関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

南紀勝浦周辺は温泉の宝庫。
過去の旅でも、何度もこの地を訪れています。
その勝浦の西側には、湯川温泉という温泉地があります。
その中で今まで訪問したことのない旅館の日帰り入浴に行ってみることに。
温泉旅館「柳屋」にやって来ました。

プンプンの透明な硫黄泉 温泉旅館 柳屋(和歌山那智勝浦)湯川温泉

見てのとおり、小さな旅館です。
日帰り入浴料は300円と安く、今回の貧乏旅には最適(^^)

ロビーの様子もこの宿らしい。
プンプンの透明な硫黄泉 温泉旅館 柳屋(和歌山那智勝浦)湯川温泉

こっちは貸切風呂みたいです。
プンプンの透明な硫黄泉 温泉旅館 柳屋(和歌山那智勝浦)湯川温泉

しかし、味のある古びた旅館ですよね♪

その大浴場は、この内湯のみ。
プンプンの透明な硫黄泉 温泉旅館 柳屋(和歌山那智勝浦)湯川温泉

まあ「大」ってつけてもええんかいなって思う、小さな浴槽。
ただ、この浴室内に入ると、もわーーんと硫黄のええ香りがするんですよ。

泉質は源泉温度40.0度、PH値9.4のアルカリ性単純温泉。
プンプンの透明な硫黄泉 温泉旅館 柳屋(和歌山那智勝浦)湯川温泉

お湯の色は無色透明。
完全に100%源泉かけ流しです。
投入口からドバドバ湯量が投入されており、
それが全部かけ流されていく様子は圧巻。
あ~かけ流しの温泉に浸かってるな~って幸せ感を味わえますね(^^)

源泉温度40度にしては結構熱いかな?
自身の体感温度では41度台に感じました。
あと、PH値ほどのアルカリヌメヌメ感もあまり感じません。
硫黄臭が目立つ、さっぱり系の泉質です。

あと、アメニティの類は一切置いていません。
プンプンの透明な硫黄泉 温泉旅館 柳屋(和歌山那智勝浦)湯川温泉

シャンプーなど忘れないように持参しましょう。

うん、300円でこの源泉かけ流しはさすがだなって思います。
ただ、自身の好みでいうと、この近くにある、「ゆりの山温泉」が、
浴感、泉温、ともに好みですね。
その記事はこちら!

住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町湯川980
電話:0735-52-0317
日帰り入浴時間:15:00~21:00
定休日:なし
日帰り入浴料:300円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

和歌山の南紀は、温泉の宝庫。
大阪からも近いですから、何度こっち方面に旅行に来たか、数えられないくらい。
その中でも、私の評価が非常に高い、入浴施設があるんですよ。
今回、以下のまっとうな温泉にて、無料入浴できました。


「リヴァージュ・スパ ひきがわ」に立ち寄りました。

強度のアルカリヌルヌル抜群泉質!!リヴァージュ・スパ ひきがわ(和歌山南紀日置川温泉)

海のそばにあって、非常に綺麗な入浴施設です。

こんな構成になっています。
強度のアルカリヌルヌル抜群泉質!!リヴァージュ・スパ ひきがわ(和歌山南紀日置川温泉)

アメニティもちゃんと置いているし、スーパー銭湯並みの設備。
そして、源泉かけ流し浴槽もあって、
普通に650円の入浴料出してもお得やと思います。

それに、景色がこれですもん。
強度のアルカリヌルヌル抜群泉質!!リヴァージュ・スパ ひきがわ(和歌山南紀日置川温泉)

見事なシーサイドビュー。

内風呂はこんな感じで。
強度のアルカリヌルヌル抜群泉質!!リヴァージュ・スパ ひきがわ(和歌山南紀日置川温泉)

露天。
強度のアルカリヌルヌル抜群泉質!!リヴァージュ・スパ ひきがわ(和歌山南紀日置川温泉)

天気のええ日は、ホント心地いい入浴になります。

そして、こちらが源泉浴槽。
強度のアルカリヌルヌル抜群泉質!!リヴァージュ・スパ ひきがわ(和歌山南紀日置川温泉)

オープンすぐに入場したんで、まだお湯は半分程度でした。

泉質表にて分析してみましょう。
強度のアルカリヌルヌル抜群泉質!!リヴァージュ・スパ ひきがわ(和歌山南紀日置川温泉)

もう1枚。
強度のアルカリヌルヌル抜群泉質!!リヴァージュ・スパ ひきがわ(和歌山南紀日置川温泉)

