある「花の里温泉 美人の湯 祥風苑」
とよく似た感じか。

祥風苑の記事はこちら!

「山の湯」と「花の湯」の2つの浴室がある。この2つが男女日替わりで使用されている、
今回、男湯は「山の湯」であった。
内湯には主浴槽と源泉風呂、外には、露天に、打たせ湯、サウナ、水風呂がある。

その中でも俺が一番気に入ったのは源泉風呂!
温度は34度ちょっととすごくぬるいお湯なのだが、
やはりその濃さがすごく心地いい~
ただ3人も入ればいっぱいのため、譲り合いの精神が必要であるからして、
長居はできませんでした。

あとこちらの山の湯は露天にデッキチェアーが置かれていたので、
サウナに入った後はそこでぐてんとごろ寝・・・zzz(^^)
これが非常に気持ちよい!
前には、但馬の山々が軒を連ねてる姿を堪能しながら、
寝ることができる壮大さは非常にいい。
(今回、女性の湯であった「花の湯」はデッキチェアなかったようです)

またお風呂をあがってからもゆったりと休憩できる施設も整えられている。
silkonsen1.jpg

この値段で、この泉質、そして自然の中ではいる露天の壮大感。
いや~感動しましたよ。
近くに欲しい湯ですね。
出石がすぐ近くですから、蕎麦と一緒に堪能いかがでしょうか。

住所:兵庫県豊岡市但東町正法寺165
電話:0796-54-0880
入浴料:大人500円/小人300円
営業時間:6:00~23:00(受付は22:00まで)
(毎月第3水曜日は点検日のため17:00~23:00の営業)
冬期間(1月~2月末):7:00~23:00
泉質:重曹泉(ナトリウム、炭酸水素塩、塩化物泉)
効能:温泉の一般的効果の他に、慢性皮膚病・慢性消化器病・火傷・切り傷・慢性便秘・痛風