関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約


奥飛騨温泉はしごの4軒目。
新穂高付近には、たくさんの温泉宿がありますし、
日帰り入浴できる施設も多々あります。
ただですね、その入浴時間は宿のチェックイン時間までにしてるとこがほとんど。
なので、登山から戻って来る方は、日帰り入浴施設があればって思いますよね。
けど、そんな入浴施設はちゃんとあります、「ひがくの湯」に立ち寄りました。

登山帰りのひとっ風呂に最適な日帰り入浴施設 ひがくの湯(岐阜奥飛騨新穂高温泉)

この近辺、冬季は雪もすごいので休業する施設も多い。
こちらの施設も4月末から11月末までと、営業期間は冬季が除かれてます。
但し19時まで営業されているし、夏は延長もしてくれるみたい。
登山帰りに寄るのが最適なんですよ。
けど、入浴料は700円とちょっと高めだな。
私は温泉博士の手形を使い、無料入浴させていただきますけどね(^^)

こんなバラエティコーナーがありました。
登山帰りのひとっ風呂に最適な日帰り入浴施設 ひがくの湯(岐阜奥飛騨新穂高温泉)

うまい棒が食べ放題になっています。
但し、温泉博士の無料入浴者は不可。
そりゃ、そうやんね、タダ風呂だけでもありがたいもん。

では浴場へ。
登山帰りのひとっ風呂に最適な日帰り入浴施設 ひがくの湯(岐阜奥飛騨新穂高温泉)

半露天風呂になっていますね。
他の新穂高温泉の泉質と同様で、無色透明のお湯。

さらに奥に進んでいく、登山の湯って道があります。
登山帰りのひとっ風呂に最適な日帰り入浴施設 ひがくの湯(岐阜奥飛騨新穂高温泉)

ここをずっと突き進むと、そこにも露天があります。
先客がおられましたので、写真はありませんが、開放感がこっちはありますね。

景色もご覧のとおり。
登山帰りのひとっ風呂に最適な日帰り入浴施設 ひがくの湯(岐阜奥飛騨新穂高温泉)

錫杖岳って山が、綺麗に見えます。
標高2168mの北アルプスに位置する山。
こんな山に登る人間おるんかって思ったんですけど、
ロッククライマーには人気の岩場みたいですね。
私のデブな体には到底ムリや(^^;)

あ、再び泉質について分析いたします。
登山帰りのひとっ風呂に最適な日帰り入浴施設 ひがくの湯(岐阜奥飛騨新穂高温泉)

浸かってみた感は、さらっとしていて、温泉入ってる浴感はほぼ0。
穂高温泉はこの系統が多いですね。

では泉質表で分析してみます。
登山帰りのひとっ風呂に最適な日帰り入浴施設 ひがくの湯(岐阜奥飛騨新穂高温泉)

もう1枚。
登山帰りのひとっ風呂に最適な日帰り入浴施設 ひがくの湯(岐阜奥飛騨新穂高温泉)

源泉温度は68.2度、PH値は7.8、単純温泉(低張性中性高温泉)です。
但し、硫黄泉もあるらしく、その混合泉となってるみたい。
この温度なので加水はされておりますけど、かけ流しで提供されています。
成分総計は0.983g/㎏ですから、突出した成分はないものの、
バランスよく配分されていますね。
ただ、それが浴感にまでは伝わっていないのは、加水量が結構多いのか。

しかし、かけ湯は源泉100%って書いてました。
登山帰りのひとっ風呂に最適な日帰り入浴施設 ひがくの湯(岐阜奥飛騨新穂高温泉)

自然冷却させてるんかな?
ただ、かけ湯ではその泉質自体はよくわからん。

あがってからの休憩処。
登山帰りのひとっ風呂に最適な日帰り入浴施設 ひがくの湯(岐阜奥飛騨新穂高温泉)

全体的にこじんまりとはしておりますね。

どうなんでしょ?
これで入浴料が500円以内ならば、
他に日帰り入浴やってる宿と比べてもメリットあるけど、
なんせ通常は700円ですからね。
その料金出すと、この近辺、ダイナミックな露天風呂など、
個性的な日帰り入浴やってる温泉宿がゴロゴロある地域やからな。
登山しない私には、ここの施設の売りってもんを感じることができなかった。

住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷中尾442-7
電話:0578-89-2855
営業時間:9:00~19:00(5月及び7月~10月時間延長有)
定休日:4月下旬~11月末のみの営業
入浴料:大人700円 小人500円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約


奥飛騨温泉はしごの3軒目。
この地域は温泉が密集してますんで、温泉めぐりが忙しい(^^;)
そして、今回の旅での私の温泉必殺本2冊。
一つは月刊誌の「温泉博士」と、もう一つはこれですね。


「まっとうな温泉」です。
さすがにこの温泉密集地ですから、掲載されている施設も多いんですよ。
なかなか来れない地区でもあるんで、この機会にできるだけ巡ります。
この温泉本を利用して、「ペンション山の湯」に立ち寄りました。

こじんまり狭いお風呂ですが新穂高では極上泉質!ペンション山の湯(岐阜奥飛騨新穂高温泉)

その名のとおりですね、個人経営のこじんまりとしたペンション。
一見、普通の民家のようにも思えます。
客室はわずか3室なんだとか。

しかしですね~、そのアットホームさがいい。
こじんまり狭いお風呂ですが新穂高では極上泉質!ペンション山の湯(岐阜奥飛騨新穂高温泉)

応対いただいたのは奥様でしたけど、
無料入浴の私でも色々と気遣いをいただき、非常に愛想のええ応対です。
ここの宿に泊まれば、絶対満足できる宿泊になるやろなってのはよく分かります。

