関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

ここ「熊野の郷」の無料利用券をいただいた方より、一緒に行かないかと誘われました。
その無料券が温泉パスポート・・・♪
なんと岩盤浴とVIPルームも使える券だそうな(^^)
温泉でのんべりだらりと過ごすのが大好きな俺はもちろん行く!って返事。

kumanosanda0.jpg

場所はフラワータウンのすぐ近く、けど車がないとなかなか行くのがしんどいかな。
「熊野の郷」は西宮の鳴尾浜にもありますが、ここはその後にできたそうです。

さーて、まずはフロントを通って、温泉に直行です。
お風呂は和風風呂とバリ風の2種類あって、男女、日替わりで利用できるそうな。
今回、男風呂は和風。和風はやはり露天でしょとまずは外へ。

その露天風呂エリアに源泉掛け流しの湯船があります。
ここのお湯だけが、有馬の金泉に似た印象のお湯♪
濃い~温泉大好きの俺は、絶対ここから浸かります。
温泉の濃さはつかしんの「湯の華廊」と似た感じかな~
ちっと薄く感じました。
あと、この露天には5つ程、3人くらいはは入れそうな割と大き目のつぼ湯が、
簾で仕切られて、構成されており、結構ゆったりとお湯に浸かることができます。
この露天とサウナを交互に楽しませてもらいました。

その後VIPルームへ移動。
kumanosanda2.jpg

各リクライニングシートにテレビがついてあって非常にゆったりできる。
ここでゆっくりお昼寝させていただき、次の岩盤浴まで休養です。

また無料の休憩所もあります。
kumanosanda1.jpg

岩盤浴でゆっくり汗かいて、また休憩しつつ、バリ風お風呂の様子を
聞くとすごく広くて、リクライニグチェアやベッドみたいなのもあり、
バリ島のリゾートホテルのスパのようで非常によかったとのこと。
で後でネットで情報検索してみても、バリ風の方が遥かにいいみたいですね。

全体的にちょっとリッチ感の漂うスーパー銭湯ですね。
ただ温泉パスポートはかなり値段高めかな~って思いますし、
普通に風呂のみの利用だと、物足りない感じ。
ごちゃごちゃ感はあるけど、1000円キャンペーンのスパワールドを
利用するほうが、かなりお得感はあると思います。
ただ、バリはいい!!との感想がかなりあるので、
バリ風を試してみると、この値段でって思うかもしれないですね。
 
住所:兵庫県三田市富士が丘5-2
電話:0795-61-1268
料金:平日  大人850円 大人(会員)750円 小人400円
   土日祝 大人950円 大人(会員)850円 小人450円
   朝風呂(日祝のみ) 650円
   温泉パスポート 平日2400円 土日祝2800円
  (館内着セット、VIPルーム入場、岩盤浴セット)
営業時間:平日・土曜 10:00-2400 (最終受付23:00)
     日曜・祝日 7:30-24:00 (最終受付23:00)
定休日 無休(臨時休業あり)
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物冷鉱泉
(等張性・中性・冷鉱泉 泉温21.1℃ pH6.48)
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、
慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、きりきず、やけど、
慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病
ホームページ:http://www.kumano-no-sato.com/

記事編集

温泉宿予約

和歌山は温泉王国であるが、今回、和歌山市近辺で濃い~温泉はないかと
検索したところ、その酸化した赤褐色とどろどろした感じに魅了されました。
和歌山駅から車でわずか5分ほどのところにある「花山温泉」である。

hanayamaonsen0.jpg

その赤褐色ドロドロ感はこちら参照に♪
http://www.hanayamaonsen.com/

お昼過ぎに到着すると、すでに駐車場は車でいっぱい・・・
見た目はごくごく普通の旅館の佇まいなのだが、結構観光客に人気?
と思って入ってみる。

日帰り入浴は1000円。
奥の浴室へ向かい、目指すは赤褐色のお湯!
まず手前側はごく普通の湯が並んでいて、サウナも併設されている、
この辺りを通り抜けると、赤褐色湯発見!!
ただ、そこもさらに通り抜けると、窓の外は露天になっているようなので、
まずはそこから入ることにする。

露天は小さくて、街中にあるため、あまり見晴らしはよくありません。
お湯の濃さは少し思っていたほどは濃くはないが、十分に肌にまとわりついてくる。
露天はそこそこに内湯に戻って、源泉を楽しもうと思うが、
どうやら、源泉はちょっと冷たくて、加熱してるお湯があるのだそうだ。

それならばと、サウナでみっちり体を熱くした後に、この冷たい源泉に浸かろうと
思い立つ。
いや~この交互のインターバルがかなり気持ちよかったです。
さすがにこの冷たい源泉かけ流しは加熱されているのよりも濃さを感じることが
できましたし、サウナで温まった体をしゃきっと締めてくれてホント
気持ちいいの一言。

お風呂から上がった後は、2Fに休憩室があり、湯上りにくつろぐことができます。
ただ、宿泊客の晩御飯の準備もあるせいか、16時までと時間は限定されていました。
おじちゃん、おばちゃんがカラオケされていましたね(^^)

hanayamaonsen1.jpg

入ってみての印象は観光客が押し寄せる場所でなく、
近隣周辺の方が口コミで広がった温泉という印象でなかなかよかったです。
1000円はちょっと高めの気がしますけど、サウナも併設されているし、
その温泉の質を考えたら、温泉好きならば、一度は試してみてはいかがでしょうか。

住所:和歌山県和歌山市鳴神574
阪和線 和歌山駅から約3km、車で5~5分
電話:0734-71-3277
日帰り入浴:8時~22時 料金:大人1000円
休業日 第2・4木曜日
泉質:含二酸化炭素・鉄-カルシウム・マグネシウム-塩化物・炭酸水素塩泉
泉温:24.6度