源泉温度34.4度とぬるい温度で、そのままかけ流されているんです。
ぬるいの大好きな私としては、これは絶好なんですけど、
さらに注目してほしいのがそのPH値!!
10.1って数値は、強アルカリ泉の部類です。
それをそのままかけ流ししてる温浴施設は、
全国どこを探しても、めったにお目にかかれません。

こっちの薬湯も源泉かけ流しにしていました。
強度のアルカリヌルヌル抜群泉質!!リヴァージュ・スパ ひきがわ(和歌山南紀日置川温泉)

無料の休憩処も、ちゃんと寝転べるスペースが。
強度のアルカリヌルヌル抜群泉質!!リヴァージュ・スパ ひきがわ(和歌山南紀日置川温泉)

レストランメニュー。
強度のアルカリヌルヌル抜群泉質!!リヴァージュ・スパ ひきがわ(和歌山南紀日置川温泉)

地元海鮮ものを中心に色々取り揃えられています。

ランチと入浴がセットになったものもあります。
強度のアルカリヌルヌル抜群泉質!!リヴァージュ・スパ ひきがわ(和歌山南紀日置川温泉)

とまあ、泉質、設備の充実さ、景観、そして入浴料と、
全てがバランスよく兼ね揃えられた施設なんですよ。
和歌山で私が一番におススメできる温泉と言ってもええですね。
南紀白浜からも、南へすぐですから、白浜の泉質だけでなく、
ここも一度、是非味わってくださいませ♪

住所:和歌山県西牟婁郡白浜町日置1013-25
電話:0739-52-2370
営業時間:11:00~21:00(木曜は15:00~)
定休日:年不定期で10日間前後
入浴料:大人650円 小人300円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

和歌山北部の日帰り旅行にて、有田郡湯浅までやって来ました。
ホントはここまでやって来ると、南紀白浜まで足を延ばしたいところだが、
後々のスケジュール的に、それはムリ。
ってことで、今回利用したのがここ、「二の丸温泉」です。

二の丸温泉(和歌山有田郡湯浅)

山を結構登っていったところにあります。
ここは徒歩ではまあムリでしょうね。

外観もう1枚。
二の丸温泉(和歌山有田郡湯浅)

こんなログハウス調になっており、地下1階+2階建てって構成でしょうか。
1階が売店、2階が休憩処、そして地下が温泉への入り口になっています。

こちらが内湯。
二の丸温泉(和歌山有田郡湯浅)

露天はまた別にありますので、後で紹介。
脱衣所はこの規模にしては狭かったですね。

まずはその泉質を分析してみましょうか。
二の丸温泉(和歌山有田郡湯浅)

二の丸温泉(和歌山有田郡湯浅)

二の丸温泉(和歌山有田郡湯浅)

二の丸温泉(和歌山有田郡湯浅)

源泉温度32.4度、PH値10.0のアルカリ単純泉。
このPH値は相当高いですよね。
なので、かなりのヌルツル感を期待してしまいますが、
加温、循環ろ過、塩素消毒ありで、加工されてしまっており、
残念ながら、そこまでのアルカリ感は味わえませんでした。

露天へは別の入り口から、さらに階段で降ります。
二の丸温泉(和歌山有田郡湯浅)

ここの露天はちょっと面白い造り。
二の丸温泉(和歌山有田郡湯浅)

もう1枚。
二の丸温泉(和歌山有田郡湯浅)

半地下形式になっており、軒先だけがオープンです。
二の丸温泉(和歌山有田郡湯浅)

これだけ下に位置しているので、全く景色はよくない。

こんな山の中なんやから、もっと眺望を気にして造ったらよかったのに。
暗いイメージがあって、あまり好きではない露天です。
あ、あと泉質ですが、内湯とほぼ変わらず。
泉質に期待して行く施設ではないです。

あと、地下水が美味しいのかコイン式の自動販売機がありました。
二の丸温泉(和歌山有田郡湯浅)

この水は脱衣場でも飲めるように設置されておりました。
泉質、施設設備、眺望、いろんな要素でイマイチ感が否めない。
大阪方面から、和歌山にやって来るなら、和歌山市街地には、
花山温泉や、本町温泉のようなええ泉質があるし、
さらにもうちょい頑張って、南へ車を走らせたならば、
これまた泉質のええ、南紀白浜に辿り着けますしね。
この有田湯浅で、わざわざ温泉に浸かる必要はないかと思います。

住所:和歌山県有田郡湯浅町山田1638-1
電話:0737-64-1826
営業時間:10:30~19:30(閉館20:00、時期により異なる)
定休日:第4火曜(祝日の場合は第5火曜休)
入浴料:大人500円、中学生400円、小学生250円
駐車場:あり 40台(無料)


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★