関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

大阪周遊パス(スルッとKANSAI)を使った日帰り旅の1施設め。
今回このフリー乗り放題チケットを購入を決めたのも、
温泉施設も2つ、無料で利用できるんもあったんで。
スパスミノエとどっちにしようかと思ったのだが、
立地とスケジュール的に、こちらの施設をチョイスしました。
天神橋筋六丁目にある、天然温泉「なにわの湯」です。

天然温泉 なにわの湯(大阪天神橋筋六丁目)スーパー銭湯

パチンコ屋のある巨大複合ビルの最上階にあります。
今回は電車での利用でしたが、駐車場も無料利用できるんで、
その点、都心の施設にしては、交通の便がええですね。

で、土日祝は朝早く8時から営業しています。
天然温泉 なにわの湯(大阪天神橋筋六丁目)スーパー銭湯

この時間から開いているのも、ここの施設を決めた理由ですね。

8階にエレベータで上って、エントランス部分付近。
天然温泉 なにわの湯(大阪天神橋筋六丁目)スーパー銭湯

散髪屋さんや、マッサージ、レストランなど、
ちょっとごちゃっとした雰囲気。
まあ、1フロアに凝縮していますからね。
ただ、脱衣場は非常にゆったりスペースとっているので、
その点、手狭感はないです。

こちらが、露天風呂大浴槽の写真。
天然温泉 なにわの湯(大阪天神橋筋六丁目)スーパー銭湯

露天のスペースも結構広めにとられております。
また内湯も、ナノバブルで白濁させた湯、入浴剤投入のお湯、
ブラックシリカ鉱石を沈めた湯など、ちょっとした工夫感がありますね。

で、この都心で温泉の泉質はいかがなもんなんでしょうか。
天然温泉 なにわの湯(大阪天神橋筋六丁目)スーパー銭湯

続き。
天然温泉 なにわの湯(大阪天神橋筋六丁目)スーパー銭湯

もう1枚。
天然温泉 なにわの湯(大阪天神橋筋六丁目)スーパー銭湯

ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉で、源泉温度35.3度です。
すべての浴槽に温泉が使われているとのことですが、
加水・加温・循環濾過・消毒・除鉄・除マンガンと、
ここまですると全く温泉らしさは微塵も残っておりません。

ただ、露天に一つちょっと小さめの源泉浴槽があります。
10人も入れない、7人くらいでいっぱいかな。
お湯はちょっと黄緑がかった色をしており、硫化水素臭も感じ、
泡つきもある、源泉らしさを感じるお湯です。
しかし、かけ流しではなく、加温、循環、塩素消毒されているので、
薄さは否めません。

大阪都心のスーパー銭湯で、
このレベルの源泉を持つ施設はなかなかないので、この点は評価できます。
また、大阪梅田からでも近いので、使い勝手はええですね。

住所:大阪市北区長柄西1-7-31
電話:06-6882-4126
営業時間:平日10:00~翌1:00(24:00 受付終了)
土日8:00~翌1:00(24:00 受付終了)
定休日:年中無休(メンテナンス臨時休あり)
入浴料:大人 800円、小人 400円、幼児 150円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

大阪市内・周辺にあるスーパー銭湯もほぼ行き尽くしました。
こうなれば全て制覇しなきゃね(^^)
市内では唯一残っていたこちらの施設へ朝一でGO!
天然温泉「ひなたの湯」です。

天然温泉 ひなたの湯(大阪新大阪)スーパー銭湯

土曜日であったので、開館時間の朝8時に行ったんですけど、
なかなか結構人気のある施設。
開館前の待ち客もちらほらいました。

施設はとあるマンションの最上階9階にあります。
天然温泉 ひなたの湯(大阪新大阪)スーパー銭湯

マンション附帯の温浴施設を、日帰り入浴にしたような感じ。
日帰り入浴料は大人750円ですから、極々普通のスーパー銭湯値段です。

こちらが内湯。
天然温泉 ひなたの湯(大阪新大阪)スーパー銭湯

テレビ付きのサウナ。
天然温泉 ひなたの湯(大阪新大阪)スーパー銭湯

そして、露天。
天然温泉 ひなたの湯(大阪新大阪)スーパー銭湯

すっごくコンパクト・・・
最初、見た瞬間に、よくこれで普通のスーパー銭湯値段とれるなって印象。
広さ的には、街中の銭湯の内湯を狭めにして、露天を広くした規模です。

