関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

再び関西から東海圏へ向かっております。
すると必ず通る県が「奈良県」。
私はいつも名阪国道を利用しますからね。
そしてこの道中、一つ温泉博士掲載施設がありました。
本日の一湯はここに決定、「かんぽの宿 奈良」です。

奈良都心にある日帰り入浴ができるホテル 平城京温泉 かんぽの宿 奈良(奈良市)

平城京跡の近くにあり、奈良市内でも都心にあるホテルです。
奈良観光の際の拠点には非常に便利な立地。

日帰り入浴を、積極的に受け入れている施設です。
奈良都心にある日帰り入浴ができるホテル 平城京温泉 かんぽの宿 奈良(奈良市)

入浴料は600円で、アメニティつきですから、
関西のこういうホテルでは、結構良心的な価格設定です。

しかし、大浴場はこじんまり。
奈良都心にある日帰り入浴ができるホテル 平城京温泉 かんぽの宿 奈良(奈良市)

ホテルの規模にしては小さいと思いますね。
ご覧の内湯です。

その温泉を泉質表で分析してみましょう。
奈良都心にある日帰り入浴ができるホテル 平城京温泉 かんぽの宿 奈良(奈良市)

源泉温度38.1度、PH7.6のナトリウム-塩化物泉(低調性弱アルカリ性)です。
ナトリウムイオンの成分が突出して多いので、
塩分の濃い~泉質だと分かります。
弱アルカリとは表記されてますが、このPH値ではよく分からず・・・
そして、加水、加温されている上に、循環ろ過、塩素消毒ありですから、
この内湯に浸かっても、その温泉感はほとんどなく、
塩素の匂いもプンプンでした。

露天は2つ。
奈良都心にある日帰り入浴ができるホテル 平城京温泉 かんぽの宿 奈良(奈良市)

この岩風呂に・・・

信楽焼樽風呂でした。
奈良都心にある日帰り入浴ができるホテル 平城京温泉 かんぽの宿 奈良(奈良市)

泉質的には内風呂とかわんないんですけど、外にある分、
塩素の匂いが充満してませんでしたから、
もっぽらこっちでうだーーっと過ごしました。

元々、この奈良中心地って、温泉の泉質的にはイマイチですから、
ここのホテルも、まあこんなもんでしょうね。
今回、温泉博士の無料手形があったんで立ち寄りましたが、
奈良なら南部の方、十津川や川上村方面まで、源泉かけ流し好きなら、
足を運ぶべきです。

住所:奈良県奈良市二条町3-9-1
電話:0742-33-2351
営業時間:11:00~16:00 18:00~20:00
定休日:無休
入浴料:600円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

日本一周の旅2日目。
昨日は、人工泉のスーパー銭湯であったので、
今日こそは天然温泉の泉質ええところをチョイスしたい。
紀ノ川沿いを奈良から和歌山へ下流方向に向かうので、その近辺で検索。
そこで白羽の矢が立ったのが、こちら「金剛乃湯」です。

抜群の泉質をいかにアピール? リバーサイドホテル「金剛乃湯」(奈良五條)

スーパー銭湯ではなくって、ホテルに隣接している温浴施設。
想像してたよりも古めかしさはあります。

売店。
抜群の泉質をいかにアピール? リバーサイドホテル「金剛乃湯」(奈良五條)

そして休憩処。
抜群の泉質をいかにアピール? リバーサイドホテル「金剛乃湯」(奈良五條)

なんか独特の雰囲気を持っていますね(^^)

いざ、浴場に入るとこんな内湯です。
抜群の泉質をいかにアピール? リバーサイドホテル「金剛乃湯」(奈良五條)

あとちっさなサウナもあります。
まず、感じたのは塩素の匂い・・・
源泉かけ流しかと思ったけど、そうではないみたいですね。

泉質表で分析してみましょう。
抜群の泉質をいかにアピール? リバーサイドホテル「金剛乃湯」(奈良五條)

ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉で、高張性中性低温泉。
源泉温度28.4度と低いですから、加温はされています。
あとこの塩素消毒の匂いからも循環されていますね。

こちらが露天。
抜群の泉質をいかにアピール? リバーサイドホテル「金剛乃湯」(奈良五條)

町中に位置しているので、周りの景色は拝めません。

実際に湯に浸かってみた感じ・・・
抜群の泉質をいかにアピール? リバーサイドホテル「金剛乃湯」(奈良五條)

薄い透明な緑色をしたお湯は、案外なかなかええんですよ。
高張性なんで元々の濃度がとてつもなく濃い~
鉄の匂いも感じますし、ええ感じで肌にまとわりついてきます。

非常にもったいないなと感じた温浴施設。
ここまでの濃い泉質が湧き出ている地域もなかなかありませんよ。
この泉温ならば、冷たい源泉かけ流し浴槽を作ったら面白いのに。
あとこの設備で、入浴料700円は少々高い気が。
平日だけでも100円ダウンさせたお値段にしたらええのにね。
そう、あと一歩頑張れば、とんでもない温浴施設になるのにな~

住所:奈良県五條市新町2-1-33
電話:0747-25-1126
営業時間:10:00~23:00(受付22:15まで)
定休日:第1火曜
入浴料:大人700円 小人350円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

日本一周旅の初日・・・
これからは散々、温泉は毎日浸かっていく予定。
奈良の中心部から吉野方面に向かい、そこで車中泊を考えてましたから、
その直前、橿原市で、一湯することに。
この辺りは特に泉質的にはええとこありませんから、
目についたとこに入ろうと決めてました。
「あすかの湯」です。

人工温泉やったか・・・あすかの湯(奈良柏原)スーパー銭湯

都心によくあるスーパー銭湯タイプですね。

券売機。
人工温泉やったか・・・あすかの湯(奈良柏原)スーパー銭湯

この日は平日でしたから、680円。
今後この入浴料が毎日続くと、1日予算的にはきつい・・・

しかし、ホント綺麗。
人工温泉やったか・・・あすかの湯(奈良柏原)スーパー銭湯

レストランでも充実しております。
なので、平日月曜にも関わらず、
その人の入りはご年配の方中心に、凄まじかったです。

浴室、内湯の構成。
人工温泉やったか・・・あすかの湯(奈良柏原)スーパー銭湯

スーパー銭湯としては、よくある一通りの構成。

・・・そうやったか。
人工温泉やったか・・・あすかの湯(奈良柏原)スーパー銭湯

温泉湧いてないんよね~
トゴール泉という、ラジウムを含有し微量ながら放射線をもつ、
トゴール原石を砕き、それをお湯に通すことによって、
ミネラルと微量な放射線を溶解させる準天然温泉です。
まあ、白湯と肌触りは全然変わらず。

こっちが露天の構成。
人工温泉やったか・・・あすかの湯(奈良柏原)スーパー銭湯

しかしですね、人工泉ではあるが、色々考えられている。
まず、1番の美人の湯はアルカリ性単純泉なんですよ。
確かにアルカリのヌメリは感じられました。
そして、人工炭酸泉の檜風呂もあります。
あと、漢方のスチームサウナでしょ?
この露天構成は、なかなかよかった。

風呂あがってからの、休憩処。
人工温泉やったか・・・あすかの湯(奈良柏原)スーパー銭湯

寝転べるんで、旅の一休み、昼寝も可能。

この旅初っぱなに、天然温泉ではなかったのは残念であったが、
それなりに工夫感は感じられたスーパー銭湯でした。
なので、この客の入りにも納得でしたね。
すっきりさっぱり、本日の車中泊地に向かえました。

住所:奈良県橿原市醍醐町375
電話:0744-21-1126
営業時間:10:00~翌1:00
定休日:年中無休
入浴料:大人平日:680円 土日祝730円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★