お風呂は、ペンションの外、玄関前にあります。
こじんまり狭いお風呂ですが新穂高では極上泉質!ペンション山の湯(岐阜奥飛騨新穂高温泉)

周りは木々が茂っており、露天風呂になってます。
本来、日帰り入浴料300円のところ、無料でありがたく利用させていただきます。

お湯の見た目は、この近辺、新穂高の泉質と同じような感じ。
こじんまり狭いお風呂ですが新穂高では極上泉質!ペンション山の湯(岐阜奥飛騨新穂高温泉)

無色透明で、ほんの少し硫化水素系の匂いがする程度。
泉質表はなかったんで、成分についてはよく分かりません。

浸かると、めっちゃ熱い!!!
こじんまり狭いお風呂ですが新穂高では極上泉質!ペンション山の湯(岐阜奥飛騨新穂高温泉)

脱衣場に温度計があったんですけど、その表示は43度超えてました。
新穂高はどこも泉温、熱いもんね。
大概の施設は加水してますけど、ここのペンションは違います。
上写真のとおり、投入量を気温によって加減しており、
完全源泉かけ流しで、泉質を保っているんです。
なので、先に浸かった2軒を遥かに上回る温泉感を感じました。
この小さな浴槽ゆえの利点ですね(^^)

この5月の新緑、マイナスイオンも心地ええ。
こじんまり狭いお風呂ですが新穂高では極上泉質!ペンション山の湯(岐阜奥飛騨新穂高温泉)

湯温が熱いんで長湯はできないんですけど、
あがったり浸かったりを、繰り返して楽しみました♪

他の新穂高温泉の宿って、この山奥の地にある利を活かして、
巨大で、眺めのええ露天風呂を売りにしているところが多いが、
どうも泉質に濃さを感じないんよね。
こちらのペンションは、逆にアットホームさと、
こじんまりとした浴槽にすることで、源泉のフレッシュさが利点となっております。
さあ、果たして、あなたならどちらを選ぶでしょうか?

住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷中尾202-1
電話:0578-89-0022
日帰り営業時間:10:00~15:00
定休日:無休
日帰り入浴料:大人300円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約


奥飛騨温泉はしごの2軒目。
こちらの旅館は、温泉博士にも掲載されており、
また以下の温泉本にも掲載されていました。


温泉博士の方は月刊誌で、まっとうな温泉は期限がないですからね。
温泉博士の方で、無料入浴させていただきましょう。
槍見の湯「槍見舘」で日帰り入浴です。

川の流れを見ながら極上露天風呂♪の高級旅館 槍見の湯 槍見舘(岐阜奥飛騨新穂高温泉)

非常に立派な高級旅館です。
月曜朝にも関わらず、チェックアウトのお客さんが多く、
次の宿泊予約を聞いたりしていて、ごった返してました。
私のような無料入浴客は後回しですが、それは仕方ない。
通常の日帰り入浴は500円です。

宿泊すると、ご覧のお風呂がすべて利用できます。
川の流れを見ながら極上露天風呂♪の高級旅館 槍見の湯 槍見舘(岐阜奥飛騨新穂高温泉)

日帰り入浴客は、露天の混浴風呂2つ。
槍見の湯とまんてんの湯なんですけど、まんてんの湯は清掃中でした。

そう、こっちには入れません。
川の流れを見ながら極上露天風呂♪の高級旅館 槍見の湯 槍見舘(岐阜奥飛騨新穂高温泉)

その名の通り、夜の星空が綺麗みたいですね。
この近辺はホント空気が澄んでいて、星の瞬きがすごかったのは、
以前の車中泊でも見た経験があります。
そして、こちらの宿も、日本秘湯を守る会の宿なんやなあ。

外の混浴風呂は、一旦、宿の外に出て、階段を下りて行きます。
川の流れを見ながら極上露天風呂♪の高級旅館 槍見の湯 槍見舘(岐阜奥飛騨新穂高温泉)

本日利用できる混浴露天風呂、槍見の湯へ向かいます。

そのお風呂はご覧の様子。
川の流れを見ながら極上露天風呂♪の高級旅館 槍見の湯 槍見舘(岐阜奥飛騨新穂高温泉)

蒲田川という川沿いにあり、その流れが非常にダイナミックです。
混浴ですが、脱衣場は別々に分かれていて、女性はタオル巻も可みたいですね。
浸かってみた感じでは、無色透明でさっぱりしております。
温泉感はあまりないな・・・

泉質表で、では分析してみます。
川の流れを見ながら極上露天風呂♪の高級旅館 槍見の湯 槍見舘(岐阜奥飛騨新穂高温泉)

しかし、泉質表を見つけることができませんでした、利用証のみ。
源泉温度53度しかこの表示では分かりませんが、
加水、加温なしの純粋な源泉100%かけ流しらしい。
その投入量もドバドバなんですけど、どうやって冷ましてるんやろ?

ま、とにかく、景観は素晴らしい。
川の流れを見ながら極上露天風呂♪の高級旅館 槍見の湯 槍見舘(岐阜奥飛騨新穂高温泉)

遠くに槍ヶ岳も拝むことが出来て、晴れていれば最高ですよ。

新穂高の泉質って、こんな感じやったっけ?
ちょっと自身には物足りないかな。
まあ、ここのお風呂は泊まってこそ、楽しいんでしょう。
2人部屋で、1人1万8千円~という宿泊料のお宿ですから、
大概、その半額のお値段で泊まってる私には無縁だな(^^;)

住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂587
電話:0578-89-2808
日帰り営業時間:10:00~14:00
定休日:無休
日帰り入浴料:大人500円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★