さーて、泉質についても触れましょう。
天然温泉 ひなたの湯(大阪新大阪)スーパー銭湯

もう一つ。
天然温泉 ひなたの湯(大阪新大阪)スーパー銭湯

弱アルカリ性低張性低温泉の単純温泉。
源泉温度32.6度、PH値7.9です。
加水はありませんが、加温、循環ろ過、塩素消毒ありで、
まあ街中のスーパー銭湯としては仕方ないですね。
浸かってみても、わずかながらにアルカリのツルツル感を感じる程度。
温泉に入っている浴感は全くないですね。
ただ、水風呂以外、カランにもこの温泉が使われているようです。
体を洗ったときに、それは顕著に分かりました。

露天ではこちらに一番長くいました。
天然温泉 ひなたの湯(大阪新大阪)スーパー銭湯

壺湯です。
さすがにマンションの最上階にあるので、下を見下ろす景色はなかなか。
すぐそばを新幹線が通っていくので、それも見えます。

後、レストランを出ると、足湯の施設もあります。
天然温泉 ひなたの湯(大阪新大阪)スーパー銭湯

こっからの景色はこんな感じで。
天然温泉 ひなたの湯(大阪新大阪)スーパー銭湯

毎日、こんな施設無料で利用できるなら、
ここの住人になりたいなって思いますね。
調べてみると、共益費込みで1K、30平米弱の大きさで9万円くらいの賃貸料。
頑張って仕事して、目指してみるかな(^^)

日帰りのスーパー銭湯としての評価は低いです。
泉質としては仕方ないが、同じ値段出すと、
もっと広いゆったりできるスーパー銭湯はいくらでもあります。
まあ、マンション住人にはなりたいけどな~

住所:大阪市淀川区三国本町1-6-15ドルチェヴィータ新大阪9F
電話:06-7504-6853
営業時間:日~金曜日 午前6時~深夜1時(受付終了深夜0時)
※飲食オーダーストップ深夜0時30分
土曜日 午前8時~深夜3時(受付終了深夜2時)
※飲食オーダーストップ深夜2時30分
定休日:年中無休(メンテナンス休館あり)
入浴料:大人(中学生以上)750 円 小人(4歳以上小学生以下)400 円
3 歳以下 無料
泉質:単純温泉(弱アルカリ性低張性低温泉)


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

都会のど真ん中にある温泉。
以前は会員制の高級スパ施設だったのだが、潰れてしまいました。
別の経営母体に変わり、スーパー銭湯として運営されております。
御隆温泉「SPA江戸堀」を訪問しました。

御隆温泉 SPA江戸堀(大阪)

位置的には、ホント、江戸堀オフィス街のど真ん中ですね。
こんな所に温泉施設があるのか?って感じです。

施設にはビルの脇の階段を降ります。
御隆温泉 SPA江戸堀(大阪)

これだけ近代的なビルですからセキュリティもしっかりしているでしょう。
入り口はここからのみです。
中に入るとやっぱり、その高級会員制であったというのは分かりますね。
木目の立派なロッカー。
ただ、その造りは少人数で使用去れるように造られているので、
こりゃちょっと混雑すると、どうなるんかなって思います。

浴場へ入ります。
御隆温泉 SPA江戸堀(大阪)

薄暗い雰囲気は落ち着きがありますね。
うん、高級感を味わいたい方にはええかもしれません。

一番奥には、広い檜風呂がありました。
御隆温泉 SPA江戸堀(大阪)

この広々感が優越感を与えてくれるんかな??

その泉質です。
御隆温泉 SPA江戸堀(大阪)

低張性、弱アルカリ性の単純泉。
源泉温度は40度ちょっとなので、
湧き出し量が多ければこれをそのまま源泉かけ流しできそうであるが、
お湯に浸かってみた感じ、その泉質の良さは全く感じられない。
加水、加温の循環ではあるように思う。

あと、こんな打たせ湯がありました。
御隆温泉 SPA江戸堀(大阪)

それからタワーサウナも狭い空間ではなく、広かったですね。
但し、長い3列シートで、入り口付近に座られると奥に行けない・・・
その点、使い勝手は悪いなって感じ。

会員制にして、この施設を運営していた方は何を考えていたのか。
もし、私がいくら金持ちやったとしても、会員になって、ここの施設は絶対使いません。
会員になるほどお風呂が好きならば、その泉質にもこだわるはずと思うので、
そういうの全く分かっておらず、高級感のみ追求してもなんだかなって感じ。。
また露天がないのも風情を全く感じられず、その点もマイナス点でした。

住所:大阪市西区江戸堀2-1-1 江戸堀センタービルB1F
電話:06-6444-1126
営業時間:12:00~22:30(最終受付22:00)
定休日:年中無休(元旦およびメンテナンス休館日を除く)
日帰り入浴:大人(中学生以上)750円 小人(小学生以上)550円
※レンタルフェイスタオル付。タオル持参の場合は50円引き


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★